箱根の石仏

先週になりますが13日、少し早起きして箱根を少し歩きました。
8時ぐらいの小田原発のバスはまだ空いていました。
芦之湯で下車、すぐそばの東光庵跡へ。
020113IMG_8413.jpg

熊野権現の境内に建てられ、江戸期、湯治に来た文人たちが交流した場所だそうです。温泉地には、熊野神社がよくあるらしい。熊野→ゆや→湯屋ということです。このあたり、約870mで結構寒かったです。地面にはびっしり霜柱、水が流れたところはがちがちに凍っていました。

つららー 
020113IMG_8411.jpg


1号線に沿って歩きます。
曽我兄弟・虎御前の墓 
020113IMG_8416.jpg
…と呼ばれていますが、地蔵信仰に関係する13世紀の五輪塔です。昔見たときの印象よりかなり大きく感じました。

磨崖仏。俗称二十五菩薩。これも13世紀のものです。
020113IMG_8422.jpg

020113IMG_8427.jpg

多田満仲の墓。堂々とした宝篋印塔です。
020113IMG_8433.jpg

六道地蔵。これも磨崖仏です。立派な覆い堂がついています。
020113IMG_8442.jpg

020113IMG_8445.jpg

向かいの精進池と駒ヶ岳。この辺が、1号線の最高地点です。
020113IMG_8450.jpg

ここから芦ノ湖方面へ。お玉が池も凍っており、石を投げるところころーと滑っていきました。後ろは二子山です。スタートからここまでハイキングしている人には全く会いませんでした。
020113IMG_8460.jpg

さらに芦ノ湖方面に進むと石畳の旧街道にぶつかります。ここで初めて散策をしている2人組に会いました。
旧街道
020113IMG_8476.jpg

成川美術館で日本画の展示を観て終了。
午後なので富士山には雲がかかってしまいました。芦ノ湖からは、富士山の頭部分しか見えないです。
020113IMG_8478.jpg

帰りは、箱根新道経由のバスに乗ることができ、湯本駅まですいすい。
中世の人々の信仰心にふれた一日でした。
by itsumohappy  at 20:10 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック