ノーベル経済学賞って

今日の東京新聞によれば、経済学賞って正式なノーベル賞ではないって。知らなかったよぉ。「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞」なんだそうです。銀行設立300周年記念で設けた賞ですよ!

記事を紹介しますと・・・
97年度の賞を受賞したマートン氏、ショールズ氏の業績は、「デリバティブ価格決定の新手法」。で、翌年、両氏が顧問をしていた米国ヘッジファンド破綻。01年、ノーベル家の関係者はこの賞の廃止を求めたって。今回の受賞者クルーグマン氏について、専門家によれば、授賞理由は「後付けの印象がぬぐえない」。

錬金術を発明しても、まやかしじみたものは結局は淘汰されることが昨今証明されたようです。
やはりノーベル賞は、絶対的な本質といいますか、永遠の真理を発見した方にふさわしいですね~
by itsumohappy  at 23:53 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

えいはちさん
そういえば平和賞というのがありました!
あれは、ちょと異質ですよね。政治色濃い
というか。佐藤栄作のとき当時日本のマスコミ
はどう評価していたんでしょうね。

by hiro 2008/10/16 21:59  URL [ 編集 ]

経済学賞

へ~、知りませんでした。
日本人受賞者がいないので、存在自体忘れがちかも。
平和賞受賞者にも時々、首をひねることがあります。
アラファト、ペレス、ラビンとか、金大中とか、
あと当時は子供だったんで解らなかったけど佐藤栄作も、
まだ時期尚早だったんじゃない? って、
その後の世界を見ると思ってしまいます。
by えいはち 2008/10/16 09:26  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック