『まいにち富士山』

佐々木茂良著。5~6月から11月の間、天候が許す限り、毎日、富士登山している著者が、その体験と登山のノウハウをあれこれ語った本(2011年)。

神奈川県で中学校教諭や養護学校校長を務めた著者は、『強力伝』に惹かれて定年後に登山をスタート。富士山には、1年目の2004年に41回登り、執筆時で、通算登頂回数819回を達成したとあります。
富士山に登ったことのない私は、富士の登山シーズンが7、8月ということも知りませんでした。昨年は、そのシーズン中、約32万人!が来たそうです。シーズン外に登る人もいるので、著者の見立てでは登山者は、年60万は下らないのではとあります。

私は、はじめて、今夏、富士山行く予定なので、歩き方のこつなどをチェック。著者は、登りの難儀さを紛らわせるために、一歩一歩念じる気持ちで歩くそうです。「お・か・ね」とか「ね・ん・き・ん」、或いは妻の名前などいろいろつぶやいて、それぞれの効果を検証しています。また、高山病予防の秘訣は、車利用の人の場合、駐車場到着1時間前から車の窓を全開にしておくことだそうです。

単独で何百回も登っているので、失敗談もあります。11月の登山で風に飛ばされて肋骨にひび。-15度での無謀登山。5月の連休中にホワイトアウトで方向を見失ってさまよい、鳥居の幻覚を見る。クレバスに落っこったり、行ってはいけないことを知らないで火口底に下りてしまったり。そんなエピソードをひきながら、自分のこととなると微妙に撤退の判断が狂うときがある、「せっかく来たのだから」という思いが平常心を失わせるので注意せよと繰り返しています。富士登山を始めてから変わったのは、大自然の中の一つの存在としての自分を客観視するようになったこと。好奇心旺盛なおじいさん。元気でこれからも「まいにち富士山」続けて下さいまし。
by itsumohappy  at 23:54 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック