『運慶 -中世密教と鎌倉幕府-』

神奈川県立金沢文庫の80周年記念の展示会です。日曜日見学してきました。
unkei.jpg 

0130bunko.jpg
ここは、こじんまりとした展示館ですが、隣にある称名寺の雰囲気がよく、何度も訪れています。
運慶のデビュー作と位置づけられる国宝の大日如来(1176年)が奈良からおでましです。横須賀の浄楽寺からも2体展示されています。これらはたっぷりとした質感のお像で、生命力が伝わってきます。

お不動さんの表情が気に入った~ 800年以上も前のものですよ‥
所蔵している浄楽寺はもっと公開日を増やしてほしいな。
hudou.jpg

見学後、彫刻史の専門家である神奈川県博の館長、西川杏太郎氏の講演を聞きました。半世紀にわたり仏像などの研究をされています。
仏像の修理をすると技法のみならず仏師の思いなどいろいろな発見がある。運慶自身、1197年、一門を率いて東寺講堂の諸像を修理し、その経験を作品に活かしているそうです。西川氏によれば、運慶の作品から伺えるのは、あるべき木彫の姿を追求し続けた姿勢、当代一流の仏師としての誇り、篤い信仰心。作品は、表面をきれいに丈夫に仕上げているだけでなく、表から見えない部分でも手を抜いていないとか。例えば、京都・随心院にある快慶作の金剛薩埵坐像は、内刳り(表のひび割れを防ぐため、像の内側を彫る。時代が下がるに従い、刳りが深くなる)に失敗して薄くなりすぎてしまい、木屎漆や木っ端を使って内側を盛り上げ必死に?直しているのが修理でわかったそうですが、ボリューム感を大事にした運慶仏の場合はぜーったいそんなことはない。それと、快慶は、見えない部分は鑿あとが大雑把だが、運慶は内側でもそこそこきれいにならしている。

上代、大木や老木に神が宿ると人々は考え、そのような木から仏像が作られ始めた。雷が落ちた木は、神が下った「霹靂木」といいます。初めて聞いたよ~。貴族や武士からの注文に伴い、仏像が数多く制作されるようになると、大木も入手しにくくなり一木から寄木の技法になっていきます。でもよい木材が手に入ると、運慶はそれをできる限りまるごとメインの部分に生かそうと努力した。その作例が六波羅蜜寺の地蔵菩薩です。
講演の最後に、国宝・大日如来の模作の様子などをスライドで見ました。鋸など使わない、当時と全く同じ技法・同じサイズで作られたという完成品の写真を見ると全身金ぴかで何だか妙でした。時代が経ってぼろくならないと本当の美しさが見えないんでしょうかねぇ。

称名寺の浄土庭園
0130joudo.jpg

0130tera.jpg

まるまるとおいしそうな鳥さんたちがひなたぼっこ
0130tori.jpg

帰り道、なんと雪がちらついていました。今冬、はじめて触れる雪でした。
by itsumohappy  at 22:27 |  展示会 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

岩礁のみち

三浦半島の海岸を歩いてきました。三浦海岸駅からバスに乗って、「岩礁のみち」コースの入り口で下りてスタート。天気予報は曇り時に雪とか言っていましたが、幸い海のほうは穏やかで歩いていると暑かったです。
どこもかしこも大根畑。のんびりした光景の中を歩いていきます。
0129hatake.jpg

向こうは房総半島。富山などが見えました。
0129umi.jpg

海沿いを歩き、小さな港を迂回してまた海沿いへ、の繰り返しでした。
0129minato.jpg

場所によっては潮が満ちてくると歩けない部分もあります。ここはぎりぎり間に合った。
0129umi2.jpg

漁港のレストランで昼食。サバ、キンメダイ、タコなどが今はおいしいのかな。クロという深海魚の刺身と煮付けを頂きました。すごくあぶらがのっていて、おいしかった。最後は少し苦しいくらいでした。
0129kuro.jpg

ところどころ昔の人が住んでいた穴があります。ここは弥生時代の遺跡。卜骨が出土して有名になったそうです。
0129ana.jpg

実際見ると広々と明るくてとても開放感があります。
0129umi3.jpg

橋の左は城ヶ島。右が三崎港です。三崎港までスタート地点から15キロ弱くらいでしょうか。
0129jogashima.jpg

三崎港でまたおさかなタイム。マグロをはじめ、アジ、サバ、カワハギなど頂きました。どれもおいしかった~。
おなかいっぱいで帰宅。地面がずっと固かったせいか足がびりびりしています。
by itsumohappy  at 21:28 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『皇居の森』 ほか

姉崎一馬ほか著。新潮社のとんぼの本。
早くきらきらした葉っぱやお花をたくさん見たいなぁ。とりあえず写真でがまん。ということで、皇居の森の四季を撮った本を開いてみました。

115haの皇居には、樹齢200~300年のタブやシイなど、都の巨木の2割があります。特に吹上地区は、職員でも限られた人しか入らず、武蔵野の自然が大事に保たれています。敷地には、里山の植物のほか、様々な珍しい鳥や昆虫も生息。オオタカも繁殖しています。昭和天皇は、都内から里山が消え行くのを憂え、二の丸の雑木林を整備し始め、昭和60年に「昭和の森」として完成しました。

昭和30年代ごろまで、冬場は皇居のほとんどのお堀が全面結氷し、職員は昼休みにスケートをしたそうで。そんなに寒かったんだ・・><
この本の撮影場所は、ごく限られた範囲しか許可されなかった、とあります。あまり民主的ではないですねぇ。

皇居のガイドで、もう1冊『皇居の四季・花物語』というのも見ました。これは「国民公園協会皇居外苑」なる団体が監修しているもので、建物の歴史やエピソードなども詳しい。四季折々のお花の解説も丁寧なのですが、どの写真も小さすぎてがっかりでした。
by itsumohappy  at 22:47 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『競争と公平感』

副題「市場経済の本当のメリット」。大竹文雄著(2010年3月 中公新書)。
最近おざなりなつくりの新書が多いですが、この本は、行間も内容もわりと詰まっていて、時間をかけて書いた著作にみえます。

日本は、「市場経済への期待も国の役割への期待も小さい特殊な国である」ということが各種調査結果から導き出されるそうです。多くの国では、市場経済を信頼し、貧困対策は国に期待するという経済学者の標準的考えと一致した考えを持っているのだそうですが。

日本では市場競争に対する否定的な考え方が08年の経済危機以降急速に広まった。市場競争で格差が生じても「政府による再分配策」で解消すべきだという議論は主流にならない。
日本で市場主義が根付かなかった説明としては、「市場主義が大企業を保護する大企業主義と同一視された」ことが関係しているとあります。反大企業主義が反市場主義になったが、官から民へのスローガンのもと、利権が市場ではなく一部の財界に移された。それが反市場主義につながった、という解説です。

しかしながら、市場主義の否定は利権の奪い合いをもたらすだけで失うものが大きい。市場競争を否定するようなルールを設定するのではなく、競争がうまく機能するように政府はルールを設定し、国民はそれを監視することが大事である、と主張しています。

その他、著者の提言として、「役所が集めた日本の経済・社会のデータを公開し、政策効果の分析を世界に募る」「正社員の既得権益を見直し、正社員と非正規社員の間の雇用保障の差を小さくする(派遣労働規制の強化は経済全体の雇用量の安定につながらない)」「10年程度の任期つき雇用制度の導入など中間的雇用形態を作る」等々が挙げられていました。 
by itsumohappy  at 23:24 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

初稽古

今日も青空です。もうずーっと雨が降りません。ひと月くらい降っていないかも!?
紅梅のつぼみが少しだけですがふくらんできました。
0122ume.jpg

今月から稽古。3年ぶりです。正座が苦しい・・ビリビリですわ。
初釜に頂く花びら餅もひさしぶりでした。
0122hana.jpg

鎌倉のおみやげの饅頭。川端康成がしょっちゅう買っていた饅頭だって。八幡宮周辺は今日大変な混雑だったそうです。倒れちゃったイチョウの木はなんとかがんばっているそうです。
0122ma.jpg
by itsumohappy  at 23:55 |  その他 |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『タクシー運転手が教える秘密の京都』

矢貫隆著。昨年9月発行の本です。京都に住みたい私は、タイトルに「京都」が入っているとつい手がのびてしまうのだ。秘密の‥といっても別にあやしい話が満載♪というのではなく、運転手の日常をあれこれ綴ったエッセーに近い。著者は、タクシー業界の現状を取材するため、(取材であることは伏せて)学生時代にアルバイトした「Kタクシー」の運転手に再びなって、京都市内を半年間流した。そのときのエピソードが主体です。

京都で「先の大戦」といったら応仁の乱だ、とか聞きますが、この本によれば決して笑い話ではないみたい。「あんたは知らんやろけどな、応仁の乱のときは大変やったんやで」と年配客から何度も聞かされたそうです。特に市中の人は見てきたように話すそうです‥。あと、京都の人は、西利も生八橋も食べないって。有名な湯豆腐やさんにも行かないって。えーそーなんですかー。市民が行く町のお豆腐やさんには、どこもベンチがあって店先でお豆腐が食べられるようになっているそうですね。うちのほうでは見たことないです。

京都では、市中心部ならタクシー2000円でたいていのところに行けるらしい。3000円台、まして4000円台を稼ぐのは結構大変みたい。お客を奪い合い、何とか乗せるまで平均40分。時には1時間かかる。観光シーズンでもなければ、月40万円の売上を達成するのは困難で、40万の水揚げでも手取り17万円。京都のタクシー運転手の平均年収は、2000年354万円だったが08年は297万円。うーむ。02年、業界の規制緩和で、同一地域同一賃金が崩れ、値下げ合戦の結果、運転手の収入は下がる一方になったと。事故も増えている(それも空車時で)、という現状が紹介されています。京阪では初乗り500円台のタクシーがあるんですって?そういう運賃の安いタクシーは歩合制ではなく、燃料・タイヤ・修理代運転手持ちの「リース制」で、水揚げが落ち込んでも運転手を確保しておけば会社の経営が成り立つ仕組みになっているそうです。
by itsumohappy  at 22:08 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『ロング・グッドバイ』

R・チャンドラー作。The Long Goodbye(1953)の新訳(by村上春樹)です。

うー重かった。580ページくらいあるのよ。活字大きいけど。重くて、電車で持って読むのが苦しいから一気に読みました。なので、これだけの登場人物にもかかわらず、ちゃんと名前を覚えていなくて途中でこんがらがってしまった(^^; 一気に読めるということは、話も訳もいいんだと思います、たぶん。でも全体としてはそれほど面白くなかったな。先が多少みえるし。最近何読んでも面白くないので、たまには普段読まないタイプのものを読んでみようと思ったのだけどー。米国人っていつもあんなふうにしゃべっているのかなぁ。
by itsumohappy  at 23:56 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

吾妻山

東海道線に1時間ほど乗って神奈川県二宮町にある吾妻山へ行ってきました。二宮は、湘南のリビエラと一部で言われているところです。。茅ヶ崎あたりから長く裾野をひいた富士山がばっちり車窓から見えたので、とても期待して行きました。

吾妻山は標高136mの小山(というか丘)です。駅からのんびり上がっていきます。途中には水仙がいっぱい。
0116suisen.jpg

丹沢方面。右が大山。左方向に、三ノ塔や塔ノ岳、檜洞丸など。
0116ooyama.jpg

斜面の菜の花が満開でした。富士山は、雲に隠れてしまった(TT)(TT)(TT)・・ もう少し早起きしていれば(TT)・・でも今日あまりに寒くって体が動かなかったんですよね。まあ電車からきれいに見えていた富士山が、頂上に着く頃には消えているってよくありがちで。何度もだまされて?います!!
0116fuji.jpg
けっこう待ってみたのですが、雲が消えそうで消えず。前回来たときは富士山全く見えませんでした。今回が少しだけなら、次の機会に全部見えるんでしょうか。。

伊豆方面。
0116izu.jpg

帰りは梅沢海岸によりました。静かな海辺。
0116umi.jpg

二宮駅に戻りました。
駅前の銅像の少女が抱いているのはガラスのうさぎ。二宮駅は、20年8月5日、米軍機の機銃掃射に襲われ、駅舎にいた人たちが数名亡くなりました。『ガラスのうさぎ』の作者、高木敏子氏の父も犠牲者の一人です。
0116usa.jpg
by itsumohappy  at 21:11 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『オーケストラ!』

昨年公開されたフランス映画(かな?)。ソ連末期、偽楽団が「ボリショイ」をかたってパリ公演を行うというコメディ(かな?)。それなりに面白い話で役者もいいのに、映画のつくりを失敗しています。雑。どたばたのバランスがとれていない感じでもったいない。どたばた一辺倒にすればはっきりするけど、成り行き上、そういうわけにもいかず、却って中途半端になってしまったのでしょう。

concert.jpg
by itsumohappy  at 23:49 |  映画 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『秀吉と利休』

野上弥生子作。
超ひさびさの野上弥生子。倉庫から出してあったのですが、ずっと読まずにおいていた。また稽古もすることだし、と読み始めたところ、これがなかなか読み終わらない。文庫1冊なのに。文が特別難しいというわけではないのだが、何故かすらすらとは進まなかった。面白いか面白くないかどっちだと言われれば、うーーーん・・面白くなかった>< 秀吉と利休の話は今でも小説のねたになっているし、よく知られているエピソードもあるしで、物語の予測がある程度つくからでしょうか。

秀吉にとって利休はかけがえのない存在だった(利休にとって秀吉もそうだったように)が、同時に、憎く腹の立つものであった。腹が立つものと完全に絶縁するためには殺してしまうしかない、という恐ろしいお話です。しっかし、さらし首にして、ごたごたのもととなった木像まで磔刑に処すって、すさまじいです。。
by itsumohappy  at 20:52 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

初登り

9日、房総にある伊予ガ岳(336m)に行ってきました。千葉のお山ははじめて。うちのほうから電車では時間がかかるので、前々日にバスツアーに申し込みました。幸いまだ空いていました。鋸南町の水仙見物とセットです。
同じツアーのお客さんが、集合場所の手前で転び、額を切って大量出血!その人は、バス乗車直前にしてキャンセルです。いやー気の毒な・・何でも靴のひもを踏んだそうで。私も経験ありますが、登山靴って歩き始め引っかけやすいんですよねぇ。

出発が少し遅れましたが、順調にアクアラインを進み、2時間ほどでスタート地点に到着。
海ほたるの展望台。ここははじめて。風がなく暖かな日だったので、富士山は霞んでいました。手前左の丸っこいのは、トンネルを切ったカッターです。
0109umihotaru.jpg

登山口にある平群天神社。14世紀に北野天神を勧請したもの。後ろの山が、伊予が岳。千葉のマッターホルンと言われているとかいないとか・・。
0109jinja.jpg

暖かく、歩いていると暑かった。1時間ほどで早くも頂上付近です。頂上の手前はロープや鎖をつかまらないと登れないです。

頂上は明るく全方位の展望が開けています。なだらかな丘陵地帯に囲まれている感じです。
右のお山は富山。八犬伝の舞台になったところです。中心左奥に大島。
0109iyo1.jpg

右は鋸山。その左、三浦半島の奥が丹沢かな。富士山と南アルプスのようなのもうっすら見えました。
0109iyo2.jpg

中心の奥、なだらかなラインの山が千葉の最高峰、愛宕山。といっても408m。自衛隊のレーダーがあるそうです。
0109atago.jpg

伊予が岳はいちおう双耳峰です。北峰から見た南峰。
0109iyohoppo.jpg

こんな山容。手前の木はセンダンです。
0109iyozen.jpg

2時間の山歩きのあと、バスで、「江月水仙ロード」に向かいました。菜の花畑の脇を進んで行くと丘陵に水仙がたくさん。満開で甘い香りでいっぱいでした。ぽかぽか陽気のなか、1時間半位両脇の花々を見ながらお散歩。
0109nanohana.jpg

0109suisen1.jpg

0109suisen2.jpg

民家の庭先にも水仙がたくさん
0109suisen3.jpg

0109suisen.jpg

みなお日さまのほうを向いて咲きます
0109suisen4.jpg

蝋梅。白梅や紅梅も咲いていました。桜も早咲きのものが数輪咲いているのを見ました。
0109robai.jpg

最後に天然温泉「海辺の湯」に寄ってコース終了。
南総はとにかく明るい。きらきらしていて、すでに春でした。この辺は、うちのほうと習慣が違っていて、正月のお飾りが店でも家でもついていた。11日か15日に外すのでしょう。帰り道、心配していた混雑もほとんどなく、順調でした。
筋肉痛が、腕の付け根に出ました(^^;
by itsumohappy  at 18:53 |  旅行・山 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

今日の富士山

今日はほぼ一日快晴でした。神社に松飾りを置いてきたあと、高台から富士山見物。昨日の強風とここ数日来の冷え込みで空気がますます澄んだ感じ。でもくっきりしているのは、おおむね午前中だけ。午後になるともやもや感が増してきます。

0108fuji.jpg

神社でもらった暦によれば今日は初薬師。一年の無病息災を祈願する日らしいです。
by itsumohappy  at 21:20 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

七草

早くも松の内もおわり。完全に通常モードです。寒に入ってから寒くて寒くて寒くて・・。冷気がパシパシとあたります。今朝はとりわけ冷え込んだ気がしました。まぁ、都心の冷え込みなんて雪国に比べたらたいしたことないだろうけど、寒いんだぁぁぁ 富士山がきれいに見えるのだけはいいですね。せっかくの連休なので、急遽出かけることにしました。日曜日に初登りです。400mもありませんが♪

お粥はお腹が空いてきちゃいますね(^^;
by itsumohappy  at 23:20 |  その他 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

仕事始め

今朝の冷え込みはきつかったです。顔が切れるような・・ 今日、仕事始めですが電車は空いていました。いつもの3分の2くらい? 人とぶつかりあわないので、気持ちもゆったりできます。みな、帰ってこなくていいぞ。

お昼休みに遠征。山王日枝神社です。文字通り山の上にあります。境内はもちろん、そこに至る階段でもずっと行列。脇も敷地にそってずっと行列。昔はこんなことなかった。もちろん並ばないで、脇からそっとお参りしました。その後、お神酒だけ頂いて即退散。このお神酒がおいしかった。おなかにきゅーっときました。

0104sanno.jpg

今日、ここで2人ばかり和服(普通の袷)の女性を見ただけで、行き帰りの電車では和装の人は一人も見かけなかった。振袖でよたよた歩いている人は本当に消えてしまったなー。そうそう昔は、昼過ぎにお部屋で皆で軽く一杯やって、その後早めに帰ったものだけど、そんな文化もとっくに消えてしまった。

明日も富士山が見えるといいな。
by itsumohappy  at 21:44 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

目標

今年の目標。うーん。。。
まずは健康に過ごすことかな。平凡ですがー。
たくさん出会って感動すること。どんなことがらでも、或いは人でも。
生きながら死んでいるような日常が多いので、むりやりでもハツラツとすごしたいものです。

ああ、そうそうお稽古再開するので、ちゃんと復習することも大事だ(^^; 
これは備前焼の蓋置です。
0102futaoki.jpg
by itsumohappy  at 23:50 |  その他 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

頌春

あけましておめでとうございます。
もうお正月だからといってそれほど特別な気分になりませんが、久しぶりに行った初詣で、無病息災などを祈願してまいりました。やはり健康第一!ですもんね~

0101usagi.jpg

いつものようにニューイヤーコンサートを観ましょうかね。TVはそれだけ。どれも出演者がただ騒ぎまくっている番組ばかりに見えてね。
by itsumohappy  at 18:35 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック