南三陸の写真

日・月に、あまり行かない三陸方面へ出かけてみました。三陸とは、陸奥、陸中、陸前ですが、今回は南のほうをちょっとだけ。どこもこちらと変わらず暑かったけど風が少しだけ涼しかった。三陸はあまり雪も降らず比較的温暖なんだそうです。

奥松島。小山の上から松島が望めます。
0905matsushima.jpg

ゆったり流れる北上川
0905kitakami.jpg

神割崎。岩の間から昇る日の出写真で有名になったところだそうです。昔、打ち上げられた鯨を二つの村が取り合いをしたので、神が怒って岩を割った・・という伝説があります。
0905kamiwari.jpg

南三陸温泉に泊まりました。志津川湾をどーんと臨みます。温泉からもこのように見えます。実際は左右にもっと広がっています。このあたりは昭和35年チリ地震による津波被害が大きかったところです。
0905umi2hotel.jpg

湾内でワカメ、ホタテ、ホヤ、カキを養殖しています。食事は、お魚がやはりおいしかった。あとアワビとかウニとか。マンボウも食べたよ。
夜、露天風呂に行ったら、湾が入り組んでいるため町のあかりが反射し、ぼんやりと海が見えました。遠くにイカ釣り漁船の光、そばに蛍の光でなかなかよかったです。
早起きしたけど、曇っていて日の出は見られず>< ウミネコやカモメがひっきりなしに部屋の前へ遊びにきました。
0905umineko.jpg

気仙沼を抜けて唐桑半島へ。巨釜と呼ばれるところです。
0905umi.jpg

このへんは大理石の海岸です。日本橋三越の大理石にも使われたそうで。今は採取禁止です。立っている岩は「折石」。やはり大理石で、明治29年の地震で上のほうがぽっきり折れてしまいました。
0905oreishi.jpg

どこも田んぼが黄金色だった。
0905ta.jpg

碁石海岸付近
0905goishi.jpg

三陸から三陸鉄道南リアス線というので、釜石まで行きました。
0905densha.jpg

釜石はアイヌ語の「クマイシ」から来ているらしい。「寂しい町」という意味。このあたりで、読めないような漢字の町は、アイヌ語起源とのこと。 
新日鉄の工場。かつて8万を数えた市の人口は今は半分に。煙突1本なくなると2万人人口が減ると言われたそうです。
0905kamaishi.jpg

宮古にある浄土ヶ浜。白い石の浜が青空に映えました。
0905joudo2.jpg


0905joudo.jpg

どこ行っても観光客が少なく町にもあまり人影がない・・。でも立派な道路はどこまでも続いていた。
早池峰山の脇を抜けて盛岡に出て帰りました。なんか移動が多かったなぁ。海にはあまり「神」を感じませんでした。
by itsumohappy  at 23:06 |  旅行・山 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

maccha12さん
ありがとうございますv-352 川の写真は、走っているバスの中から撮りました。すごいでしょーv-315(まあたまたま写ったんですね)
by hiro 2010/09/09 22:24  URL [ 編集 ]

白砂青松

作太郎さん
海辺には赤松がたくさん植えられていて、絵の題材みたいでした。波が静かで実にのんびりしていましたね(^^)
by hiro 2010/09/09 22:17  URL [ 編集 ]

No title

写真きれいにとれていますね。
北上川の写真が大好きです。
by maccha12 2010/09/09 06:51  URL [ 編集 ]

旅情

すばらしいところですね。どこも箱庭のようだ。
by 作 2010/09/08 23:55  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック