『カルメン』『コロンバ』

プロスペル・メリメ作。カルメンは1845年、コロンバは1840年の作品です。
 
カルメンはオペラでよく見る機会があります(ってTVで、ですよ)が、原作を読んだのは初めて。オペラは1875年初演。原作と異なる部分があります。例えば、オペラに「片目のガルシア」が出てこないのは、観客であるブルジョワ階級に配慮したためだそうです。小説は、考古学者が語る悲劇譚という形をとっています。オペラがインパクトあるせいか、小説のほうはいまひとつ面白くないです。

一方、コロンバ。お菓子を思わせるかわいい名前です。メリメが、コルシカ旅行で見聞したことがらが反映されている小説です。コルシカの風俗が興味深い。大陸で文明化?されてしまった兄を叱咤する、やや凶暴なキャラクターのコロンバの活躍。こちらのほうが、楽しく読めます。
by itsumohappy  at 19:33 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック