『その女アレックス』

ピエール・ルメートル作(2014年)。 
現代の推理小説は、単純な殺人話じゃないだろうなぁとわかっているのでほとんど読まないのですが、図書室にあるのを見て、借りました。話題作ということで、新聞に時々大きな広告が出ていましたし。あの広告のイラストは核心部のシーンと違うので、ちょっと誤解を招きますね。

推理小説なので、あっという間に読めます。読めるけれども、すっきりしません。
確かに、前半、誘拐された女性の苦闘は読みどころであり、登場する警察関係者たちはそれぞれ個性豊かに描かれています。ですが、ストーリーの運び(つながり)に違和感あり(- -;)。つまるところ、前半部分は全体の一部として読めないのではないか?というもやもや感があります。捜査の落ちもあれでよいのか?
一言でいえば、気分が良くないお話でした。あと、原題“Alex”なのになぜ「その女」がつくのかな。
by itsumohappy  at 17:29 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック