『東京オリンピック』

市川崑監督(1965年)。
東京オリンピック。戦後の一大イベントですね。
年末にTV放映されていたので録画し、少しずつ観ました。
名前だけは知っている円谷幸吉、アベベ、チャスラフスカ、ヘーシンクたちが動いているのをはじめて見ました。ナレーションによると、戦後すぐのオリンピックに日本は参加を許されなかったらしい。ですが、国力を回復して国際復帰し、とうとうアジアで初めてオリンピックを開催!世の中、希望に満ち、輝いていた時代だったのでしょうね。

映画のはじめ、陸上競技がえんえんと続き、この調子で全種目紹介するのかと少しおののきましたが、後半に行くにつれ、あまり花形とは言えない競技はさらっと済ませていました。陸上が多かったのは、やはり躍動する姿が絵になるからですね。選手の体と表情をいろいろな形でとらえています。緊張の面持ちの選手に、見ている方までどきどきしてきます。

ときたま映る沿道の人々や町・村の光景が時代を感じさせます。
開会式の昭和天皇は威厳に満ちていました。バレーボール観戦する美智子妃殿下も輝いていた。
最後の、マラソンの部分を見て、当時の空気(大気)があまりよくなかったことがわかります。なんか、薄もやかかったようにどよよーんとしているんですね。下は舗装道路なのですが。

パンフレットが家の倉庫にありました。
140107oly2.jpg

140107oly.jpg

by itsumohappy  at 23:05 |  映画 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック