近江などの写真 その1

琵琶湖のほうへ出かけました。ツアー旅行です。
20日、こだまで米原へ。ひと駅につき2台追い抜かれるのね、こだまって。いつも京都まで、のぞみ2時間しか乗らないから各駅だとけっこう時間かかるなぁと感じました。

この日、曇っていたので動きやすいかも?と思いきや、下車したとたん息もつけぬような熱気に巻かれました・・。近江のバスガイドからは、暑いぃ~暑いぃ~関西へわざわざお越しいただいて・・との歓迎の言葉(^^;

米原からバス30分で彦根です。じりじりと照らされながら彦根城へ。
お堀のきわに「いろは松」が植えられています。人少ない・・。
0820iroha.jpg

天守閣。関が原の戦い後、築城されました。 
0820shiro.jpg

天守閣から見た佐和山。石田光成の居城がありましたが井伊家の所領となりました。
0820sawayama.jpg

琵琶湖。小さな島は竹生島。琵琶湖は、古代からある湖だそうです。湖の反射のためか、あたりは明るいですね。
0820chiubu.jpg

お堀。彦根城は、規模は小さいながらお城を構成する要素がいろいろ残っています。
0820hori.jpg

玄宮園。お城の側にある彦根藩の下屋敷。暴れん坊将軍とかのロケに使われている庭園です。
0820genkyu.jpg

井伊直弼。庭園には水戸市から贈られた梅が植えられていました。
明治の初め、傷心の彦根の人々は、北陸に行幸した明治天皇にお城を残すことを嘆願したそうです。
0820ii.jpg

埋木舎。14男だった直弼が、(まさかの)藩主になる前、埋もれ木のごとく暮らしていた場所。
0820umore.jpg
や~しかしはんぱじゃなく暑かったです・・。出番の日じゃなかったので、ひこにゃんに会えなくて残念>< 

近江八幡に移動。炎天下、町並みを歩き、資料館などを見学しました。
近江八幡は豊臣秀次が作ったところです。城下町は碁盤の目に区切られ、商人地区が作られました。
復元された八幡堀。琵琶湖を経由して北陸方面などとの交易が行われました。
0820hori2.jpg

hori3.jpg

近江商人は、大阪・京都より西には行かず、関東・東北・北海道に進出しました。
古い町並みが残されています。見越しの松が中庭からのぞいています。 
0820oumiie.jpg

「西川のふとん」の西川宅
0820oumiie2.jpg

建築家ヴォーリズは近江八幡でビジネスを行っていました。メンソレータムの近江兄弟社の設立にも関わった人です。
0820dozo.jpg

近江商人の守り神、日牟礼八幡宮。立派なお宮です。
0820hachiman.jpg

0820hachiman2.jpg
中世の城下町の面影を伝える町でした。

秀吉ゆかりの地、長浜に泊まりました。琵琶湖に沈む夕日がきれいでした。
0820yuhi.jpg
by itsumohappy  at 21:40 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

作太郎さん
日の出日の入りを見るのはいいですね。湖面ぎりぎりになるとどんな感じか・・と待っていたのですが、すぐ上の薄雲に隠れてしまい、これが一番いいタイミングでした。
by hiro 2010/08/24 23:01  URL [ 編集 ]

sun set

美しい夕陽。これを見ただけで、行ったかいがありましたね。
by 作 2010/08/24 08:38  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック