『夜明け前』

島崎藤村作。
1929~1935年の間、数回に分けて『中央公論』に掲載された藤村最後の長編小説。
文学史に必ず出てくる有名な大作で、受験生ならみなタイトルは知っています。文庫で4冊、どれも50~60数刷とかすごい版を重ねています。とにかく有名な本ですが、文学史上の価値はともかくとして、小説としてはこれって失敗作じゃない?まとまりがないというか、散漫というか‥。気のおもむくまま書き連ねた感じ。

幕末から明治初めの激動の時代、木曽・馬籠宿の本陣の主である主人公は、街道を通行する井伊直弼や和宮ほかさまざまな人々の動きから時代のうねり、移り変わりを感じています。
そして宿場町の住民は、参勤交代制の下、人馬継立などの労役に疲弊しており、田畑がさして作れぬ山中の生活はただでさえ苦しく、官有林の盗伐などして罰せられたりしています。

ペリー来航を機に、徳川の世は終わりをつげ、王政復古、戊辰の内戦等と時代は動き、人々の生活・意識も必然的に変わっていく‥というと、何かとてもドラマチック!な話になりそうなんですがこれがちっとも面白くなくて。ストーリーを楽しめるかも‥という期待は1巻目半ばにして捨て去り(というか以前も1巻目で止まったのだった)、では、維新の動乱と宿場町の人々の暮らしを解説するもの?として読み続けてみたものの…うーんなんとも中途半端という印象しか持てませんでした。

青山半蔵という主人公がはっきりしないキャラクターです。国学者平田篤胤門人として大政奉還でよりよい古代への復帰を信じるとか、古代の人に見るような素直な心をもう一度世に求めたいとか、何度も「古代」が出てくるのですが、抽象的な記述にとどまっていてぴんときません。まあ、そもそも時代の流れに背を向けて「古い神社へ行って仕えたい」「神仏混淆のいかがわしい仏像は焼き捨てる」などという主人公に全く関心を持てないというのがありますが。

新しい時代に抗う(いや抗うというのでもないかな、どっちつかずのような曖昧な態度にもみえる)にしても神風連の神官みたいに暴れるような突き抜け感はなくて、歌を書いた扇を持って天子様の列に突っ込んじゃうとかそんな程度ですし。
しがらみにがんじがらめで、はじけたくてもはじける勇気が持てず(はじけ方がわからず?)、鬱屈を続けるうちに気がおかしくなってしまった、とくくったら乱暴ですかねぇ。精読していないものですみません。

きょうび、わざわざ少なからぬ時間を割いてこれ読まなくてもよいです。ストーリーから湧き出る力強さがない。小説ではなく、説明で構成されている本です。
木曽町(宿場町)における庄屋の、或いは労役者の生活、明治維新と内乱、国学、それぞれに解説された歴史書でも読むほうがよいです。

日光例幣使が「脅迫と強請の外の何物でもない」とあったのは興味深かったです。500人ほどの大集団は、京都と江戸の一往復で「1年間は寝食いができる」ほど、街道沿いの人民に金品をたかっていたそうです。
by itsumohappy  at 21:56 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新年の花

もう1月も終わりですが新年の祝賀イベントでもらったお花です。
下座床(南方向に床の間がある)でもほとんど西にあるので、西方浄土みたいです。
130119hana.jpg

今日は暖かい日で、公園にもわりと人がいました。
今きれいなのはロウバイだけ。実によい香りです。
130119rou2.jpg

130119rou.jpg

福寿草でもまだこんな感じ。
130119fuku.jpg

あと、場所によって梅を見かける程度です。春はまだまだです。
by itsumohappy  at 22:24 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ひたすら寒い

晴天続きですが寒い。
お腹こわした影響で、走るのにも力が入らず、早足でお散歩。冷蔵庫の中を歩いているようでした。

いつもは誰一人いないお寺の境内。今日は七福神めぐりの方々でいっぱいです。
140111sho.jpg

水路にいるコサギはどこからやってくるのか・・。真っ白な姿が美しい。
140111kosa.jpg

水際に生えるフキは枯れなかったのか、もう生えてきたのか。
140111fuki.jpg

マンサクのつぼみはまだまだ固い。
140111man.jpg

ロウバイはいい感じにふくらんできました。
140111ro.jpg

いい天気なのに、気温も低いのに、富士山の影も形もなかった。雲が湧き出るのは海面の状態によるのかな。
140111tan.jpg
by itsumohappy  at 21:48 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『東京オリンピック』

市川崑監督(1965年)。
東京オリンピック。戦後の一大イベントですね。
年末にTV放映されていたので録画し、少しずつ観ました。
名前だけは知っている円谷幸吉、アベベ、チャスラフスカ、ヘーシンクたちが動いているのをはじめて見ました。ナレーションによると、戦後すぐのオリンピックに日本は参加を許されなかったらしい。ですが、国力を回復して国際復帰し、とうとうアジアで初めてオリンピックを開催!世の中、希望に満ち、輝いていた時代だったのでしょうね。

映画のはじめ、陸上競技がえんえんと続き、この調子で全種目紹介するのかと少しおののきましたが、後半に行くにつれ、あまり花形とは言えない競技はさらっと済ませていました。陸上が多かったのは、やはり躍動する姿が絵になるからですね。選手の体と表情をいろいろな形でとらえています。緊張の面持ちの選手に、見ている方までどきどきしてきます。

ときたま映る沿道の人々や町・村の光景が時代を感じさせます。
開会式の昭和天皇は威厳に満ちていました。バレーボール観戦する美智子妃殿下も輝いていた。
最後の、マラソンの部分を見て、当時の空気(大気)があまりよくなかったことがわかります。なんか、薄もやかかったようにどよよーんとしているんですね。下は舗装道路なのですが。

パンフレットが家の倉庫にありました。
140107oly2.jpg

140107oly.jpg

by itsumohappy  at 23:05 |  映画 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

寒の入り

今日は寒くて寒くて一日震えていました。うちは、朝は4、5度、日中は10度くらいしかなくて、暖房しないと手がかじかんでしまいます。曇天で気分もどんより。ホットカーペットの上でずっとじっとしていました。

明日からまた通勤か。。。。。日々通っている有楽町の通勤路が燃えてしまったようなので、違う道を通らないとだめでしょう。道といってもパチンコ店の通路で、2歩幅くらいでした。色とりどりの熱帯魚を見るのは日々の楽しみだったけど、みな焼け死んじゃった?のかなぁ。水槽の底から水漏れでもしてショートしたのでしょうか。
当初、火元の犯人扱いされたゲームセンターの隣のパン屋でお昼を調達していましたが、果たしてパン屋はどうなったか。カードのポイント貯めていたんだけど。。
by itsumohappy  at 22:30 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

参賀ほか

美術展の券をもらったので、参賀と合わせて行ってきました。
東京駅から二重橋まで三菱村のわきをてくてく。

明治生命館。対日理事会のあったところです。
140102kou1.jpg

入り口で緑の帽子の団体から旗をもらいます。
140102kou2.jpg

微動だにしないおりこうさんな馬とうれしそうな警官
140102kou3.jpg

あまりの人出にびっくりしました。前来た時(昭和天皇の時だ(^^;)は行列作ったりすることなく、ゆるゆる歩いていけましたが・・。荷物検査はともかく、ボディーチェックまであってまたまたびっくり。これで、第1回目に間に合わなかったよぉ><

二重橋を渡っています。大きな幟のたぐいは持ち込めないのですが、この方は合格したようです。
140102kou4.jpg

二重橋の奥にある橋を次に渡ります。
140102kou5.jpg

皇居側から撮ることはなかなかないですね。
140102kou6.jpg

お出まし後は、旗やカメラで、よく見えません。。常陸宮がおられなかった。
140102kou7.jpg

参賀終了後、和田倉濠の前で勢ぞろいの右翼さん。彼らは、横断幕しか持ち込めなくて、せっかく作った立派な幟は預かり所に置いてありました。
140102kou8.jpg
前に来た時は、もっと大時代な格好をした右翼さんが単体でもたくさんいて面白かったのですが、今日は参賀客のほとんどがごくごく普通の市民でした。
あまりの込みように驚き!でしたので、もうこれで参賀は見納めです。

次に、三菱一号館(美術館)の展示会を見学。
140102mitsu.jpg

開発で壊されてしまった建物を忠実に復元したものです。
140102mitsu2.jpg

旗は家のどこに置いても何だかしっくりしませんー。
140102kou.jpg
by itsumohappy  at 23:03 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

賀正

久しぶりに夜お参りに行きました。
近所のお寺でもそこそこの人出。3、40分待って鐘をつき、甘酒を頂いて帰りました。寒かった。。

昼間、偵察していた竹細工は明かりを入れるときれいに浮かび上がりました。
140101take.jpg

140101take3.jpg

140101take2.jpg

2014年が平穏無事な年でありますように。
by itsumohappy  at 01:24 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック