『千羽鶴』・『波千鳥』

川端康成作。昭和24から28年にかけて、文藝春秋などの雑誌に発表されました。『千羽鶴』の後日談が『波千鳥』です。川端の世界も独特なものがあって、あまり好きではないです‥。けれども、両作とも雑誌掲載されたためか、比較的誰でも読める普通の小説です。心理描写が優れているのでしょう、よく考えるとたいした筋がないですが、それなりに話に引き込まれていきます。

by itsumohappy  at 22:48 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック