『強制収容所のバイオリニスト』

ヘレナ・ドゥニチ・ニヴインスカ著(2016年)。副題「ビルケナウ女性音楽隊員の回想」。
著者は、1915年、ポーランドのルヴフ(現ウクライナのリヴィウ)生まれ。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所などで1年3カ月過ごしました。

1939年9月、ドイツに続きソ連がポーランドに侵攻し、いっときソ連がルヴフを占領したものの、独ソ戦開始後ドイツが占領しました。著者は、反ナチス活動家と知らずに彼らを家に間借りさせたという理由で、母親とともに43年、逮捕され、オシフィエンチム(アウシュヴィッツ)に移送されました。

バイオリンを学んでいた著者は、幸い収容所の音楽隊に所属することができ、一般の囚人よりも衣食住に恵まれて生き延びましたが、一般棟にいた母親は病死。収容所の描写は、映画「シンドラーのリスト」の場面と同じです。残虐とか残酷とかそんな言葉ではとても言い表せません。

収容所音楽隊では、著名なバイオリニスト、アルマ・ロゼ(マーラーの姪)がカポ(監督)をしていました。ロゼの指揮で、著者ら隊員は、囚人が収容所に出入りする際に行進曲を演奏しました。移送されたばかりのユダヤ人が、悲劇的運命を知らず、降車場からまっすぐガス室に進んでいる脇でも演奏に没頭し、周囲の悲劇に気づかないふりをし続けたとあります。自分を守るためにそうせざるを得ませんでした。

45年5月に収容所から解放されましたが、身内を失い家もない著者は、音楽隊仲間の助けを得て生活し、やがて音楽関係の仕事につくことができました。音楽隊に入っていたことで戦後、収容所体験者からも非体験者からも白い目で見られたそうです。戦争時代の記憶を消し去りたいと思っていましたが、数少ない強制収容所の生き残りの一人として、次世代に当時のことを知ってほしいと願い、2012年になってこの回想記の作成に取り組みました。今、100歳を超えて存命のようです。
by itsumohappy  at 21:17 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『黄色い牙』 

志茂田景樹作(1980年)。阿仁マタギのお話です。最近全く見かけないけどエキセントリックないでたちで有名だった著者に似合わぬ、がっちりとした面白い小説です。

秋田県北東部、奥羽山脈ふもとの、根子、比立内、打当などの里が阿仁マタギの部落です。この小説の舞台は架空(たぶん)の「露留」です。マタギのしきたり、掟が詳しく説明されています。マタギ道?は、密教、修験道の影響を受けており、日光派、高野派の流派があります。それは、代々のシカリ(統領)に秘伝される由来書(狩猟のための越境の通行手形となる)でわかり、阿仁マタギは日光派だそうです。

シカリを継いだ主人公とその家族、狩猟仲間のエピソードを中心に、1922年(大正11年)~1943年(昭和18年)まで、時代の波に翻弄され、やがて衰退しゆくマタギ村を描きます。巻狩りの様子や奇妙なマタギの風習が興味深い。今でも行われているんですかねぇ。
森吉山に行ってみたくなりました。
by itsumohappy  at 19:29 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『騎士団長殺し』

村上春樹作(2017年)。
村上本はタイトルが上手いと思います。何だろう?と興味をひくものがあります。そして、ストーリー運びも上手くてどんどん読み進められる。会話も都会風でしゃれている。相変わらずあってもなくてもいいような性描写がうっとうしいな。あれ、この登場人物、前の何かの作品にも出てきた人に似ているなぁ。あれはどの本だったっけ。んー思い出せない。

すいすい読んだけど結局何の話だったかほとんど覚えていない、というのが村上氏の作品の印象です。『騎士団長殺し』も同様でした。少し時間が経ったら話を忘れてしまいそうです。

いっとき楽しめるけれども本当にそれだけ。何年間かはそんな作品が続いてもよいかもしれないけれども、近頃は世の中どんどん変化・混沌としてきています。作品も相応に何かがっつりしたものがないとなー。いつものごとく、ファンタジックで豊かな別世界で才気走った話をしていてもなー。

1巻目の舞台設定はそそるものがありました。これをどう着地させるのか、させられるのかと読み進めたのですが、2巻目の半ば、穴に突入後のアドベンチャー?から何かしらけてしまいました。それで、落ちがこれ?1巻目で展開した設定の必要があったの?と拍子抜け。これはもしかしたら続編があるのかもしれません。その後の説明がないままになっている描写がありますし。

やはり、創造には限界がある。これは、何も村上氏の作品に限りません。最近、世の事実がきつすぎるのか、小説が気の抜けた作り事に見えてしまうことが多いのです。
by itsumohappy  at 00:03 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ひょうたん他

久しぶりに近所の公園に遠征。最近ずーーーーーーっと雨ばかりで見に行けませんでした。
お花はすっかり秋モードになっていました。

ヤブミョウガ 
020820IMG_0156.jpg

タカサゴユリかな 
020820IMG_0158.jpg

栗 
020820IMG_0160.jpg

縞ススキ 
020820IMG_0165.jpg

ハスとミゾハギ 
020820IMG_0168.jpg

昨年はなかったひょうたん
020820IMG_0173.jpg

ひょうたんの花を初めて見た。アサガオに似ています。やはり午後はしぼむみたい。
020820IMG_0172.jpg

これは何だろう‥
020820IMG_0175.jpg

ヒオウギアヤメ
020820IMG_0177.jpg

女郎花が見頃です。
020820IMG_0178.jpg

秋海棠
020820IMG_0183.jpg

百日紅
020820IMG_0187.jpg

ガマ。これを見ると白ウサギを思い出します。
020820IMG_0188.jpg
by itsumohappy  at 21:22 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ボストン美術館の至宝展

新聞屋さんに券をもらって行ってきました。平日だったので比較的空いていてよかったー。
古代エジプトの副葬品から東洋美術、現代アメリカ絵画まで広範なジャンルの展示品がありました。
02IMG_7117.jpg

近代フランス絵画と涅槃の軸が目玉なのかな。
モネの作品はボストン市民にすぐ受け入れられたそうです。
02IMG_7118.jpg

英一蝶作の涅槃絵はきれいに修復されていました。
02IMG_7116.jpg

上流階級に人気だった肖像画家ジョン・サージェント。
このピンクのドレスがざざっとした早描きで、ほとんど手をかけていないかのように見えるのがすごい。
02IMG_7119.jpg

絵の前でゆっくりたたずんで眺めることができ、鑑賞した気分になりました。
by itsumohappy  at 19:02 |  展示会 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お盆

昔から今頃は連日酷暑、という気候のはずが、不安定な天気が続いています。お墓参り先も今日も降ったり止んだり。
久しぶりに東武に乗ったら、快速が廃止されていてびっくり~ 日光まで直で行く普通電車がなくなってしまいました。
いやおうなしに特急に乗せられます><

下今市駅は見違えってシックな駅に変身。杉の木を黒く焼いた?駅舎になりました。
020813IMG_0133.jpg

020813IMG_0135.jpg

今月からSLまでデビュー。
020813IMG_0147.jpg

汽笛の音がなかなかよい。けっこう煙が出るので、路線のそばから文句が出そうな感じ。
020813IMG_0140.jpg

日光連山は全然見えませんでした。
by itsumohappy  at 00:02 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

雲ノ平などの写真 2

雲ノ平2日目です。
スイス庭園から水晶岳
0201IMG_7007.jpg

右寄り、真ん中にある草地が高天原です。遠いなぁ
0202IMG_7009.jpg

祖父岳のほうへ向かっていきます
0203IMG_7020.jpg

祖父岳の腹には溶岩が流れた跡
0204IMG_7024.jpg

だんだんガスが出てきたので、雷鳥さん親子がおでまし
0205IMG_7028.jpg

北鎌尾根
0206IMG_7031.jpg

三俣蓮華はまだ遠い
0207IMG_7038.jpg

雪田を過ぎて下っていくと黒部の源流域です。
0208IMG_7048.jpg

こんな立派な碑もある
0209IMG_7048.jpg

周囲はほとんどガスに(TT)
雷鳥さんのオス
0210IMG_7048.jpg

双六小屋に到着
0211IMG_7048.jpg

後半は霧と弱い雨にたたられました。
翌日はもっと霧霧モードとなり、雲中をいくがごとしとあいなり><
まあ、台風やら梅雨前線やらがいたので、いたしかたありません。むしろその割にはさほど悲惨な思いをせずにすみ、ラッキーだったかも‥。メインの目的地、雲ノ平の姿を見ることができましたし。

雲ノ平というと秘境みたいに言われるのですが、私のイメージする秘境はもっとおどろおどろしいというか、湿度感がある感じです。雲ノ平は開放的な台地で、山の神々の使いが休む場のような雰囲気。時が止まって忘れられたかのような空間でした。
by itsumohappy  at 21:35 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

雲ノ平などの写真

7月27~30日まで北アルプス北部へ出かけたのですが、予想に反し北陸は梅雨が明けず、後半は雨霧に見舞われました。それでも雲ノ平付近はおおむね見えてよかったです。

折立からスタート。樹林帯をしばらく行きます。
0201IMG_6784.jpg

2時間ほど歩くと展望が開けます。
有峰湖
0202IMG_6805.jpg

太郎平小屋まで意外に遠い。
0203IMG_6824.jpg

薬師岳は立派な山ですねー。
0204IMG_6824.jpg

左に水晶岳。右の傾き加減の台地が雲ノ平です。遠いなぁ。
0205IMG_6824.jpg

翌日は朝から小雨。
小屋から急降下し、橋を渡った後、薬師沢を上がります。手足を使ってひたすら登る。修業になりました。
0206IMG_6824.jpg

黒部本流
0207IMG_6824.jpg

薬師沢を2時間ほど登るとやっと雲ノ平の端っこに。幸い雨は止みました。
0208IMG_6824.jpg

のんきな景色が広がります。しーんとして何の物音もしません。
0209IMG_6824.jpg

右端が雲ノ平山荘です。150人位入れるかな。平日でしたがかなりの混雑で、玄関も使ってお客さんは寝ていました。
0210IMG_6824.jpg
by itsumohappy  at 20:12 |  旅行・山 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

雲ノ平

7月28・29日、雲ノ平を歩きました。

山荘から三俣蓮華岳
02IMG_6972.jpg

富山の折立から入り、新穂高温泉に抜けました。長かったなー。どれくらい歩いたんだろう。稜線歩きは霧でダメダメ状態でしたが、雲ノ平ではあちこちの庭園をのんびり楽しめました。
by itsumohappy  at 21:42 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック