羽蝶蘭など

去年買った羽蝶蘭が咲きました!手のひらにのる小さな鉢で育てています。
0510ucho2.jpg

毎年球根1個→2個になる、って買ったときに言われました。増えたひとつは花芽がつくくらいに育ったけど、もうひとつはちょっと生育不良><
0510ucho.jpg

風蘭。知り合いにもらったもので最後の生き残り。かつて一度だけ花が咲いた・・(もらったときだ)
風蘭は花より根を鑑賞するものです。今時期は、根の先が赤くなります。それを楽しむんだって。お値段は、数百円から千万単位。姿は、どれもこういう葉っぱがミズゴケにのった形です。地味すぎて、私のように価値がわからない者には全然わからない蘭です。
0510furan.jpg

蘭は育てるのが難しいような簡単なような。ものによりけりでしょうか。春蘭、紫蘭はほったらかしでも毎年けっこう咲きますが、デンドロやシンビは段々花数が減ってしまって。朱鷺草は1年で消え、鷺草は何年も育てていたけど、手を抜いたとたんに死にました。
↓胡蝶蘭は冬の間葉っぱがいくつも腐りましたが、持ち直して、花芽らしきものをつけています。
0510kocho.jpg
東南アジアのジャングルでは、木にカトレアが普通にひっついているらしいです。
by itsumohappy  at 18:20 |  花・木 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

るーすかやさん
胡蝶蘭など咲いているときは大事にされますが、花が終わると忘れ去られるような・・オフィスにはそんなかわいそうな鉢があちこちにあります。
森林に自生している、本来の環境で育っているようなのは強いでしょうね。
by hiro 2009/05/11 22:44  URL [ 編集 ]

湿地系や、見るからに頑丈そうな蘭は元々の野生種のころのまま強そうですね!来年咲くかどうか不安な蘭が生き延びると嬉しいです。
by おロシア人 2009/05/10 23:53  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック