近江などの写真 その3

伊吹山のあと、古戦場・関が原へ行きました。もうじりんじりんに暑かった。
田んぼが広がるのどかな光景です。向こうの山に徳川の軍がしかれました。
0821seki.jpg

こっちの山は石田光成の軍がいました。大一大万大吉が紋です。
0821seki2.jpg
決戦の地という旗がはためいていましたが、何百年も経ってしまえば何だか想像しにくいですね。

次に郡上八幡へ。ちょうど踊りの期間中でした。7月中旬から9月上旬の間の32夜にわたって踊っています。 お盆の頃には徹夜で踊る!博覧館で踊りを2つ披露してくれました。ここの案内人からも、特別暑いこの夏に、遠くからこんな山奥へよくお越しいただきましたって言われたよ・・。
0821machi.jpg

宗祇水。15世紀、この地に滞在した飯尾宗祇が好んだという名水。宗祇は、郡上の城主で歌人でもあった東常縁より「古今伝授」を受けたそうです。
0821sougi.jpg

やなか水のこみち 
町のあちこちに水が流れ、生活用水となっています。コップが置いてあって飲めます。
0821suiro.jpg

いがわこみち   
町の人が当番で管理していて、清潔です。鯉が泳いでいました。
0821suiro2.jpg

新橋と吉田川。
ここの子供たちが、12m上の橋から下に飛び込むのが夏の風物詩らしいのですが、今年は死亡事故が起き、飛び込み禁止になっていました。事故は困りますが、何だかつまんないですよねぇ。すぐ下の水深は、7m(増水時は10m)あるそうです。
0821hashi.jpg

水遊び、鮎つりなど町の人々に親しまれている川です。
0821kawa.jpg

安養寺。とても立派なお寺です。門前に水屋がありました。
0821anyoji.jpg

「川が流れる山奥」というと涼しげなイメージなんですけど、山あいの町というのは暑いんですね。。空気の流れが止まっていて、歩いているとじんわりと蒸される感じでした。川遊びしていないとやってられないと思います。なので、踊りは夜8時からと決まっているそうです。

バス1時間ほどで名古屋です。あっというまに大都会に戻ってきました。お店をみる気力もなく、こだまに乗るまで、そばの喫茶店で涼んでいました。
しゃちぼんというシュークリームが何だか面白くておもわず撮ってしまいました。
0821shachi.jpg

あと、噂に聞いていた縦ロールの名古屋嬢たちが行きかうのを見ました。
以上、関西はあまり夏に行くのは向かないなぁ・・と感じた2日間でした(^^;

by itsumohappy  at 23:54 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

歴史が息づく町

作太郎さん
おおそうなんですか・・ありがとうございますv-278
バスガイドさんが案内しまくりでした。涼しい車内だと時々うつらうつらしちゃったんですがv-356
by hiro 2010/08/27 22:41  URL [ 編集 ]

灯台もと暗し

この近くを何度も通っているのだけれど、hiroさんの写真でいろいろなことが分かりました。
by 作 2010/08/27 07:42  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック