鳴虫山

5日、日光の鳴虫山へ行ってきました。そこそこ歩きがいがありました。
電車こんでいました。さすが連休です。昨年は、日光への観光客がかなり減ったらしいですが、だいぶ持ち直したようです。
お山は1月の高尾以来。前日の大雨に加えて、5日も大雨・強風注意報が出ており、天気が心配でしたが、幸い1日好天に恵まれました。フリースは要らなかったなぁ><

日光駅から10分ほどで登山口。駅前登山って気が楽だ~
120506enter.jpg

ヤマツツジのつぼみがぱんぱん。
120506yama.jpg

トウゴクミツバツツジ
120506togoku.jpg

新緑が美しい
120506midori.jpg

ブナの葉っぱ
120506ha.jpg

片側が植林のよくありがちな山道
120506michi.jpg

神ノ主山(842m)頂上からの眺め。
男体山
120506nantai.jpg

女峰山
120506nyo.jpg

木々の合間に日光の街が見えます
120506michi2.jpg

頂上近くになるとアカヤシオが目に付くように。
120506ya2.jpg

前日の暴風雨で、だいぶ落ちてしまったようで・・(TT)
120506ya.jpg

カタクリ
120506kata.jpg

アップダウンを繰り返し、お昼頃に鳴虫山頂上に到着。
ここは、行者道でもありました。
120506top.jpg

アカヤシオはひょろんとした木ですね
120506ya3.jpg

頂上には展望台があるのですが、崩れてしまって入れず。なので、手前から撮りました。
120506ya4.jpg

アカヤシオは繊細な花です
120506ya6.jpg

120506ya5.jpg

合峰(1084m)
120506gappo.jpg

カラマツの芽吹き
120506kara.jpg

独標から北斜面を1時間ほど下りていくと、東電の水力発電所にぶつかります。
憾満ヶ淵という男体山の溶岩流が作った渓流です。
120506kanman.jpg

憾満ヶ淵には、天海上人の弟子100人が設置したというお地蔵さんが並んでいます。
洪水で、親地蔵をはじめいくつかは流されてしまいました。
120506jizo.jpg

120506jizo2.jpg

あずまやみたいですが、
120506kanman2.jpg

護摩壇なのです。
120506kanman3.jpg

桜は風雨で飛んでしまっていました。
120506kanman4.jpg

大谷川沿いを歩き、国道に出ました。
辺りの緑がきれいです。
120506yama2.jpg

バスに乗るつもりが、神橋まで歩いてしまい、結局そのまま駅まで。
120506shinkyo.jpg

ちょうどよい電車がなかったので、日光駅でしばし待ち、のんびりと浅草まで戻りました。帰りの電車が満員電車なみでどうなるかと思った。途中駅で、車両を連結したので分散しましたけれど、それでも終点まで2.5時間以上立つちっぱなしの方々が大勢いました。出かけるのも大変です。日光辺りが日帰りレジャー圏ぎりぎりかなぁ。
by itsumohappy  at 18:04 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック