『南極越冬記』

西堀栄三郎著(1958年)。
1957年2月から翌年2月まで、南極地域観測隊第一次越冬隊の隊長として、昭和基地で隊員10人と過ごした記録です。2017年は、南極観測60周年です。

遠征当時はまだまだ貧乏国の日本。南極での生活物資は調達できても研究機材が不足しており、その機材も現地で耐えられるかどうか、また、衣料・食糧の必要量も不明といった状況で、「観測は従」という遠征でした。生きて帰ってこられるのかという思いも記され、なんだか悲壮感漂っています。

GPSもない当時は通信するのも一苦労です。持参したが役に立たない機械もあり、「新しい機械類も大事だが犬ぞりのようなクラシカルなものも必要」とあります。

娯楽を持たないという西堀氏は、隊員から「オジイチャン」と呼ばれていました。1903年生まれで本の扉写真で見るとすごく老けていて、気難しそうな感じ。それでも当時54歳です。隊員を統率していくことが難しい、と書いています。

全体に無味乾燥な記述で、隊員に関する記述もあまりあたたかみがない感じ。エキサイティングな紀行文ではないのは、決死の覚悟で南極に赴いたためでしょうか。越冬隊が撤収するときに残した樺太犬のことについても特別思い悩んだような表現はありません。タロ・ジロが確認されたのは、この本の出版翌年でした。
by itsumohappy  at 21:08 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

クリスマスローズ

クリスマスローズの花が出てきました。
家に10株くらいありますが、目覚めているのは半分くらいか‥。
020129IMG_4610.jpg

020129IMG_4601.jpg

020129IMG_4604.jpg
とても調子のよい株と花芽が全然出ない鳴かず飛ばずの株があって、何がよくないのかよくわからない>< 

海老根の花芽
020129IMG_4606.jpg

春蘭の花芽
020129IMG_4600.jpg

葉っぱばかり茂って1本しか花がつかない水仙。日当たりのよい花壇なのに何かが気に入らないらしい。
020129IMG_4611.jpg

買い物に出たらコサギがいました。
020129IMG_4599.jpg
by itsumohappy  at 22:58 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『ブラック・ボーイ』

リチャード・ライト作(1945年)。副題「ある幼少期の記録」。
自身の自伝的小説です。1908年、ミシシッピーの農場で生まれたライトが、19歳で南部を脱出するところまでが描かれています。
ライト少年は、家に下宿していた黒人教師から『青髭と七人の妻』の語りを聞き、物語の世界に魅了され、小説、芸術に没頭します。しかし、周囲は常に白人による暴力の脅威に満ちており、「十全に自分自身となることを許されない」。緊張、恐怖、屈辱感から逃れ、より豊かな生き方を目指すため旅立ちます。

人間らしく生きたい、という話は読んでいて暗い気持ちになりそうですが、意外に楽しく読めます。少年時代のエピソードが面白い。悲惨な南部の描写ばかりではなく、黒人社会の頑迷さにも言及しています。
by itsumohappy  at 20:30 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

青空

横浜は申し訳ないくらい晴天続き。金曜も雪とか予報でいっていたけれど、結局傘をさすことはなかったしー。
空気はからからです。

近所の天神のお屋根と紅梅。梅の花ってつつましやかでよいね。
020122IMG_4594.jpg

この空なら富士山見えるかも。と思ったのですが。
020122IMG_4595.jpg

西方向はどよよーん。午後でもあったし、ぼんやり空。
箱根方面。右端が金時山、塔の後ろが神山です。
020122IMG_4596.jpg

先々週買った新種というユリがなかなか開かず、しわしわになってきたので、むりやり花弁を開けたらやっとそれなりの姿になりました。
020122IMG_4591.jpg
by itsumohappy  at 21:15 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『この世界の片隅に』(映画)

まだ上映しているかな?と思いきや平日でも意外に盛況でした。しばらくやっていそうです。
淡い色彩がよいです。描いた海の絵が動くあたりはとても美しい。
020118IMG_4589.jpg

やはり完全映画化は難しいから、どこかは端折る必要があります。原作を読んでいないほうが却っていいのかなぁ。ただ、淡々とした描き方なので、注意していないと画面を見落としたりせりふ聞きそびれたりしそうです。高年というか老年層には受けるでしょう。機銃掃射を経験した世代なら音を聞くだけでぐっとくるらしい。若年層にはどうだろう。伝単、わかるかな。千人針も難しいかもしれない。
by itsumohappy  at 16:10 |  映画 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『ジャマイカの烈風』

リチャード・ヒューズ作(1929年)

初めて読む作家です。小松崎茂のイラストが入っていて、少年少女向けの冒険小説?と思いましたが、違いました。訳者の解説には、「「何もわかっちゃいない」ことをおとぎ話のような不思議な作品で描いてみせた」とありますが、まさにその通りで、一見おかしな冒険物語のようでも、えっ?と驚く怖い展開になります。あまり読んだことのないタイプの小説で意外によかったです。
by itsumohappy  at 21:43 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

タラバガニ

タラバガニ(根室市)。
根室では毛ガニが一番おいしいということですが、やはり食べがいの点でタラバを選んでしまいます。
020115IMG_4580.jpg

夕方、ほぼ決まった時間にやってくるスズメ。今日は寒いのでよくふくれています。
020115IMG_4581.jpg

きれいな色使いだったら、もっとかわいがられていたでしょうに。
020115IMG_4586.jpg
by itsumohappy  at 17:55 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『黒い家』

貴志祐介作(1997年)。
怖かった…。ホラー小説といっても亡霊の類や超常現象は出てきません。生きている人間が一番怖い。作者は保険会社に勤めていた経験があるそうで、とても現実感があります。実際にこれほどの事件が重なるのは非現実的と思えますが、そう感じさせません。
京都が舞台なのも面白い。黒い家が嵐山の一角にあるという設定がそそられます。
by itsumohappy  at 20:00 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

水仙

水仙の日本寒咲が成長中です。早いのは咲いています。
お日様のほうへ傾いている。
020111IMG_4561.jpg

そそとしてよい香りの水仙。倒れやすいのが難ですが、お花の少ない今の季節には重宝します。
020111IMG_4563.jpg
by itsumohappy  at 22:08 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『地上より永遠に』

ジェームズ・ジョーンズ作。原作は1951年に出版されました。
映画が有名ですが、映画では、内容が多少改変され、また、軍隊の描写も一部省かれています。
ハワイ・オアフ島の陸軍スコーフィールド基地周辺を舞台とする将兵の物語。真珠湾攻撃までの10か月間を丹念に描いています。かなりのボリュームです(文庫本4冊)。冗長と思える部分も多々あって、読み進めるのに苦心します。同じ作者の長編でも『シン・レッド・ライン』のほうが読みやすい。

兵卒の目線で話が展開するという意味で、プルーが一応の主人公ですが、曹長ウォーデンも主人公といえます。この二人の対比がポイントです。プルーは、30年兵(という制度が当時あった模様。30年間軍隊に仕える)として志願した、いわばばりばりの兵隊で、ひととおりの軍務をしっかりこなせるのですが、自我を通して周囲と妥協せず、常に浮いたような存在。まるで軍隊に向かない意固地タイプで、読んでいていらいらするほど。一方、ウォーデンは、プルーと心情を交わすところはあっても、表向きは組織のなかで上手く切り抜けていく実務家タイプ。下士官らしく粗野であるが、頼りになる強力な存在です。映画のB・ランカスターのイメージそのもの。

小説の山場は、営倉での暴力と真珠湾攻撃のシーンでしょう。映画で営倉の拷問がカットされたのは、それがスコーフィールド基地のロケの条件だったからだそうです。兵隊が惨殺されるところは気分がわるくてよく読めないくらいでした。
零戦が飛来してから、何をしてよいのかわからない兵隊たちが、ウォードンの指揮のもと必死で応戦する場面は面白かった、というのはなんですが、実際に見た者ならではの迫力ある描写でした。速成の応召士官は全然役に立たず、普段はぼんやりともうろくしているような老兵が冷静沈着に活躍するのです。

作者ジョーンズの家は、大恐慌により破産し、ジョーンズは大学進学を断念して陸軍を志願しました。ヨーロッパは、戦争の危険性があるが、ハワイの駐屯軍ならその心配がないということで赴任。真珠湾攻撃の後、ハワイ師団は第25歩兵師団としてガタルカナル攻防戦に投入されました。そこでジョーンズは、自分が射殺した日本兵の死体から家族の写真を発見してショックを受け、戦闘を拒否し、軍曹から一兵卒に降格されたと解説にあります。

小説について、今風に言えば全く空気を読もうとしない、それでいて組織から離れられないプルーの悲劇は現代に通じるものがあります。開戦前のハワイの様子や登場する女性たちの描き方も一筋縄ではなく興味深いです。この小説で美しく描かれているものは浜の景観くらいです。
by itsumohappy  at 16:15 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

出初式

曹洞宗の本山駐車場で、鶴見の出初式がありました。
風もなく好天でなにより。

まといがやってきた。まといって何に使うのかな。火消しの目印?
020107IMG_4543.jpg

020107IMG_4542.jpg

車両分列行進
020107IMG_4548.jpg

出初式特別塗装車?と思ったら、米海軍のだった。鶴見には海軍のガソリンタンクがあるので、そのへんから来たのかも。
020107IMG_4550.jpg

先導は、セドリック。横浜なので、日産車です。
020107IMG_4551.jpg

放水
020107IMG_4558.jpg

赤い車がいっせいにサイレン回して行進するのは迫力がありました。
こんなのが活躍しない年でありますように。
020107IMG_4552.jpg
by itsumohappy  at 15:08 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

駅伝

箱根駅伝復路の応援へ。国道15号線までてくてく歩きです。
12時少し前から観客がぽつぽつやってきます。鶴見辺りは中継所で応援する人が多いのか、沿道はそれほどこみません。
020103IMG_4485.jpg

今年は1位のあとがなかなか来なかった。
020103IMG_4519.jpg

けっこうな速さでいってしまうので、あまり写らなかったですー
020103IMG_4526.jpg

選手のそばに監督車?が走っていて、○分遅れだぞーとかなんとか言ってはっぱをかけています。
横浜からここ生麦まで15分位で来てしまう。意外に早いものです。最後の選手が来る頃には、先頭はすでに多摩川を越えていました。
いつも思いますが、マラソンって、楽しくなさそうだ‥。
by itsumohappy  at 21:17 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

頌春

明けましておめでとうございます。平和な一年となりますように。
020101IMG_4441.jpg

by itsumohappy  at 00:10 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック