『ナナ』

エミール・ゾラ作。倉庫にあったので、読んでみた。上下巻で長かった。全体としてのストーリーは面白いのだけど、冗長な部分が多くて、随分時間かかってしまいました。昔読んだ『居酒屋』のほうがよかったかな。ヴィヴィッドな描写で、まるで映画を観ているようなリアルさがありましたし。

『ナナ』は、周囲を次から次へと破滅に追いやるナナの喜劇のような悲劇作品。こんなおばかな男たちが当時のパリにはいたのですかね。全然共感をおぼえない主人公でありますが、基本的には愛らしいキャラクターですね。計算づくの悪女とはちょっと違うように思います。
by itsumohappy  at 23:51 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック