旅行の写真 その1-峨眉山・楽山・成都市内

8月25日から31日まで、といっても前後の移動時間を除くと実質5日間ですが中国・成都近辺を旅行してきました。5年程前に北京を訪れた際、現地ガイドからパンダが好きなら成都がいいよって言われたもので、前々から機会を伺っていました。

成都は四川の省都。三国時代は蜀の都でした。今、人口約1,100万人の大都市です。天府の国の別称もある温暖で農作物豊かなところ。物価も安く人々はのんびりとしており、住みやすいそうです。
成都へは上海経由で向かいました。地図見るまで気づかなかったけど、重慶よりも西です!成田から上海まで飛行機で2時間半、上海から成都まで3時間。成都から2時間でラサなので、成都はチベットへの入り口でもあります。昨年5月の四川地震(M7.8)の震源地は成都から150km位離れており、成都市内では大きな建物の倒壊はなかったらしい。それでも一部観光地への道路は完全復旧していません。

行きの飛行機から。富士山
0825fuji.jpg

上海-成都便は本数が多いため、必ずといっていいほど遅れるそうです。22時成都空港着予定が0時に着きましたが我々のツアーはまだラッキーだった・・同便でも朝の5時とか最悪飛ばないとかフツーにあるって(--; ホテルに着いたのは2時近く。その晩はものすごい雷で、うつらうつらしか眠れませんでした。雷鳴なんてもんじゃない、爆撃(経験ないけど)音みたいな、聞いたことがないものだった。さすが中国、スケールが大きいです。

参加したツアーの団員はほとんど高年者。26日、観光初日にしてよれよれモードで眉山市峨眉山に向かいました。峨眉山月半輪秋の峨眉山です。眉山市は蘇東坡の故郷です。
峨眉山は中国の4大仏教聖地のひとつです。ちょっと郊外に走ればある山なのかと思いきや、成都市内からバスで2時間、さらにエコバスに乗り換えてロープウェー乗り場まで2時間かかった。道は、南アルプススーパー林道みたいな雰囲気でしたが、山が大きくてどこまでも深い。この辺の山は一年中緑だそうです。

普賢をまつっているので、象さんのモニュメントがあちこちに。
0826gabisando.jpg

前日の大雨のせいかあたりには霧がたちこめていました。
0826gabi-kiri.jpg

3年前に完成した普賢菩薩が霧の合間に見え隠れ。
0826gabi-zou.jpg

最高峰よりやや低い位置にある金頂の標高は3,077メートルです。
0826gabi-kin.jpg

ここは眼下に広がる雲海とブロッケン現象で有名らしい。
でも真っ白な世界で下は何も見えず・・。(´Д⊂(´Д⊂(´Д⊂

峨眉山ふもとにある報国寺
0826hokokuji.jpg

楽山に移動して1泊。天候が変わりやすく天気予報は全然当たらない。予報が雨なら晴れる、といったガイドの言葉通り、翌27日は晴れました。
楽山市内にある大仏見学へ。9世紀はじめにつくられた高さ70メートルほどの世界最大の大仏です。

まず船に乗って遠くから眺めるつもりが、これまた大雨の影響で船は欠航(´Д⊂
全体のお姿はよくわからず、横から眺めたのみです。
0827rakuzankao.jpg

崖を降りることもできたのですが、崩れて危ないので今は禁止。右下が手の部分です。
0827rakuzante.jpg

大仏のある場所の地形が涅槃の形に似ているらしいですが・・ 
0827rakunehan.jpg

排ガスのせいか湿度のせいかもやんとしています。榕樹、ブーゲンビリア、蘇鉄などが目に付きます。南国気分。
0827rakuzanmachi.jpg

成都に戻って市内見学。
武侯祠。劉備と諸葛亮の像がそれぞれのお堂にまつられています。大賑わい。
0827buko.jpg

0827bukoteien.jpg

恵陵。劉備の墓とされています。
0827keiryo.jpg

杜甫草堂。杜甫の住居があったところです。杜甫は安史の乱を避けて成都に一時滞在していました。
0827tohosodo.jpg

杜甫は成都時代にたくさん詩を書いたそうです。長安に戻る途中、舟の中で世を憂えながら亡くなりました。だからこの像はしょんぼりしています。
0827tohozo.jpg

少陵は杜甫のことです。
0827tohoshoryo.jpg

錦里。お店が並んでいます。なかなか雰囲気のよいところでした。
0827kinri.jpg

成都は大都市。ホテルの窓からは建設中の超高層ビルが視界の果てまでいくつも見えました。でもかなり古い集合住宅も多い。
0827hotel.jpg

ホテルの周りをちょっと歩いてみたら路地奥には、しこを踏んだら倒壊しそうな小屋が立ち並び、悪臭から逃れるためか人々が道路に出てぼーっと佇んでいました。貧富の差が激しい。
バスから街を眺めた限りでは、みなそこそこの暮らしをしているような感じですが・・。飼い犬を散歩させている人たちをはじめて中国で見ました。
(続く)

by itsumohappy  at 01:04 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

楽しいというより・・

FORZAさん
中国、これで4回目なんですけど、どの都市行っても毎回何かと考えさせられます。日本の10倍位の人口、55の少数民族、一党独裁の国ですから~

成都のホテルは中心部から若干離れていましたけれど、中の上くらいのランク。ホテルでて、ほんのちょっと歩いただけで別世界がありました。あまりすごかったのでそばに寄りませんでした。
by hiro 2009/09/05 23:31  URL [ 編集 ]

北京や上海もそうだけど・・。

成都も、路地裏に回ると貧困層の人々が住んでいませんでしたか?
と言っても、相当裏に回らないと見えないでしょうが・・。

楽しい旅行日記に水を差すようですみませんm(__)m
by FORZA 2009/09/05 11:45  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック