平常心是道

今日は、月1回の稽古の日でした。先月に続き、真之行台子。当然、教わりながらでないとできない・・。
それでもなんか今日は調子がくるっていました。古ふくさ持ち忘れたり、茶杓のせ忘れたり。いつもはそんなことないのに。職場で、来月異動のあることが気になっているのか、平静な気持ちになっていないとお点前に出るんですねぇ。

帰宅してあまったお菓子を薄茶で頂いた。菓子銘は「春の野」。あ、お菓子は左だったね。今気がついた(^^;
130330cha.jpg

夕暮れでぼけぼけ写真ですが。
ミツバツツジ
130330mitsu.jpg

スズランスイセン
130330suzu.jpg

チューリップの育ち具合が全然違うのはどうしてだろう。
130330tu.jpg

フタバアオイ。だんだんらしくなってきた。
130330futaba.jpg

こちらは地植えしたフタバアオイ。雪など今冬の寒さで死んでしまったと思っていましたが、生きていた。よかったー。
130330futaba2.jpg
by itsumohappy  at 23:54 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

懐メロ

先日、BSで日本人の愛する洋楽ミュージシャンのランキング番組が深夜にあり、一応録画して見てみた。誰が選んだのかわかりませんが、時代がいろいろ。ディランとかピンフロとか言われても私は全然ぴんとこない。少なくとも、アバ、キッスあたりまでこないと・・。歌って踊っているレディー・ガガってはじめて見た。さすがに今風ですなー。4位まできたら、残りはわかった。

ビリー・ジョエルもボノもぶくぶくになっちゃって(それでも数年前の映像)。でもS&Gはそのままの形で年取っていた。番組に出てきたカレン、フレディ、マイケル、ホイットニーなどは若くして死んでしまった。年でも、ぶくになってもやっぱり生きていて欲しかったよー。

光と影を感じるホテル・カリフォルニア。久しぶりに聞いたけど、永遠の名曲ですなー。D・ヘンリーのようなハイトーンのボーカルがけっこう登場した。S・ペリー、B・キンボール、スティング。
あ、この人誰だったっけ?と名前を思い出すのに頭使いました。

今って誰がはやっているのだろう。ぜーんぜんわかりません。
by itsumohappy  at 22:58 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

満開

雨予報だった日曜日、意外にも曇りで午後からはたまに薄日が差す天気になりました。
降っていなければ、迷うことなくお花見です。さすがに電車乗って遠出する元気がなかったので、いつもの公園へ。今時期、1週間で主役が交代です。
130325kab.jpg

連翹も種類があるようです。これは黄色が濃い。
130325kab2.jpg

花海棠
130325kab3.jpg

イカリソウ。山ではよく見かけます。
130325kab4.jpg

曇り空でもやもや写真ですがー。曇りでもそれなりに風情がありました。
ピンクの濃い桜は、ヨコハマヒザクラなる名前がついていました。
130325kab5.jpg

横浜で発見されたのか?
130325kab6.jpg

紅枝垂
130325kab11.jpg

最寄り駅からほど近い、地元の桜の名所まで足を伸ばしました。ここは昭和の初めまで遊園地があったところで、今は空地となっています。ソメイヨシノの大木がたくさん。
130325kab7.jpg

130325kab8.jpg

もっときれいに撮れたらよいのですが。桜の川になっていました。
130325kab9.jpg

もこもこです。
130325kab10.jpg

今日は幸い弱い雨だったので、まだ1、2日は大丈夫かな。
by itsumohappy  at 23:15 |  花・木 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

太閤一夜城

土曜日、小田原市にある「太閤一夜城と長興山史跡巡りコース」を歩きました。7キロ強の道です。「美しい日本の歩きたくなるみち500選」なるものに選ばれています。道といってもほとんど舗装路ですが、自然や歴史に親しむコースになっています。

箱根登山鉄道入生田駅からスタート。紹大寺に向かいます。
130324sugi.jpg

木立の中を上っていくと、みかん畑。境内があったところです。昔の建物は焼失しました。
130324choko.jpg

さらに進むと小田原藩主であった稲葉一族の墓所。二代藩主の祖母、春日局のお墓もあります。
130324choko2.jpg

お寺のある長興山には神奈川県でも数少ない自然林が残されていて、小田原市の天然記念物になっています。
130324choko3.jpg

樹齢340年という長興山のしだれ桜。エドヒガンの変種だそうです。昔に比べて樹勢が落ちてしまったらしい。
130324choko4.jpg

130324choko7.jpg

130324choko8.jpg

周りにある桜もきれい
130324choko5.jpg

イヌマキでしょうか、大木です。
130324choko6.jpg

駅の向こう側に行き、「生命の星・地球博物館」を見学。
130324chi.jpg

アンモナイト
130324chi2.jpg

岩石、化石が並んでいました。
130324chi3.jpg

先がまだあるので、ざっと見学。
130324chi4.jpg

130324chi5.jpg

博物館の説明によると、丹沢山地は南の海にあった火山島で、フィリピンプレートに乗って北上し、500万年前に本州に衝突したそうです。その後、ぐいぐいと内陸におしやられてできたらしい。

博物館から早川を渡って石垣山に向かいます。
130324michi3.jpg

山を上り始めると道端の段々畑にきれいなお花。後で調べたらシキミでした。
130324michi.jpg

シキミ畑です。お線香でも作るのでしょうか。畑にも道にも誰もいなくて聞けなかった。
130324michi2.jpg

けっこうな坂道をゆるゆる上がります。たまにトラックが行き来するだけの静かな道路です。
この辺りの、箱根外輪山の噴火物である安山岩を切り出し、江戸城の石垣として早川から海路で江戸まで運びました。
途中、何らかの理由で運べずに遺棄されたとみられる石です。
130324michi4.jpg

早川石丁場群という、石を切り出した跡地です。加工作業の様子がわかるとのことです。
130324michi7.jpg

キブシがたくさん咲いていました
130324michi5.jpg

コブシの大木
130324michi6.jpg

スダジイの古木。この辺りの代表的な樹木だったそうです。
130324michi8.jpg

坂を上りやや下ると石垣山の一夜城跡に到着。
秀吉が近江から連れてきた穴太衆が作った、野面積みという石積みが遺されています。
130324shiro.jpg

ここに小田原攻めの本営を築き、100日ほど滞在したとか。利休も秀吉に同行しここでお茶会しました。
本丸から二の丸方面。向こうに丹沢がうっすら見えました。
130324shiro2.jpg

相模湾が一望できます。この日は花曇りでぼやけていましたが・・。
あまり観光客が多くなく、のんびりできました。
130324shiro3.jpg

JR早川駅まで50分ほどの道を下ります。
春のお花があちこちに。
130324michi9.jpg

130324michi10.jpg

丘陵はたいがいみかん畑になっています。もうほとんど収穫されていました。
130324michi11.jpg

風もなく、また、ぎらぎらと照らされず歩きやすかったです。春は歩くのが楽しいです。
by itsumohappy  at 22:24 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

神代曙

昼休みに遠征。
国立劇場の神代曙が満開になってしまいました。
130321sa5.jpg

ほんのり差し色のピンクがなんともかわいい。
130321sa7.jpg

小松乙女も満開
130321sa4.jpg

半蔵門からの眺めは都内随一でしょう。
130321kou.jpg

千鳥が淵緑道は7~8分咲きくらい。
130321sa8.jpg

三宅坂。最高裁の前もきれい
130321sa3.jpg

国会図書館前もいい感じです。
130321sa.jpg

130321sa2.jpg

千代田さくら祭りは前倒しになりました。
千鳥が淵は、明日の夜から土曜日いっぱい、最高の人出となりましょう。
九段から出発するのではなく、半蔵門や二番町から歩くほうがよいです。
by itsumohappy  at 23:12 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

1分から9分咲き

この暖かさで、場所によってはソメイヨシノは満開です。
都会だけかと思っていたら、今朝、起きて外を見てみると、近所の公園が春霞状態。
慌てて飛び出した~
130320saku.jpg

春分の日にこんなに咲いているなんて記憶にない。
130320saku2.jpg

ソメイヨシノはやっぱり派手だね
130320saku7.jpg

満開だあ
130320saku3.jpg

大島桜も咲いてしまった。日曜日には数えるほどしか開いていなかったのに。
130320saku4.jpg

白と緑のコントラストがきれい
130320saku5.jpg

見物している人がまだいませんでした。例年ならお花見の場所取りしているのに。
130320saku6.jpg

白い木瓜もいいな
130320boke.jpg

花海棠が咲くのも時間の問題
130320kai.jpg

白木蓮が終わる頃に普通咲くでしょ、桜はー。
130320moku.jpg

日曜日はお花ひとつだったスミレが次々開いた。
130320sumire.jpg

こんな様子では都内は週末が勝負になりそうです。千鳥が淵に急がないと。
どうしてこんな陽気なのでしょう。何かの前触れですか(--)・・
by itsumohappy  at 18:06 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

辛夷

早春のお花から春まっさかりのお花にあっという間に変わりました。
いつも行く公園へ。華やかになってきた。
130317enter.jpg

連翹
130317ren.jpg

白木蓮。短く内側に沿っている右側が北です。
130317haku.jpg

片栗
130317kata.jpg

土佐水木
130317tosa.jpg

木瓜は、ぷっくりした感じが持ち味です。
130317boke.jpg

馬酔木
130317ase.jpg

杏かな。
130317anzu.jpg

牡丹のつぼみ
130317bota.jpg

雪柳
130317yuki.jpg

クリスマスローズの大きな株がありました。
130317rose.jpg

今日一番きれいだったのは、辛夷
130317kobu.jpg

こちらはちょっと種類の違う辛夷で、ほんのりした底紅タイプ
130317kobu2.jpg

かなりの大木です
130317kobu3.jpg

大島桜のつぼみもぱんぱんに。
130317ooshima.jpg

ふきのとう
130317fuki.jpg

藪椿かな。まだまだ椿もきれいです。
130317tsuba.jpg

生命輝く春は美しく、楽しい。
by itsumohappy  at 22:27 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

一気に春

急に春本番となってしまいました。
あんなに待ち遠しかったのに、今はあまり早く行き過ぎないでほしいと願うばかり。お花が何でもかんでも咲いてしまいます>< もう、街中の日当たりのよいところではソメイヨシノも開いてきてしまいました・・・。

クリスマスローズ
130316rose2.jpg

こちちらは二重咲きのクリスマスローズ。株が小さく、まだひとつしかお花が咲きません。
130316rose.jpg

チューリップがにょきにょき。
130316tulip.jpg

フタバアオイの目も覚めました。大雪のときに芽を傷めてしまったところが心配です。
130316futaba.jpg

130316futaba2.jpg

ミスミソウ
130316misumi.jpg

シュンラン
130316shun.jpg

今日はあまり時間が無かったので、家の周りの公園を少しだけ散歩。
ボケが満開
130316boke.jpg

カンヒザクラも満開
130316kanhi.jpg

ソメイヨシノももうすぐだー。予想では、今月中に満開になるとか。ちょっと早いよぉ~
130316saku.jpg
by itsumohappy  at 21:38 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

幕山・南郷山

日曜日、湯河原の幕山へ行ってきました。
一日中、強風が吹き荒れて、世の中は霞んでいました。車窓から見る海も水平線が見えないくらい。
地震が一番心配でしたが、大丈夫でした。関東大震災のとき、湯河原の手前の根府川駅など、駅舎が停車していた車両もろとも海に落ちちゃった位ですからー。

無事に幕山公園に到着~ 梅は満開やや過ぎ。今年は開花が遅れて、梅祭りが日程延長になったそうです。
130310ma.jpg

どこを撮ってももんやりした感じ
130310na.jpg

紅梅があると華やか
130310ma3.jpg

幕山までのじぐざぐ道を上っていくと、梅林が一望できます。
130310ma2.jpg

真鶴、湯河原方面
130310ma4.jpg

風びゅーびゅーのなか、頂上到着。カヤトの広場はお弁当広げる人たちでいっぱいでした。
130310ma5.jpg

南郷山へ向かいます。
130310ma11.jpg

自鑑水という史跡です。石橋山の合戦で敗走した頼朝がここで喉を潤し、水鏡で乱れた髪を直したところ、平家を破って天下を治める自身の姿が映り、自害をとどまったといういわれがあります。
130310ma7.jpg

水たまりだよねぇなんて言った罰かもしれない、ここで事件発生。
南郷山へ行くルートを間違えて遭難>< ずっと前を行く2人組を見ながら、ぼんやりと桧林の中の道を登っていくうち、何だかどんどん足場がフカフカになってきまして。踏み跡らしきもののような、そうでないような。ナンカ、オカシイカモ?と思いつつ20分ほど進むと前の2人組が休んでいて目が合った。やっぱり・・違いますよネ・・ということで、もと来た道まで撤退です>< その辺の踏み跡は、お山仕事の人のもので、登山道ではありませんでした。あーこの日に限ってコンパス持ってきてなくて>< 

なかなか道が見つからず、ちょっと悲しいモードになっていたら、下から別の2人組が登ってきました。押しとどめて、一緒に道探し。突然(に思えた)、思いっきり登山道!があって、無事生還です。
四方、全部同じ景色で、作業道との境を間違えてしまったようです。しかし、湯河原で遭難なんてしゃれにならんー。歩き出すとき、自分の頭で道や方角を判断しないとだめですね。

そんなこんなで、南郷山到着。
130310ma6.jpg

桧と杉の植林帯を抜けます。
130310ma8.jpg

山里近くになるとお約束のみかん畑に。
130310ma9.jpg

終点の五郎神社に到着です。お礼参りをいたしました。
130310ma10.jpg

この前の三浦アルプスでも道迷いがよくあるらしいし、里山系は意外とあなどれないです。
by itsumohappy  at 22:50 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ノートルダム・ド・パリ

130309notre.jpg
フランスから初めてやってきたミュージカルです。東急文化会館の跡にできた新しい劇場で観ました。
原作の一部の描写になってしまうのはまあしかたないです。人間の声はどこまで出るのか、と思うくらい皆朗々と歌っていました。フロロ役の人が歌は一番光っていたかな。
せっかくの珍しいフレンチミュージカルなのに、英語上演だったのが残念。

カーテンコールは写真OKでした。
130309cc.jpg

130309call.jpg
by itsumohappy  at 22:43 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

鍋島焼展

今日の関東はぽかぽかすぎて、歩いていてだるかったです。こんなに急に暑くならなくてもよいのに・・・。
新聞販売店で券をもらったので観劇のついでに久しぶりに渋谷の戸栗美術館へ行ってきました。

鍋島焼は、伊万里焼の技術がベースですが、将軍家の献上用ということで、伊万里焼と違って大きさや色などいろいろ指定されていたそうです。展示では時代を追って、絵付けの特徴や高台まわりの模様の変遷などが解説されていました。

最大で、赤、青、黄色、緑の4色を使うことがルールのひとつです。
ポスターのお皿では、牡丹の赤をべた塗り、線描、グラデーションで表現しています。
130309.jpg

静かな雰囲気の中、じっくり鑑賞することができました。
この美術館は、実業家が集めた7千点の焼き物を所蔵しています。松濤という場所柄、周りはけっこうなお屋敷だらけ。「松濤」は、茶釜の煮えを松風と潮騒に例えたもの。明治の初め、鍋島家がここに狭山茶を育てる茶園「松濤園」を作ったことに由来するそうです。
・・・高級住宅街でも電線はあるなぁ。
130309togu.jpg

お屋敷の白木蓮が咲き始めていました。
130309moku.jpg
by itsumohappy  at 21:36 |  展示会 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

東洋館と王羲之展

展示会の券をもらったので、久しぶりに上野に行きました。
入場制限していたので、新装なった東洋館を先に見学。
130301toyo11.jpg

外観はほとんど変わりませんが、中はシックな感じになっていました。ケースや照明を変えたのかな。
130301toyo.jpg

ほとんどの展示品を撮影できます。
130301toyo2.jpg

ラスター彩の器。ちょっと欲しいー
130301toyo5.jpg

饕餮文(とうてつもん)の酒器‥だったかな。持ち運びにも一苦労しそうな。立派だけどこれは欲しくない。
130301toyo4.jpg

縁起物の「おめでたい木」。鳳凰にお金模様の葉? きれいはきれいだけど、欲しいかどうかはびみょう。 
130301toyo10.jpg

官窯のコーナー。青磁や景徳鎮など。このお皿などものすごく大きい。もらっても困るかも‥。
130301toyo3.jpg

ここから欲しいものです。
青磁の合子
130301toyo6.jpg

青磁の椀。なんともいえない深い色合いでした。
130301toyo7.jpg

玳皮盞
130301toyo8.jpg

白磁。花模様が彫られています。実際は温かみのある白です。
130301toyo9.jpg

ゆったり静かに見学できました。展示品を前にいろいろ想像したり、久しぶりに「鑑賞」した気分になりました。
ただ、東洋館は複雑なつくりで、場所によっては階段下りると、2つ下の階に行ってしまったりします。そこは昔を変わらない。右往左往するうち、B1の展示室を見るのを忘れてしまいました。

新館に移動して王羲之展を見学。これがびっくり!です。会期終了間際だったせいか、展示室内は人の海。ケースの前に3重、4重に人垣ができていて、何が置いてあるのかわからない!書道展なのになんでこんなにこんでいる!? とりあえず、人垣の合間から覗いて、物自体はひととおり見はしましたがー。何が何だか全然わかりませんでした。もともと書道に関心もあまりないので、人波見るだけでおそれをなしたという感じです。 
130301tokyo.jpg

書ばかり並べてある展示会ですが、聞けば、ひと月あまりで10万人突破したとのこと。いやー大メディアの宣伝効果おそるべし。

双鉤塡墨(そうこうてんぼく)という技を知りました。これは、臨書ではなく、字の輪郭をトレースした後、字の枠内を細筆で塗るというものです。手で行うコピーですね。この技で、王羲之の書の複製を作ったそうです。そうして、書道の授業でもとりあげる蘭亭序の本物は、副葬品!になってしまいました。

いつもなら本館の展示室も回るのですが、力尽きて退散しました。
by itsumohappy  at 21:49 |  展示会 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

梅の香

昼休みにお散歩。庭園の梅がやっと見頃になりました。
去年よりも遅いかなぁ。
130301ume.jpg

そばを通るとふわっと香ります。今年はどこの梅園に行こうかなぁ。
130301ume2.jpg

夜からけっこうな雨。
だんだん雨が降るようになると暖かくなる。
あ、今日からお水取りが始まりますね。
by itsumohappy  at 20:45 |  花・木 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック