『スタインベック短編集』

1930年代作の11の短編が収められています。
スタインベックの作品は自然で読みやすい。つまらない描写をぐじょぐじょ書かないからいいです。
なんとなく田舎っぽいイメージがあるのですが、人の持つ秘密や暗い面或いは黒い面を題材にしたお話も書いています。そういうものは、読んでいて後味がよくないこともあります。訳者は、スタインベックは人間の自然な状態(内面の率直な表れ)を尊重したと解説しています。

心理描写主体のものもあれば、労働問題に着目したもの、気楽なユーモア小説も含まれています。短編集は、作家のいろいろな面を手軽に知ることができますね。やはり「素朴な生命への愛着」を描いたものが一番親しみが持てます。

by itsumohappy  at 21:57 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック