電気の史料館

所用で横浜・鶴見にある東電の施設、「電気の史料館」に行ってきました。平日だったせいか客は私の他にマスコミの取材が2名。川崎駅まで無料のバスがありますが往復とも私しか乗っておらず…。もっと都心にあれば人来るんでしょうけどね。
隣には東電の研究所があります。
de-building.jpg

大型の機械から小さいモータ類までいろいろな展示品がありました。印象に残ったものをご紹介。
炭素フィラメント白熱電球。いわゆるエジソンの電球です。1880-1910年代のもの。中の空気を抜くので先がとんがっています。
日本で電気の供給が始まったのは1887年だそうです。
de-denkyu.jpg

エジソンが発明したアルカリ蓄電池搭載の電気自動車(1907年製)。今の電気自動車より味のあるデザインですね。
de-car.jpg

パーソンズ式タービン発電機(1900年製)。蒸気タービンの先駆けとなった機械で、36年までイングランドで使われていました。
de-p.jpg

千葉火力発電のタービン発電機。56年にGEから輸入した当時最先端の火力発電機です。とんでもなくでかい。いくつにも分割してこの建物に入れたんでしょう。
de-chiba.jpg

これもGE製でしたが何の機械だったかなぁ。
de-big.jpg

やはりこういうものじゃないとよくわからないです。このお釜や冷蔵庫は昔うちにもあったような気がします。
de-TV.jpg

80年代、柏崎刈羽原発2,3号機の設計の際に作られたエンジニアリングモデル(東芝)。図面を何枚も見て機器の配置を調整するのは難しいので、こういう模型を作ったんですねー。今は3次元CADで設計するそうです。
de-model2.jpg d-model.jpg

各所、説明が詳しく書いてあって興味ある方には面白い施設ではないでしょうか。
私にはちょっと、いや、かなり難しかったです><
by itsumohappy  at 23:52 |  展示会 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック