『いちご白書』

またまたDVDをリセットするため、以前録画したままのものを観ています。これは、タイトルは知っていたけど、観るのははじめて。タイトル(The Strawberry Statement)の意味が今日はじめてわかった。いちごがおいしいかどうか語らうようなもの・・。だって。ステートメントだから「白書」では多分大げさですね。

意外にのほほーん&淡々とした映画でした。女子学生リンダ役の女優がよかった。ロケ地はサンフランシスコでしょうか。街の光景が印象的でした。権力の横暴を描きつつも学生の思慮のなさ・ナイーブさをさりげなく表現しています。でもやはりその頃の時代の雰囲気を知らないので、ぴんとこない。公開当時観た人たちはどんな感想を持ったかなぁ。
by itsumohappy  at 23:55 |  映画 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

この日本語タイトルはよく分からんですね。
映画の出来はいいと思いますよ~。
Love & Peace みたいな時代の雰囲気が
感じられます。
by hiro 2009/01/11 23:46  URL [ 編集 ]

なんかよく分からんタイトルですが・・。

映画の出来としては、どんなもんだったんでしょう?
by  2009/01/11 18:06  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック