釜石

1週間経ちました。連日新聞に出る被害地図を見ながら暗澹とした気持ちでいます。

昨年、三陸を旅行しました。仙台から東松島に出て、南三陸町に宿泊。45号線を北上し、気仙沼、陸前高田などを経て大船渡の三陸から南リアス線で釜石へ。さらに宮古まで北上した後、早池峰山を抜けて盛岡から帰るという行程でした。ずっと眺めた海沿いの明るい町々が、半年後に無くなってしまうなんて思いもしません。

釜石の町。南リアス線から撮りました(2010年9月6日)。左の岬の上に立つ白いのは「釜石大観音」。中央右寄り、釜石湾に近い細長く白い建物に「三陸技研」とあるのに気づいて地図を見たところ、「平田駅」付近の光景でした。津波はこの写真を撮った線路の位置までやってきた。平田駅より海側の建物は殆ど流されたそうです。
0318kama.jpg

釜石の、31年かけて完成した世界一の堤防の記事を一部引用します。(2010年10月5日;ギネスブック)。
Deepest Breakwater
On Monday 27 September, the city of Kamaishi in Iwate, northern Japan proudly celebrated their Kamaishi Tsunami Protection breakwater which, at 63 m (206 ft 8 in) deep, is the world’s deepest.
0313kama2.jpg
The 1,960 m (6,430 ft 5 in) long breakwater was constructed at the mouth of Kamaishi bay to prevent from the threats of tsunami disaster from Pacific sea side. It reduces the bay-mouth opening to decrease tsunami run-up height as well as wind waves and swells. The construction work started in 1978 and it took amazing 31 years until it finally completed in March 2009.

中央右寄り、ブーツ型の平たい陸地のつま先あたりが釜石大観音の位置です。
海に近く、山も迫っているこのような町で、今後の復興をどのように考えたらよいのでしょう。以前と同じように再建しても100年後、1000年後にまた壊滅したら? かと言って、他にいったいどこへ行けばいいのか。より山際に造成するしかないのでしょうか。
by itsumohappy  at 22:34 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック