『掏摸』

中村文則作(2009年)。

面白い小説です。
タイトルの通り、掏摸のお話です。比較的短いうえ、緊張感・恐怖感があってどんどん読ませるのであっというまに終わります。主人公がどうなったか、これはそのうち続編をぜひ書いてほしいです。

by itsumohappy  at 21:58 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック