『高熱隧道』

吉村昭著(1975年)。
黒部渓谷における電力開発のお話では第四発電所の建設が有名ですが、第三発電所については、さほど知られていない感じです。私は、去年アルペンルートに行った際に、宇奈月駅前の資料館でもらったパンフレットでごく簡単なあらましを知りました。それに参考図書として、『高熱隧道』が挙げられていたので読んでみました。

黒三が黒四ほど知られていないのは、昔の話だから(1936~39に工事が行われた)、というだけではないですね。掘削作業や人夫の労働環境がとんでもなく悲惨で、いくら国家総動員の非常時でも決してほめられた話ではなく、企業イメージにもかかわるからでしょう‥。

黒四建設でもそうでしたが、山中の高温帯を突破するのが容易ではありませんでした。最高165度にもなる岩盤のそばでは、ダイナマイトが自然発火してしまいます。工事で約300人の死者を出しました。あと、黒部渓谷のすごいのが雪崩。黒部川の対岸600m先まで工事の小屋が吹っ飛ばされたり。
人夫たちは、決死隊と同じです。こんな時代があったのですねぇ。
by itsumohappy  at 23:01 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック