『山怪』

田中康弘著(2015年)。著者は、マタギの狩猟を長年取材している写真家です。

狐火・神隠し・得体のしれないもの・山中に突然現れる未知の空間等々、山の周辺に住む人々が見聞きした出来事を、著者が取材して集めたものです。著者自身は怖がりではあるが、あまり恐怖体験はない模様。私もそうなんですが、怖くて騒いでいるわりには、実際に心霊現象を経験したことはありません。

不可思議なものを見たり、どうしても山から出られなくなったりしてもそれは狐や狸に騙されたのではなく、単なる疲労による幻覚が原因であるとか、狐火はプラズマ現象であるとか、全ての「怪奇現象」は科学的に説明できると主張する学者もいるようです。けれども、どうしても説明がつかないことが世の中にたまにあってもいいなぁと思います。怖い思いをするのは嫌ですが‥。
by itsumohappy  at 21:16 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック