仏果山・経ヶ岳

22日日曜日、お天気が大丈夫そうだったので、東丹沢を歩きました。高取山から仏果山、革籠石山、経ヶ岳を登り半僧坊に下りるコースです。ここは丹沢修験の道のひとつでした。
上がったり下がったりを繰り返しました。累積で登り900位はいったかなあ。

麓の町、愛川には、蚕の糸を撚る工場がたくさんあったそうです。
登山口手前。廃屋となった工場の中
k01.jpg

まだ木々はほとんど眠っています。1時間半ほどで高取山です。
k02.jpg

高取山の展望台から。春らしくもやもやですが、なかなかの眺め。宮ケ瀬ダムです。蛭ヶ岳には雪が残っていました。
k03.jpg

大山方面 
k04.jpg

隣の仏果山の展望台にも上がってみました。右の高取山からの稜線を歩いてきました。歩いていた道が見えるのは楽しいです。
k12.jpg

アセビ。けっこうな大木も多かった。
k05.jpg

ダンコウバイ。小さい花でも目立つ存在です。
k06.jpg

k07.jpg

仏果山には大勢の登山客がいました。
k13.jpg

切り立った尾根道を進みました。仏果山から先は人が少なかったです。
k08.jpg

日が当たると暑いのですが、ピークで風に吹かれると寒く感じる。脱いだり着たりでした。
だんだん疲れて、最後の経ヶ岳への登りが少々つらく‥>< 
k09.jpg

k10.jpg
よい天気だったのに、経ヶ岳にいるあたりから雲行きが怪しくなり雷が鳴りだした>< 大山には雨雲がかかって上の方は見えなくなっていました。
30分位不気味な音が鳴り響いていました。幸い、雨粒が少しだけ当たった程度ですんでよかった~

キブシ
k11.jpg

本厚木の町なかには、けっこう降ったあとがありました。油断できないなぁ。カッパはいつも持ってはいますが、傘はなかったので、下手するとずぶぬれでバスに乗るようでした。

この日はややハイペースだったため、後半がちょっと苦しかったです。
by itsumohappy  at 23:53 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

昆布売ほか

野村萬斎が主宰する「ござる乃座」公演を観ました(3月25日)。万作も出演しました。
平日でも満席です。狂言って地味なイメージですが、万作・萬斎でずいぶんお客さん呼べるようです。

nou03.jpg

この日の出し物は「昆布売」「宗論」「黄鐘早舞」「祐善」。
あらすじを読んでいないとわかりにくいかな‥。それでも聞き取れないところがそこそこあります。

「昆布売」は萬斎の長男も出演。…まだまだこれからですね(^^; 
「宗論」は浄土僧と法華僧のお話。狂言らしい楽しい作品です。萬斎には独特のオーラがあって、人気があるのもわかります。
「祐善」は、、聞き取れなくてよくわかりませんでした。

お囃子は地味です(^^;; 歌舞伎だと大勢でにぎやかですけれども、狂言は、3~5名ほどで、「よーぉっ」‥ぽん。「いょぉーっ」・・・ぽん。の繰り返し。こういう仕事をしている若者もいるんだなあ。
退場シーンも地味。セリフが終わりますと、すい。すい。と静かに去っていきます。

初めて行った国立能楽堂。なかなか立派です。
nou01.jpg

nou02.jpg
by itsumohappy  at 23:22 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『アメリカン・スナイパー』

150108000017-0.jpg

イーストウッド監督の新作(2014年)。
イラク戦争に4度(!)従軍したクリス・カイルの生き様を描く戦争映画です。ハードな戦場描写は、同監督の硫黄島2作品以来でしょう。いや『アメリカン・スナイパー』は、イラク市民の様相も入っているからこれら以上かもしれない。

私の、「戦争」のイメージは全て歴史上のものであって、近親者に太平洋戦争の体験者がやっといるような感じです。あと、映画で、朝鮮、インドシナ、ベトナム戦争ものを観たかなぁという程度。

イラク戦争では4,400人余りの米国人が戦死しました。米国にとって戦争はずっと続いている。こういう映画を観ると、日本はぬるま湯につかったゆるーい国なのだと痛感します。だいたい、160人を殺した史上最強のスナイパーは、米国では当然英雄視されるようですが、戦後日本の感覚では今ひとつぴんとこないような‥。

普通の愛国者が凄腕スナイパーとなっていく過程も、戦場の様子もつい最近の話なんです。シールズの訓練風景ではキューブリック『フルメタル・ジャケット』(こっちは海兵隊ですけど)を思い出しましたが。
映画は特別の感情が入ることなく、淡々と描かれています。監督は、主人公を礼賛するわけでも批判するわけでもない。ただひたすら現実を突きつける感じです。
by itsumohappy  at 17:46 |  映画 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

すっかり春

意外と寒いのですが、日が長くなり、おひさまが当たると花がいろいろ開いてきます。
今日はほとんど曇りのさえない日。いつものコースをお散歩しました。

梅はもうそろそろ終わりです。
寒緋桜
0315kanhi.jpg

木瓜。ぷっくりしたかわいさは格別。
0315bke.jpg

日向水木は地味ですが、春らしい色です。
0315hmizu.jpg

山茱萸
0315sashu.jpg

白木蓮。曇天でさえないけれどもなかなかいい感じに開いてきました。
0315haku.jpg

土佐水木
0315tosa.jpg


0315fuki.jpg

馬酔木
0315ase.jpg

早咲きの桜ですね。河津かもしれません。
0315saku.jpg

乙女という江戸生まれの椿
0315tsuba.jpg

帰宅してから日が差してきました。
春蘭が今年もたくさん咲きました。
0315shun.jpg
by itsumohappy  at 16:55 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

武蔵

今日午前、P・アレン氏のチームが、シブヤン海の水深1000mの海底に沈む戦艦武蔵の様子を中継しました。
くっきりした画面はスムーズでさすが現代のテクノロジー。南の海でもこの深さですと暗く静かです。魚類も数えるほどしか映りません。6.5万トンの船といってもどれだけ大きいかぴんときませんね‥。映った船体は、それほど藻などに覆われているわけでもなく、むき出しの鉄の固まり。ずたぼろで痛ましく、生々しい。詳しい人ならどの部分が何かわかると思います。
musashi2.jpg

アレン氏曰く
“The Musashi is truly an engineering marvel and, as an engineer at heart, I have a deep appreciation for the technology and effort that went into its construction.”

優れた技術だったからこそ、とてつもなく悲劇的です。沈没は1944年10月24日。1023名がともに眠っているそうです。
by itsumohappy  at 18:02 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

四阿屋山

8日、秩父の四阿屋山に行きました。あいにくの小雨>< カッパ着るかどうかの雨だったので、まあよしとせねば。春先は天気が不安定ですね。

登山口近くの節分草園
0308a2.jpg

節分草は、指先くらいの大きさで、キンポウゲ科のお花らしく、姿がかわいいです。ここは関東でも有数の自生地だそうです。道路際のなんてことのない林の中に一面に咲いていました。奥多摩、丹沢あたりでは聞かないなぁ。この辺とは地質が違うのかもしれません。
0308a1.jpg

0308a3.jpg

0308a4.jpg

杉林の中をえっちらおっちら上がります。意外と急登です。
0308a5.jpg

途中で福寿草園に出ます。ん? 辺りには民家や普通の格好をした観光客が(^^;
0308a7.jpg

蝋梅が満開
0308a6.jpg

ちょっと大きくなった福寿草
0308a8.jpg

0308a9.jpg

福寿草園の上が四阿屋山です。
両神神社の奥社
0308a12.jpg

鎖場やガレているところもあって気が抜けません。
向こうは両神山かなぁ。
0308a10.jpg

0308a11.jpg

また福寿草園まで下りてきました。今度は車道のあるほうを歩きました。
梅がきれい
0308a13.jpg

小鹿野の町
0308a14.jpg

薬師の湯に入って帰りました。
天気いまひとつでも、風がなくて歩く分にはよかったです。渋滞にも当たらずスムーズに都内に戻りました(^^;;
by itsumohappy  at 23:05 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

梅が香

梅が見ごろです。
大田区の池上梅園(4日)。この日は20度近くまで気温が上がりました。
0307ume3.jpg

0307ume4.jpg

これは家の紅梅。今日は小雨、10度いかないひんやりの一日。
0307ume5.jpg

ひんやりのほうがお花がもってよいです。
0307ume.jpg
by itsumohappy  at 17:46 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

伊豆の写真 その2

1日中けっこうな雨でした。

朝はまだ小降り。ホテル前が今井浜です。
0209k01.jpg

南伊豆に移動して「みなみの桜」並木を鑑賞。河津桜です。ここは初めてです。静かで落ち着いた雰囲気でした。川沿いの桜が満開で壮観。予想以上の規模でした。時間いっぱい走り回って見ました。
0209k02.jpg

0209k03.jpg

0209k062.jpg

0209k04.jpg

0209k05.jpg

河津町の原木は、自然交配らしきものが河原で発見され、あるお宅の庭で育てられて今けっこうな大木です。それがまだ樹齢60年ほどで、あとどれ位生きるかよくわからない品種です。この原木から接ぎ木などして増やされました。いっせいに咲いているのはそのためかなぁ。

このあと、船で清水に移動。空はどよーん、雨風強くなってきました。
富士山の雄姿を楽しみにしていたのですが(ノД`)(ノД`)(ノД`) 駿河湾クルーズなのに、船中で「何でも鑑定団」観ているってどうよ。

海上でも国道です。
0209k06.jpg

清水港が近づくと三保の松原が見えてきます。
0209k07.jpg

石垣イチゴのハウス。食べ放題でした。これも意外によかった。たくさん頂きました。
0209k08.jpg

0209k092.jpg

最後に三保の松原。「神の道」の雰囲気が情緒ありました。
0209k09.jpg

単なる浜辺かと思っていましたが、ここもよい所です。
0209k102.jpg

羽衣をかけた松の初代と2代目?かな
0209k10.jpg

富士山はあの辺らしい。
0209kmiho.jpg

富士山鑑賞はやはり真冬がねらい目ですね。ま、うちからはそれほど遠くないので、また来ますわ。帰りは、清水から3時間で東京駅に着きました。
by itsumohappy  at 23:05 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

伊豆の写真 その1

バスツアーで土日に河津や清水に行きました。
28日土曜は暖かく絶好のお天気。翌日の予報がばりばりの雨だったためか、道路大混雑でした。河津まで順調なら3時間程度ですが、この日は、浜松町出発から2時間経っても海老名あたりをうろうろ。まあ土曜だからしかたないとある程度は覚悟していました。はとバスツアーは初めて。車内、中国語や英語が飛び交っていました。

東名から見る富士山は大きいです。
0208k01.jpg

菜の花畑
0208k02.jpg

韮山反射炉
0208k03.jpg

反射炉すぐ脇、蔵屋鳴沢というところでつるし雛見学
0208k04.jpg

0208k05.jpg

男子の飾りは地味です。
0208k06.jpg

草餅のパーツが面白い
0208k07.jpg

伊豆の国パノラマパークで昼食後、ロープウェーに乗ろうと思いましたがあまりの混雑で、バスの時間に間に合わない、って係員に止められました><
河津桜を見に行くのは10年ぶり。以前よりもさらに有名になってすごい混雑らしい‥。しかし、予想をはるかに超えていました。昼食会場から早ければ1時間で河津、17時頃に下田白浜のホテル着の予定が、その頃になっても天城の手前、まだ山道にも入っていません。天城越えの道路が車でぎっしり埋まりました。河津に入っても、狭い道路を大型バスが思うように動けず、駐車場に着けたのは19時ごろ><><

夜桜見物になってしまいました。辺りは暗くて桜はどこ??状態。一部の区間しかライトアップしていません。そこまでとぼとぼと歩きました。
0208k08.jpg

0208k09.jpg

0208k010.jpg

ライトアップは地味でした。本当に一部だけです。都会と違って大々的にやりたくても財政的に難しいのでしょう。川沿い歩くのは無料ですから、人が来ても意外にお金が入らないのかも。
0208k011.jpg

夕食終えたのは21時過ぎていました。思っていたより良い夕食で元気を多少取り戻しました。
はとバスでは10年くらいこのツアーをやっているけれども、こんな混雑は史上はじめてとのことでした‥。昨年は大雪の影響で人は少なめだったらしい。今回の河津の混雑は、町の対応能力を超えていたように見えました。
この日の日帰りツアーバスは悲惨だったようです。沼津までに時間がかかり、はとバスの4台は、都内着0時まわってしまったとか。
by itsumohappy  at 22:32 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック