『資本主義の終焉と歴史の危機』

水野和夫著(2014年)。
少し前の新書です。現在と状況が大きく違うところがあり(特に原油価格の動向)、途中で止めようかと思いましたが、成長教から脱しようという主張が印象的だったので、ざざっと読みました。

著者によれば、資本主義には途上国という「周辺」の存在が不可欠ですが、こんにち、市場の拡大・成長の余地はなく、ゼロ成長すら困難です。資本主義の終わりが始まっているのに無理やり利潤を追求すれば、格差や貧困が生じ、圧倒的多数の中間層が没落します。それは民主主義の基盤の崩壊を意味します。

そもそも資本主義は、「内在的に過剰・飽満・過多を有するシステム」であり、その強欲さゆえに自己破壊を起こします。資本主義の最終局面では、経済成長と賃金との分離は必然で、日本では、1990年代後半から配当を増やすために実質賃金が低下しました。成長に期待をかけるほど雇用が犠牲になります。 

政府は、デフレ脱却、賃金上昇、経済の好循環などと言っていますが、金融緩和と財政出動による好景気は所詮バブル。技術革新で成長するのは21世紀では幻想であり、成長教にしがみつき続けることは却って大勢の人々を不幸にします。デフレも低金利も資本主義が成熟を迎えた証拠で、退治すべきものではないと記されています。

今の資本主義は、「粗暴な資本主義のための資本主義」に変質しており、そしてそれは必然である。今後は、脱成長主義、新しいシステムの構築が重要、とのことですが、ではどのようなシステムが理想なのかは著者にも明らかではありません。

著者は、ある種の世界国家を想定せざるをえないとします。グローバル時代では格差も国境を超えます。
少なくともG20が連帯して巨大企業に対抗して、国際的な金融取引に課税し、国境を越えた分配の機能を高める。あ、ピケティ教授も似たようなことを言っていますね。そして、日本については、消費税より法人税、金融資産税を強化する。資本家の利益のためにすぎない労働規制緩和の推進・法人税減税より、国の財政を健全にして分配の機能を高める。名目GDPを維持するためには国内で安いエネルギーを自給することに努める。そのような政策が必要と提言しています。
by itsumohappy  at 16:55 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『ドキュメント 御嶽山大噴火』

山と渓谷社の新書です(2014年)。噴火や救助活動の概要、被災者・救助隊らの証言、研究者のコメントなどで構成されています。

噴火は、紅葉どきで好天の休日昼というあんまりなタイミングで起きました。16都府県から来た57人が亡くなり、6人が行方不明です。
登山者ら噴火を体験した人々の話が貴重です。降灰、飛び交う火山礫、硫化水素ガスといういきなりの極限状況で、とっさにどう判断して動くのがベストか。結局のところ、助かったのは運、と多くの生存者が語っています。やはり、基本は一刻も早く下へ逃げることでしょう。火山には登らないことが一番ですが、人気のお山は火山が多いです。

噴火のニュースまで、常時監視火山は47あることを知りませんでした。那須や焼岳などもくもくしている山でさえ、登っている途中で噴火するかも?なんて意識しませんでしたし。昨年、日光白根山へ行った時も、天気予報はさんざん見ていましたが、火山警報のチェックなど思いもよらなかった。もし、あんなごつごつした山頂で、御嶽みたいに急にどっかーん!ときたら一体どうしたんだろう。

ですので、山に行く前にその山の歴史をひもとくことをお勧めする、と本書で火山研究者が語っています。それと万一噴火したら、撮影やメールなどせず、素早く逃げること。私もやたらシャッター押すのが好きなので、あの日の御嶽にいたら、世紀の一瞬!とばかり確実に写していたと思います。噴火写真を遺して亡くなった方々もいたわけで、悲しい教訓となりました。

気象庁によると、今後、47火山で大規模噴火が起きた場合、噴火速報を提供するとのことです。今までなかったのですねぇ。
by itsumohappy  at 23:30 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

春はもうすぐ

空気は相変わらず冷たいのですが、日差しが変わってきました。長い長い冬もそろそろ終わりです。
公園のマンサク。まず咲く、が名前の由来だそうです。これは赤色のマンサク。
0221man.jpg

ネコヤナギ
0221neko.jpg

場所によっては白梅がいい感じになっています。
0221ume2.jpg

これは家の紅梅。やっとぽつぽつ咲いてきました。
0221ume.jpg

クロッカス
0221cro.jpg

霜柱を割って出てきた貝母
0221baimo.jpg

クリスマスローズ
0221chiri2.jpg

下向きに咲くので撮りにくい‥
0221chiri.jpg

ひとつだけ出てきたフキノトウ
0221fuki.jpg

春一番はまだかなー。
by itsumohappy  at 18:37 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

鷹取山

14日、三浦半島の鷹取山を歩きました。
神武寺の駅からのんびりスタート。
お寺は落ち着いたたたずまい。人が少なく落ち着けます。
0214ji.jpg

途中の尾根道から見る富士山。風もなく比較的暖かい日でしたが、お昼すぎても雲があまりわかなかった。
両脇は箱根、丹沢です。
0214ji2.jpg

金時山と富士山
0214ji5.jpg

鷹取山はクライミングの練習場になっています。
0214ji4.jpg

0214ji3.jpg

田浦に下りました。3時間程度の歩きでも何となく靴がしっくりしなくて足が痛い。なかなか理想の靴に出会えないなあ><
帰宅後、普段はあまり出ない肩こりが‥。>< 頭痛が続きました。なんだかんだ体のあちこちに支障が出るようになって悲しい‥ 
by itsumohappy  at 22:37 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

シダンゴ山

7日の土曜日、腰の調子をみようと思い、久しぶりにちょっとだけ山歩き。お天気を期待しましたが、朝だけ少し青空で、どんどん曇ってしまった>< 

新松田からバス30分、終点の寄からスタート。
寄から見るシダンゴ山。里山風です。
0207s1.jpg

茶畑のわきをのんびり上がります。
0207s2.jpg

シダンゴ山頂の手前。歩いている人はけっこう多く、トレースをたどれます。
0207s3.jpg

あっというまに頂上。頂上には馬酔木の木がたくさん
0207s4.jpg

富士山の肩がちょこっとだけ
0207s5.jpg

伊勢沢ノ頭、檜岳方面
0207s6.jpg

海はかすんでいました。
0207s7.jpg

杉がもっと大きくなったら丹沢も見えなくなるなぁ
鍋割山方面
0207s8.jpg

蛭が岳、檜洞丸方面
0207s14.jpg

比較的暖かだったので山頂でけっこうのんびりしました。
宮地山へ向かいます
0207s9.jpg

ぱっとしない山頂
0207s10.jpg

茶畑が見えてくると寄が近いです。
0207s11.jpg

寄でロウバイを鑑賞。満開!青空だったらなー
0207s11-2.jpg

0207s13.jpg

0207s12.jpg

歩行たったの3時間でもばりばりの筋肉痛になりました‥
腰は遠くのほうでしびれていますが、悪化することはなかったです。まだ油断できないなー。
by itsumohappy  at 20:53 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

同じ空の下で

昨日、今日と晴れましたが、冷たい強風が吹きまくり。寒くて電気毛布が欠かせません。
8時近くまでぬくぬくのお布団から抜け出せず・・。TVつけたら悲劇が起きていました。

ただでさえ生気のない無機質な大地でナイフを振り回す「聖戦士」。私が安眠をむさぼっている頃、ジャーナリストはどんな気持ちで過ごしていたことか。

気の狂った集団は最強です。今日の新聞によると、彼らは、半年くらいの間に2千人近くの市民を処刑したらしい。こんなことがいつまでも続くとは思えないけれども、過激派はどんどん存在感を増す感じ。どうしてこんなことになったのか、だいたいシリア政府は何やっているのか、わからないことが多すぎです。
積極的平和主義?を目指すらしい日本、今後は、これまでにない、一定の覚悟を常に持たねばならないことを嫌でも実感させられます。

のんびり花を眺められるのは幸せです。。
白梅、紅梅、蠟梅。
150201ume.jpg

150201ume2.jpg

150201ro.jpg
by itsumohappy  at 22:07 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック