博士との会話

先週訪ねた用務先では、偉い先生方とお話するはめ?になりました。
ハーバード大医学部の教授や米国の有名な医学系研究所の副所長など務めた博士とのお話は、通訳付けてもらってひと安心。日本語の会話もおぼつかないことが多い私には、英語でそんな神経医学の博士と科学のお話など無理ですわ。そもそもPh.D.は理科系の学位も意味するのか?という認識レベルだし><
しかしながら、このドクターは、ぺーの私にも懇切丁寧に、時に机を拳でどんどんいわせながらいろいろ説明してくださいました。不思議なことに、向こうが話すことをただ聞いている分にはだいたい理解できる・・。映画の英語を聞いていてもあまりよくわからないのにね。

次にお会いしたドクターは、日本人でよかったよ~。私にはめずらしい機械の数々(ただの鉄の箱に見えるのがみな億単位の値段だったりする)を見せてくださいました。研究の内容もいろいろ紹介されましたが、んー「細胞」とか「知能」とか知っている単語を耳が拾うだけで、なかみはあまり頭に残らず・・(--; まぁ、ともかく、最先端の研究がそこではなされているのです!
例えば、細胞がどうやって増えるか、或いは増えないか、そんな研究なのですが、それを解明できたら、ガンも撲滅される日も近いかもしれない・・と思いながら見学していました。
by itsumohappy  at 23:02 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

Re: 博士との会話

FORZAさん
そっか・・遺伝子みればどんな病気にかかるか
わかってしまうんですねぇ
私のには何が記録されているのかなぁ。 
by hiro 2009/03/04 00:49  URL [ 編集 ]

最近では。

遺伝子の中に、将来掛かる病気などが記録されているとありましたね。
病気を治す・・というよりも、予防医学が発達しているそうですよ!
by FORZA 2009/03/03 18:07  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック