『サド侯爵夫人』

三島由紀夫作の戯曲です。最近あまり上演されないような?
今、大西巨人とユゴーと吉川英治の小説を読んでいて、どれもまだ途中なのにまた別のものを読んだりする・・。まあ短いからすぐ終わります。題材の好き嫌いはともかく、読ませます、やはり。悪徳とは、貞淑とは、エゴとは。それらのせめぎあいを描くものです。善は実は偽善ではないか?結局悪には勝てないのか?さらさらと読んでしまったけどけっこう深いお話なんだろうな。

三島みたいのが私にとって「文学者」のイメージです。
久しぶりに鹿鳴館を読んでみようかな。
by itsumohappy  at 23:25 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック