『ザ・ロード』

コーマック・マッカーシー作。07年度のピュリツァー賞受賞作。・・・でありますが。うーむ。ぐいぐいと読ませるので、すぐ読み終わります。動植物は死滅し、人もあまり生き残っていないような終末世界を父子が南へ南へと避難していく、という未来小説です。同じような情景の連続で、先の展開もなんとなくわかる。作者が何を描きたかったのかよくわからないなー。恐ろしい未来?父子の絆?それだとちょっと平凡だし。未来の戦争が背景となっている小説には、『渚にて』とか『蝿の王』とかあるから設定には目新しさを感じない。ただ暗くて不気味なシーンばかり印象に残ってしまい、わざわざ読むこともないと思った><
この小説は、映画化され、もう上映されているかも。気持ちよくないよ、きっと。

by itsumohappy  at 23:55 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック