梅干しづくり

豊作の梅の実で梅干しをつくることにしました。初めてなので要領がよくわからない。
数日置いて熟させたものを使う、とあるので、しばらく放置していたらうっすら黄色くなりました。
02IMG_2066.jpg

昨日の新聞に、ポリ袋使って作る梅干しの作り方があったので、さっそくやってみました。
02IMG_2068.jpg

別途、ほうろうびきの入れ物も使ってみました。
02IMG_2069.jpg

梅と同量の重しを載せます。
02IMG_2071.jpg 02IMG_2074.jpg

うーん・・こんなんでよいのかなあ。
家の漬物石があまりに重くて腰をいためました><
by itsumohappy  at 22:53 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

PRINCE~創造にみちた天才の軌跡 

先日録画したNHKBSのプリンス追悼番組を見ました。

豪邸で孤独死?なのかよくわかりませんが、あっけなく亡くなってしまいました。死というのは常にすぐ隣にいるものなのですね。ディヴィド・ボウイに続き、プリンスも死んじゃうなんて。

プリンスについては…当時、When Doves Cryのビデオを見たとき、これ以上のきもちわるさがあるか???と思った。その印象のままずっと今まできていました。途中で名前が記号になったことは聞いていたけれども、最近どうしているかなど全く知らなかった。といいますか、私の洋楽の知識は80年代半ばまでがせいぜい。それもその頃までにはやったミュージシャンか曲のどれかは知っている、という程度です。

プリンス、全然好きじゃないし、関心もなかったですが、Purple Rainのシングルカット(死語?)は全部知っている。それだけよく流れていたのでしょう。
作詞・作曲・演奏・プロデュースetc. 何でも出来た人だったのですね。When Doves Cryを画面を見ずに聞くと、今でも新しい。

1996年のインタヴューで、プリンスはこう語ったとニュースにありました。
I’m no different to anyone. Yes, I have fame and wealth and talent, but I certainly don’t consider myself any better than anyone who has no fame, wealth or talent. People fascinate me. They’re amazing! Life fascinates me! And I’m no more fascinated by my own life than by anyone else’s.
意外に謙虚な人だったのかも。
by itsumohappy  at 23:30 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

また療養

せっかくの連休ですが、体調崩してほとんど寝て終わってしまいそうです><
もう2週間くらいになるかなあ。まだリンパ腺が腫れている気がします。
お山もキャンセル>< このみずみずしい季節に、全然外を歩く気が起きません。
果たして活力が戻ってくるのかな。
それでも、新聞読んだり軽いお掃除する程度には復活しました。
寝てばかりいるので、腰が痛いです。
by itsumohappy  at 22:13 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『イチョウ 奇跡の2億年史 生き残った最古の樹木の物語』

ピーター・クレイン著(2014年)。著者は、キュー植物園の園長も務めたイェール大学林学・環境科学部学部長です。

イチョウは、2億年の間基本的に変わらないまま存在する「驚異の植物」。種子植物のうち、花粉管の中で精子を形成する古い生殖様式を持つのはイチョウとソテツだけです。1896年、日本人の生物学者たちが動く精子の様子を初めて観察しました。当時の植物界を震撼させる出来事だったそうです。

今でこそイチョウは街のあちこちにあり、珍しくもないですが、人の歴史の中で保護され生きのびてきた木です。
かつては、北半球の全域に生育していましたが、気候変動による寒冷化で北米大陸から姿を消しました。南半球でもイチョウ様植物の最後の形跡は、化石の分析で4000万年前とみられます。ところが、中国南部の山地にわずかに生き残っていました。

イチョウはその特徴(薬効、長寿、葉の形)により、人々から崇められる存在となり、約1000年前より自生地から寺院の庭などへ移植されました。800年前には韓国、日本へ広がりました。
イチョウが日本の文献に登場するのは、1446年。万葉集や源氏物語、枕草子にはありません。
17世紀末、ケンペル(東インド会社の医官でもあった博物学者)により学問的に記載され、生きている化石としてヨーロッパへ紹介されました。キュー植物園には18世紀頃の古木があるそうです。
19世紀の後半には、人目をひく珍しい木、東洋の象徴の木として欧米のあちこちに植えられました。

著者が指摘するように、乳をつけた古木にはカリスマ性があります。大気汚染や病気にも強く、大木にもなるのに、今や自生地がほぼないとされるのは不思議な感じがします。
現在、イチョウは栽培品種220を超えるそうです。

02GINKO.jpg
イチョウ Ginkgo biloba L.
『日本植物誌』 Flora Japonica(1835年-1870年にかけて刊行)より
by itsumohappy  at 23:43 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新名所

お昼に数寄屋橋まで遠征。ずっと部屋の中で座っているとうつうつしてきますので・・。

東芝ビルのあったところに東急プラザができました。31日オープンですが、今日は内覧があったみたいで、付近はにぎわっていました。簡素モダン?な建物です。上階まで吹き抜けになっているもようで、これは夜などいいかもしれない。
東芝ビルに入っていた好日山荘は戻ってこなかった。ちょっと先にある風月堂の地下に入ってしまったしねえ。
02IMG_0764.jpg

数寄屋橋公園がきれいに変身していました。以前は、きたないおじちゃんがゆらゆら歩いていて、通りたくない場所でしたが。
植えられた桜はまだまだか細いですが、だいぶ開いていました。
02IMG_0765.jpg

今日の陽気で少し開花が進んだようです。
家の周りは4-5分咲といったところでしょうか。
02IMG_0770.jpg

近所の学校前。入学式に満開の桜になりそうです。
02IMG_0767.jpg

桜は一気に開くパターンが多いけれども、今年はちょっと時間かかっている気がします。
by itsumohappy  at 23:53 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

3.11

5年前も金曜日でした。翌日の奥多摩ハイキングを楽しみにしていました。

地震は、そういうものだとは思いますが、突然やってきました。ただ、いきなりどーん!とではなく、ゆらゆらゆらー・がたがたっ・ゆら~みたいにダラダラと続きました。これは異常事態であるとすぐ感じました。この日から1週間は戦後最大の危機でしょう。

夜中、何時間もかけて歩いて帰宅した人が大勢いました。都内で、夜、大きな余震がなくて幸いでした。断続的にはあったけれども、致命的に大きいものはなかった。それでも、夜中に動くのは極力避けるべきですね。

地震そのものは仕方ないですが、原発の問題を見て、まさにこの世の破滅、しかも人がもたらした破滅を実感させられました。ヘリから放水する自衛隊の中継を同僚たちと黙って観ながら、これまで経験のない、何とも言いようのない感覚を覚えました。破滅なのに、こんな焼け石にしずくみたいなことでどうするんだ?と。
この自衛隊員や福島の避難住民が無用の被ばくをしたことを忘れてはならない。放射能の拡散予測データを米軍には提供したのに。まともな避難指示がなく、住民は見捨てられました。

何より恐ろしいのは、破滅が単なる終わりではなく、いまだ進行中であることですね。核燃料は熱を出し続けている。総理は、オリンピック誘致の時、福島はコントロールされているみたいに言いましたが、よく言ったもんです。

震災の第2報です。
02IMG_0434.jpg

02IMG_0433.jpg

03IMG_0435.jpg


by itsumohappy  at 23:53 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新生活への希望

“Hope for a New Life” 
Warren Richardson氏撮影

(2015年8月28日) ハンガリー・セルビア国境にて
hopeforanewlife.jpg

世界報道写真(World Press Photo) のコンテストで、オーストラリア人写真家が撮ったこの写真が2015年の最優秀作となりました。

2015年8月末にハンガリー政府は、セルビアとの国境沿いに高さ4メートルのワイヤーフェンスを設置しました。フェンスが完成しないうちに、ハンガリーへ入ろうとする難民を夜撮ったものです。

フェンスで傷つかないよう、そっと差し入れられた寝入っている赤ちゃんを受けとめようとしているのはお母さんでしょうか。身ひとつで地中海を渡った彼らは、ギリシャやトルコから歩いてきたのでしょうか。ドイツまで無事たどりつけたのでしょうか。
ほんとうに、21世紀の出来事とは思えないです(TT)

撮影データが出ていました。キヤノンのカメラです。
Canon EOS 5D Mark II  24.0 mm
シャッタースピード 1/5
F値 1.4
ISO 6400
by itsumohappy  at 23:48 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

金柑

金柑をもらいました。どうやって食べるかよくわからなくて、とりあえず生で食べてみたけれども、みかんと違って食べるところがない・・。スーパーでもけっこう売っているし、食べる人は食べるのか?
02IMG_0115.jpg

どうも煮て食べるもののようですね。作り方を見ながらやってみた。
種をとるために切れ目を入れるのですが、その入れ方もいい加減にやってはいけないことが煮るとわかる(--; なかなか種が取れないので、ぐりぐりいじっているうちに裂けてしまうのです。指で押すようにするのがこつかもしれない。
02IMG_0134.jpg

30分くらい煮たかな。裂けめは適当に押し込んだ。少し苦みが残りましたが、まあまあおいしかったです。
02IMG_0157.jpg

今日は昼過ぎまでけっこうな雨風雷でした。
嵐が去ったらすぐ梅にメジロがやってきた。全然じっとしていないので、なかなか写らない。もうちょっと大きなサイズで撮りたいなぁ。家の2階から撮っていても警戒心が強く、カメラにもすぐ気が付くみたい。
02IMG_0158.jpg

今日のおやつ。もっとおいしそうに撮りたいなぁ。
02IMG_0184.jpg
by itsumohappy  at 21:47 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

G9X

新しいデジカメを買いました。
前のIXYは2009年に買い、メタリックで薄いのが気に入っていたのですが、レンズ内にごみが入って‥>< 修理に1万かかるというし、ズームにしなければごみの影は写らないのでしばらく使っておりました。しかし、何だか最近焦点も怪しくなったような気がして買いかえることに。新しいIXYをと思いきや、ちゃかちゃかした軽い材質になっていて、気に入らない。1-2万円前後のカメラはいろんなメーカーからたくさん出ているのですが、なかなかこれ!というものが見つかりませんでした。

どうせ買うなら性能もアップしていないとなー。でも機械おんちの私には高いのは使いこなせないし‥。
ソニーのカメラにするかちょっと悩みましたが、どうしてもソニーというのがしっくりこない(大昔、買ったばかりのウォークマンがすぐ壊れて、修理してもまた壊れたことが未だに頭にある)。結局これにしましたー。真っ黒でおじさんカメラぽい。シャンパンゴールドがあるといいのだけど。
02IMG_0003.jpg

WiFi機能付き。WiFiも使ったことないし、だいたいスマホも持っていないのに(^^;
最近、4万円台のTVやら洗濯機やら立て続けに買っていたので、気が大きくなっていたのですねー。

はずかしながら使ったことないタッチパネルのカメラ。タッチでシャッターもきれる。とりあえず、撮りながら慣れるしかないですね。
ここ2,3日撮った写真です。

白梅
02IMG_0021.jpg

大手町方面。夜景モード・ガラス越しに撮りました。連写してそれを自動生成?してくれます。
2IMG_0030.jpg

クリスマスローズ
02IMG_0130.jpg

咲き始めた紅梅です。
02IMG_0135.jpg

ひなたぼっこの鳩ぽっぽ
02IMG_0141.jpg

パンジー
02IMG_0103.jpg

先代と先先代。その前のもあったので、デジカメはこのたび4台目です。
02IMG_0150.jpg

いい加減、少しは勉強して、きれいな写真を撮りたいなーと今のところは思っています。

by itsumohappy  at 23:01 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

トーテム

土曜日、シルク・ドゥ・ソレイユの公演に行ってきました。
to.jpg

母親が一度観てみたいというので・・。私も初めて行きました。
お台場の特設小屋でやっています。お台場辺りを歩くのも初めてでした(^^;
to2.jpg

入場料がけっこう高いせいか、観客はほとんどが大人。
熊や馬は出てこないので、サーカスと言うのもしっくりこないなあ。演奏付きで、凝ったセットや映像技術が今風です。

旗は、出演者の出身国を表しているのかな。
to3.jpg

人気があるのもわかります。動きがきれいで、衣装もなかなかしゃれていました。
もう少し気軽に行ける価格だといいのですがー。
by itsumohappy  at 21:11 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

雪の朝

予報で雪が降ると言っていましたが、ちらほらくらいかとたかをくくっていたところ、朝、雨戸を開けてびっくり。
大慌てで30分早く出たのですが。30分バスが来ない>< いつもと変わらないではないか(怒

1時間近くかかってやっと最寄りの駅に出ると、なぜかいつもより人が少ない。どうも、駅に行きつかない人が多かったようです。
電車は普通に動いてくれたので、遅刻しないですみましたが、路線によってはだいぶ悲惨でした。
大した雪でもないのにどうしてこんなに混乱するのかなぞです。。

庭に積もって植木鉢が寒そう。ユリの芽が心配です。
02IMG_3741.jpg
by itsumohappy  at 22:53 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

初詣

松の内に、と思ってお昼休みに遠征しました。溜池山王にある日枝神社です。千代田区はここが氏神様になるのかな。例年、勤め人がたくさんお参りにきます。今年は少し遅めに出かけてみました。
さすがに減っていましたけど、それでも普段の何十倍もいます。
02IMG_3672.jpg

03IMG_3673.jpg

鈴を撤去していました。去年はどうだったかなぁ。確かにこのほうが人が流れますね。
01IMG_3667.jpg

お神酒もオープンスペースに出てきていました。だいぶ混雑対策を考えた感じ。人がいないとちょっと間が抜けちゃいますが。
奥のテーブルにお賽銭箱が置いてあります。
05IMG_3669.jpg

04IMG_3670.jpg

お申の絵馬に「工事安全」。簡潔でいいですね。
06IMG_3671.jpg
by itsumohappy  at 22:38 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

箱根駅伝

箱根駅伝復路を見学しました。昔、箱根に泊まったときにたまたま見て以来。
うちから歩いて30分位のところを通りますが、今まで見に行ったことがなかったですー。

9区、鶴見中継所手前の生麦付近。国道15号線です。
選手さんは、まだ保土ヶ谷あたりを走っているので、人は集まっていません。バス停のベンチに座って待機。
01IMG_3639.jpg

ヘリの音がしてくるとそろそろです。
昼過ぎ、1番走者がやってきた~
02IMG_3649.jpg

10数分経ってぽつぽつと後続がやってきました。
03IMG_3653.jpg

あっというまに去ってしまうので、写真撮るタイミングが難しい。。
選手の後ろにはこのように各大学の監督車?が着いていて、「区間賞いけるぞ~」「その調子その調子~」とかはっぱをかけまくっています。
04IMG_3654.jpg

早めに撮ろうと思うと早すぎちゃうし><
05IMG_3656.jpg

一番最後の選手にきて、やっとまともに写りました。
06IMG_3663.jpg

8時に箱根出発して、13時半頃大手町に着いたようです。
沿道の方々、盛んに応援していました。
07IMG_3666.jpg

今日は日中、15度超えたみたい。近年にない暖かいお正月です。
スズラン水仙も一気に出てきました。
08IMG_3664.jpg
by itsumohappy  at 20:05 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

元日の朝

こちらはずっと晴れ続き。暖かな元旦でした。
寒さがちょっと足りないので、若干ぼんやりですが、富士山も丹沢山地も全部見えました。
02IMG_3627.jpg

新横浜のプリンスぺぺの右にうっすらと南アルプス。たぶん間ノ岳。
02IMG_3629.jpg

はやロウバイが見頃になってきていました。
02IMG_3633.jpg

葉っぱがこんなに残ったままなのはめずらしい。
02IMG_3630.jpg

白木蓮のつぼみがふくらんでいます。春は早く来そうです。
02IMG_3634.jpg
by itsumohappy  at 23:36 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

冬至

12月で一番うれしい日です。
先日の稽古で、柚子をもらってきました。

1222IMG_3585.jpg

昔、お風呂で壁にぼんぼんぶつけて遊びました。

今冬は今のところ比較的暖かい気がします。
ずっと続いてほしい。スキー場はちょっと気の毒ですが。
by itsumohappy  at 23:25 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

萬燈の夕べ

17・18日に、曹洞宗の大本山で「萬燈の夕べ」なるイベントがありました。
地域の魅力を発信する事業の一環とか。

ここは敷地が広いので、よほど飾り付けないと目立ちません。
そうは言っても、禅寺なので華美な感じにはせず、おまつりに出る屋台のようなものは出していませんでした。
01IMG_3004.jpg

山門の仁王さんが赤や紫に照らされていました。
02IMG_2997.jpg

座禅堂へ向かう長い廊下には、千羽鶴をイメージしたような工作が天井からつられていました。
05IMG_3012.jpg

本堂の前は竹細工のライトアップ。
03IMG_3013.jpg

格子窓にプロジェクトマッピング
05IMG_3029.jpg

照らされた本堂内では津軽三味線の演奏会。なかなかよい音響でした。
06IMG_3022.jpg

大広間。「諦」の左に立つお坊さんが小さく見えます。
07IMG_3038.jpg

竹ライトは、多摩美の作品かな。同じ曹洞宗の建功寺のライトアップと同じです。
04IMG_3029.jpg

08IMG_3039.jpg

09IMG_3042.jpg

花火もやってくれるといいのですが、街中ではちょっと難しいかな。

by itsumohappy  at 22:53 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

中秋

昼間は、昨日と同様、雨模様のぱっとしない天気でした。

数日前から金木犀の香りがあちこちにただよっています。
家の前の学校にある金木犀。かなりの大木になります。
0927IMG_2870.jpg

0927IMG_2871.jpg

夕刻、雲が流れて空が見えてきました。
0927IMG_2872.jpg

名月が建物の端から上がってきました。明日はスーパームーンらしいです。
0927IMG_2880.jpg
by itsumohappy  at 22:14 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

療養と復活

お盆過ぎから体調を崩していましたが、やっとほぼ復活です。ほぼ、というのは、昨今の冷えで、お腹がちょっとあやしくなってしまったので‥。

風邪をきっかけにアレルギー性気管支炎を起こしたらしく、咳がなかなかおさまりませんでした。寝込んでいる間、本がたくさん読めるかな~?と一瞬思いましたが、新聞読むのがやっとでした。気道は腫れるし、横になるのも苦しく、なかなか治らなくて悲惨でした>< 苦しいと寝ころぶこともできないと初めて知ったよ。前かがみで半身起こして、短い呼吸を繰り返す。元気な時は何でもないことが、ちょっと病気になるだけで、全然できない。

ふしぎなのは、3週間くらい何種類も薬飲んでいたのにも関わらず、食欲だけは衰えない(^^:; 
予定していたお山をキャンセルしたのが悲しくて。でも、8月後半から今までずーっと天気がわるいので、もし出かけていても楽しめなかったと思います。
by itsumohappy  at 15:27 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

御文庫附属庫

8月1日に宮内庁が公開した「御文庫附属庫関係の資料」
新聞に御文庫附属庫の写真の一部が載りました。ポツダム宣言受諾を決定した御前会議の部屋は朽ち果て、すさまじい雰囲気です。宮内庁のサイトには写真のほか、ビデオがあり、様子がよくわかります。宮城に今でもこんな廃墟が残されたままなんですね。

大東亜戦争終結に関する詔書と食糧問題に関するお言葉を聞きました。前者は、終戦の玉音放送です。テキストを見ながらでも何を言っているのかよくわからない(--) 昔の皇室は難しい言葉を使いますね。皇祖皇宗ねぇ。昭和天皇、44歳でした。

当時、ラジオを聞いたうちの母は、雑音がひどくてよく聞こえなかったと。放送前に近所の人たちが母の家に集まったそうです。前日受諾なのに放送日時をどうやって田舎町まで知らせたんでしょうね。
母曰く周りの大人は泣いていた。戦争は終わったのだということはわかったそうです。
by itsumohappy  at 22:34 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

紅鉢

知り合いが作った紅鉢をいただきました。自分では使わないからって‥ 瓶掛けを持っていなかったのでありがたいです。
2IMG_2057.jpg

お客さん側に松山?の模様が描いてあります。
2IMG_2056.jpg

さっそく電熱器入れて茶箱をやってみた。…敷板使うのかわからなくなってしまった(--; あと、結界とか。置かないとやはり変なので何とか気が付きます。。茶箱でもそれなりに道具を出さないとできないです。
2IMG_2046.jpg

菓子は水まんじゅう
2IMG_2050.jpg

本を見ながら卯の花。ほとんど忘れてしまって>< 定期的にやらないと身につかないですねぇ 茶箱の点前も他に3、4つやりましたが、どれも卯の花以上に忘れています。
2IMG_2053.jpg
by itsumohappy  at 23:02 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

東大と東御苑

宇都宮から来た親戚が、三四郎池と皇居に行きたいと言うので、6日、出かけました。
たまたま涼しい日で歩くのに快適でした。

南北線東大前駅で下りました。
0606to.jpg

私の希望で、新しくできた上野博士&ハチ公像のある農学部から散歩開始です。
0606to2.jpg

後ろ側からのほうが表情が見えてよいです。
0606to3.jpg

そばの資料室にハチの肝臓、心臓、肺の標本が(--; ハチは、フィラリアにおかされていました。
0606to4.jpg

正門方向へ進みました。農学部からけっこう距離あります。
構内は、いろんな像や大きな木がたくさん。
0606to5.jpg

0606to7.jpg

正門付近から安田講堂
0606to6.jpg

安田講堂の傷んだ入り口は昔日の面影を残したものでしょうか。
0606to8.jpg

三四郎池に到着
0606to9.jpg

緑緑していました。お花がちょっとあるとだいぶ雰囲気違うのでしょうが‥。なかなか手入れが行き届かない感じでした。
0606to10.jpg

三四郎池は、大昔に一度来ているのですが、だいぶ印象が違いました。木が大きくなりすぎて開放感がなくなっているせいかもしれません。構内の博物館を見たかったのですが、時間切れ。
赤門から出て、本郷三丁目へ。
0606to11.jpg

交差点にかねやすビルがあります。
0606to12.jpg

大手町から東御苑へ。広大なところなので、二の丸の菖蒲田付近だけ見学しました。
あまりぎっしり植えていないので、株の姿がよいです。
0606hi.jpg

今年は1週間ばかり見頃が早まったとか。
0606hi2.jpg

0606hi4.jpg

ヒメコウホネ
0606hi3.jpg

0606hi5.jpg

やはり二重橋も久しぶりに見たいと言うので、皇居前広場を抜けて向かいました。広すぎる‥。
二重橋の手前は自撮り棒で写真をとりまくる外国人観光客(主にアジア系)であふれていました。
0606hi6.jpg

by itsumohappy  at 23:34 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

銀貨

財務省から証券会社経由で記念の銀貨が送られてきました。
濃紺のきれいな箱に入っていました。
01IMG_1869.jpg

申し込むとき、デザインを選べたような気がしますが、もう忘れちゃったなぁ。
02IMG_1873.jpg

大漁旗ですね
03IMG_1874.jpg

やはりこの木がシンボルでしょう。
枯死してしまったけど、確か、採取された種がいくつか発芽したとニュースで聞いたような。ある程度大きくなるまで、どこかで大切に育てられていると思います。
04IMG_1876.jpg
by itsumohappy  at 18:11 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

昆布売ほか

野村萬斎が主宰する「ござる乃座」公演を観ました(3月25日)。万作も出演しました。
平日でも満席です。狂言って地味なイメージですが、万作・萬斎でずいぶんお客さん呼べるようです。

nou03.jpg

この日の出し物は「昆布売」「宗論」「黄鐘早舞」「祐善」。
あらすじを読んでいないとわかりにくいかな‥。それでも聞き取れないところがそこそこあります。

「昆布売」は萬斎の長男も出演。…まだまだこれからですね(^^; 
「宗論」は浄土僧と法華僧のお話。狂言らしい楽しい作品です。萬斎には独特のオーラがあって、人気があるのもわかります。
「祐善」は、、聞き取れなくてよくわかりませんでした。

お囃子は地味です(^^;; 歌舞伎だと大勢でにぎやかですけれども、狂言は、3~5名ほどで、「よーぉっ」‥ぽん。「いょぉーっ」・・・ぽん。の繰り返し。こういう仕事をしている若者もいるんだなあ。
退場シーンも地味。セリフが終わりますと、すい。すい。と静かに去っていきます。

初めて行った国立能楽堂。なかなか立派です。
nou01.jpg

nou02.jpg
by itsumohappy  at 23:22 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

武蔵

今日午前、P・アレン氏のチームが、シブヤン海の水深1000mの海底に沈む戦艦武蔵の様子を中継しました。
くっきりした画面はスムーズでさすが現代のテクノロジー。南の海でもこの深さですと暗く静かです。魚類も数えるほどしか映りません。6.5万トンの船といってもどれだけ大きいかぴんときませんね‥。映った船体は、それほど藻などに覆われているわけでもなく、むき出しの鉄の固まり。ずたぼろで痛ましく、生々しい。詳しい人ならどの部分が何かわかると思います。
musashi2.jpg

アレン氏曰く
“The Musashi is truly an engineering marvel and, as an engineer at heart, I have a deep appreciation for the technology and effort that went into its construction.”

優れた技術だったからこそ、とてつもなく悲劇的です。沈没は1944年10月24日。1023名がともに眠っているそうです。
by itsumohappy  at 18:02 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

広がる不平等と日本のあした

引き続きピケティ氏です。
150129pi.jpg
昨日来日し、講演とパネルディスカッションが有楽町で開かれましたので行ってきました。
新聞社の読者招待です。大メディアの情報伝播力はさすがで、報道席ともに満席でした。

ピケティ氏は英語で発言。少しの時間も無駄にできないとばかり話しまくっていました。講演は、『21世紀の資本』のポイントを紹介する感じで、教育・労働政策の重要性と資産への累進税強化の必要性をあらためて訴えていました。

後半は、学者、政治家をまじえたディスカッション。成長と分配に関し、玉木OECD事務次長から、不平等が成長の足かせになるとして、OECDは“Inclusive Growth”(包摂的成長。よくわからない日本語‥)への取組を重視しているとの話がありました。
150129pi2.jpg

アベノミクス担当の西村内閣府副大臣が出席。ピケティ氏は、金融緩和は資産バブルになるだけとの意見です。賃金増大に向けた望ましい策とは言えないということでしょう。
また、グローバリズムについて、それが格差を助長する面があっても、反グローバル化はナショナリズムであり、(経済成長の)機会を逸すると指摘しました。

自分と関係ない、見知らぬ人々への分配はなかなか考えにくいという意見に対し、ピケティ氏は、一般の人々が、経済的な知識、分配についての意識を高め、そして連帯・団結心を持ってもらうために『21世紀の資本』を書いたとコメントしました。

客席に連合の古賀会長がおられました。司会者から意見を求められて会長は、GPIFの運用向上に言及した副大臣に、労使の積み上げの成果を軽々しく扱うなとかみついていました(^^;

by itsumohappy  at 22:50 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

江の島散歩

17日に江の島行きました。お参りは何度もありますが、平成のはじめに整備されてからは散策したことがなく・・。
午前中は快晴でしたけれども昼過ぎからは予報どおり曇天><
150117en.jpg

丹沢の左肩に見える富士山も雲の中
150117eno2.jpg

そこそこにぎわっていました。
150117eno3.jpg

岩屋まで階段を上り下り
150117eno4.jpg

海は荒れ気味。富士山のおなかがうっすら見えてきた。
150117eno5.jpg

岩屋付近は地震が来るといちころです。そそくさと出て、上に戻りました。
明治期の貿易商人の植物園のあと地にあるサムエル・コッキング苑。チューリップが見頃でした。
150117eno6.jpg

150117eno12.jpg

スダジイの大木のもとに温室の遺構があります。ボイラーで暖気を送っていました。レンガ造りの珍しいものです。関東大震災で壊れてしまった><
150117eno7.jpg

展望台に上り、日没頃になると期待通り空がすっきりしてきました。熱海の十国峠付近に日が落ちます。
左から伊豆半島、箱根の山々。富士山左わきの小さい三角が金時山です。
150117eno8.jpg

5時からイルミネーション点灯です。
150117eno9.jpg

150117eno13.jpg

150117eno14.jpg

150117eno11.jpg
3、4色くらいの青、紫を基調とした湘南らしいライトアップでした。
by itsumohappy  at 17:25 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

連日晴天

毎日青空おひさま燦々です。腰が痛くなければどこぞに遠出したいものです。
近場をちょこちょこ歩きました。

お正月過ぎたころ、どこでも消防の行事がありますねー 
140112sho.jpg

シジュウカラとアカハラ?
140112shi.jpg 140112aka.jpg

今日も富士山ばっちり
140112mt2.jpg

左の白い箱型ビルがじゃまです。ビルをはさんで南アルプス・間ノ岳と北岳の稜線。ゴルフ場の後ろは雁が原擦山、右端は大菩薩嶺です。
140112mt.jpg

食べられないのかなぁ
140112mi.jpg

8分咲きくらいになってきました。
140112ro.jpg

全体が黄色いのは素心蠟梅です。
140112ro2.jpg
by itsumohappy  at 23:14 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

七草

七草かゆとお正月料理の残り。もうこれで終わりです。
150107ka.jpg

まだ7日しか経っていない。3日も通勤電車乗っているともうすっかり普通モードになってしまって。街のお飾りもすっかり片づけられています。

年末、腰をひねって今も何とか歩いている状態です・・>< 5~6年に一度腰をやってしまいます><>< 痛いよぉ
by itsumohappy  at 23:33 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

日本晴れ

おおむねお天気続きのこの辺でも、雲が日中わきあがらない全くの快晴は1週間に1度くらいでしょうか。
1日、2日ともうひとつすっきり晴れませんでしたが、今日はぴかぴかです。昨日、影も形もなかった富士山が近くに見えます。丹沢も全部見えます。
150104fuji.jpg

蠟梅は1分咲きくらい。
150104ro.jpg

散歩道の水路。コサギかな?
150104sag.jpg

鯉のほか、捨てられるのか金魚がときどきいます。
150104kin.jpg

ふくれた雀
15010su.jpg

お年賀のチョコレートを開けました。この時期、あれこれ食べがちになるので、注意です~。
15010cho.jpg
by itsumohappy  at 12:45 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

乙羊年

お参りでもらった神社暦を見ると、2015年はきのとひつじ年、皇紀2675年となっています。恵方は西南西です。
150101kogo.jpg

夜、近所の禅寺へお参り。冷たい風が吹き、竹に開けた窓の火がところどころ消えてしまいます。
150101ken.jpg

150101ken2.jpg

お昼頃は雪。いっとき横に吹雪いていました。この辺で1日に降るのは珍しいです。
150101tsu.jpg
by itsumohappy  at 20:41 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック