『シャーロック・ホームズの冒険』 

アーサー・コナン・ドイル作(1892年)。
もとは、1891-1892年に雑誌「ストランド」に掲載された短編を12編まとめたものです。
「まだらのひも」とか、よく知られた話が入っています。ちゃんとした訳で読むのは初めてです。

今日読むと牧歌的なのは、まあ、やむをえません。観察して推理する場面のほかには、19世紀末の社会風俗の描写が印象に残ります。馬車もいろいろ種類があって何だか情緒があります。

最近放映された現代版ホームズの連続ドラマは、ホームズの変人ぶりが際立っていて、なかなかよくできていました。ワトソン君もちゃんとアフガン帰りになっていたし。
by itsumohappy  at 19:16 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック