三渓園

5日、横浜市にある庭園、三渓園に行ってきました。ここは、明治・大正の実業家、原三渓の邸宅だったところです。お茶会その他で、もう何度となく訪れています。四季折々のお花がきれい。梅が一番有名かなぁ。
110505san.jpg

杜若
110505kaki.jpg

ここのメインの建物、臨春閣が公開されていました。徳川家の別荘を移築したものですが、原は、聚楽第の遺構だと信じていたそうです。
110505rinshun.jpg

建物は数寄屋造り。卍形の天井が面白い
110505rinten.jpg 110505rinten2.jpg

広間がいくつも連なる。床だけで2畳近くとっていて、当然床脇も広々。欄間についているのは本物の笛と笙。
110505cha3.jpg

こっちの欄間には、公家が書いた和歌色紙
110505ranma.jpg

園内には、草庵から三重塔、古民家、お堂にいたるまで15くらいの建造物が配されています。建物は、上方のお寺などから移築したものが多い。昔は、経済的に苦しいと切り売りしていたんですかね。取り壊すので原がひきとったというのもあるかもしれない。庭には、いくつもの灯篭のほか、上代の石棺などもあります。
110505cha1.jpg

有楽斎が建てたという茶室。もともと三室戸寺にあった。
110505cha2.jpg

この日は、一般向けのイベント茶会をしていました。小間なので、3時間先まで券が売れてしまっていた><
屋根に葉っぱがぶらーん。軒菖蒲です。菖蒲と蓬を組んだものを、5月の節句時に屋根に放って邪気を払います。
110505cha4.jpg

蓮華院という建物の小間。二畳中板というのははじめて見た。原は、益田鈍翁や松永耳庵と並ぶ数寄者でした。自ら催した茶会の際、床に、東大寺三月堂の不空羂索観音が手に持っていた蓮華を飾ったから蓮華院て言うそうな・・って、その蓮華はどうなったのだ。。。
110505nakaita.jpg

睡蓮。夏はここで観蓮会が開かれます。
110505suiren.jpg

休日でも比較的空いていました。客層は老年多し。静かでよいです。お弁当持って、一日のんびりできるところです。スケッチしている人たちもいました。
by itsumohappy  at 16:28 |  花・木 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

え!お正月は休園ですか。。
梅か桜の頃が良いのではないでしょうか。ちょっと不便な場所ですが、お出かけ下さいv-298
by hiro 2011/05/07 23:07  URL [ 編集 ]

No title

正月に行ったときは入れなかったんだよね。
いつか又行こうっと
by maccha12 2011/05/06 18:58  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック