『蝶々夫人』

BSで数日間流していたメトロポリタンオペラ、ためしにひとつだけ録画しておいたのをご飯のときに観ました。蝶々夫人なら話はわかるか~と思って。幕の間に出演者のインタビューや楽屋裏の模様がうつされます。フレミング(ソプラノ?)さんが進行役でした。この公演は、どうやら最近映画館で生中継で見るライブビューイングの録画だったようです。

映画監督の故アンソニー・ミンゲラが演出した舞台で、何枚もの障子が左右にすーすーと動き、椅子と座布団くらいしか使わないような簡素な空間。歌舞伎の黒衣と同じようなのも出てきました。坊やは人形で、黒衣の人形遣いが3人がかりで動かしていた。そのアイデアはよいのだけど、つるつる頭でちっともかわいくない人形だったなぁ(--) あと出演者の衣装がですね、まあ見栄えを意識してデザインするんでしょうが、それにしても、うーむ???とちょっと違和感が・・。日本人は関わっていないですね。

どうも西欧人にこの格好は似合わないねぇ。と最初そればかり気になっていたのですが、観ているうちにパトリシア・ラセットという方が演じた蝶々夫人の熱演にひきこまれました~。特に、第2幕前半は感動的でした。
メトロポリタンオペラなんて一生、なまで観ることないだろうけど、こんな大劇場では、相当前の、限られた席でないと、出演者のびみょうな表情などうかがえませんって。TVだとよくわかっていいよ!!
by itsumohappy  at 22:21 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

maccha12さん
グラバー邸で蝶々夫人!いいですねぇ(^^)
オペラって生でみたの2回くらいしかありません。劇場は横に字幕が出るから目線が動いて集中できなくなるってたしかにありますね。
maccha12さんはいろいろな趣味をお持ちなんですねv-278
by hiro 2010/03/11 22:32  URL [ 編集 ]

No title

蝶々婦人は長崎での話なので、去年グラバー邸で見てきました。
 僕が東京在勤中、同僚がオペラの年間会員?だったみたいで、よく行けないときはチケットのおこぼれを貰って行ってきました。太っ腹というかいつもただでくれるので、お礼に夕食をおごりましたね。確かにテレビの方が字幕もしっかりとでるのでわかりやすいですね。劇場でも電光掲示板で字幕みたいのが表示されますが、そればっかり見ていると劇に集中できなくなります。
 フレミングはもうお年ですよね。有名なソプラノ歌手です。
 
by maccha12 2010/03/09 23:49  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック