太閤一夜城

土曜日、小田原市にある「太閤一夜城と長興山史跡巡りコース」を歩きました。7キロ強の道です。「美しい日本の歩きたくなるみち500選」なるものに選ばれています。道といってもほとんど舗装路ですが、自然や歴史に親しむコースになっています。

箱根登山鉄道入生田駅からスタート。紹大寺に向かいます。
130324sugi.jpg

木立の中を上っていくと、みかん畑。境内があったところです。昔の建物は焼失しました。
130324choko.jpg

さらに進むと小田原藩主であった稲葉一族の墓所。二代藩主の祖母、春日局のお墓もあります。
130324choko2.jpg

お寺のある長興山には神奈川県でも数少ない自然林が残されていて、小田原市の天然記念物になっています。
130324choko3.jpg

樹齢340年という長興山のしだれ桜。エドヒガンの変種だそうです。昔に比べて樹勢が落ちてしまったらしい。
130324choko4.jpg

130324choko7.jpg

130324choko8.jpg

周りにある桜もきれい
130324choko5.jpg

イヌマキでしょうか、大木です。
130324choko6.jpg

駅の向こう側に行き、「生命の星・地球博物館」を見学。
130324chi.jpg

アンモナイト
130324chi2.jpg

岩石、化石が並んでいました。
130324chi3.jpg

先がまだあるので、ざっと見学。
130324chi4.jpg

130324chi5.jpg

博物館の説明によると、丹沢山地は南の海にあった火山島で、フィリピンプレートに乗って北上し、500万年前に本州に衝突したそうです。その後、ぐいぐいと内陸におしやられてできたらしい。

博物館から早川を渡って石垣山に向かいます。
130324michi3.jpg

山を上り始めると道端の段々畑にきれいなお花。後で調べたらシキミでした。
130324michi.jpg

シキミ畑です。お線香でも作るのでしょうか。畑にも道にも誰もいなくて聞けなかった。
130324michi2.jpg

けっこうな坂道をゆるゆる上がります。たまにトラックが行き来するだけの静かな道路です。
この辺りの、箱根外輪山の噴火物である安山岩を切り出し、江戸城の石垣として早川から海路で江戸まで運びました。
途中、何らかの理由で運べずに遺棄されたとみられる石です。
130324michi4.jpg

早川石丁場群という、石を切り出した跡地です。加工作業の様子がわかるとのことです。
130324michi7.jpg

キブシがたくさん咲いていました
130324michi5.jpg

コブシの大木
130324michi6.jpg

スダジイの古木。この辺りの代表的な樹木だったそうです。
130324michi8.jpg

坂を上りやや下ると石垣山の一夜城跡に到着。
秀吉が近江から連れてきた穴太衆が作った、野面積みという石積みが遺されています。
130324shiro.jpg

ここに小田原攻めの本営を築き、100日ほど滞在したとか。利休も秀吉に同行しここでお茶会しました。
本丸から二の丸方面。向こうに丹沢がうっすら見えました。
130324shiro2.jpg

相模湾が一望できます。この日は花曇りでぼやけていましたが・・。
あまり観光客が多くなく、のんびりできました。
130324shiro3.jpg

JR早川駅まで50分ほどの道を下ります。
春のお花があちこちに。
130324michi9.jpg

130324michi10.jpg

丘陵はたいがいみかん畑になっています。もうほとんど収穫されていました。
130324michi11.jpg

風もなく、また、ぎらぎらと照らされず歩きやすかったです。春は歩くのが楽しいです。
by itsumohappy  at 22:24 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック