海老根

海老根。今年はたったひと株だけ咲いた。だんだんどれも弱って困った><
0430ebine.jpg

牡丹。この木はなよなよしていて、死なないけれど全然大きくならない。
0430botan.jpg

矢車菊が咲きました。
0430yaguruma.jpg

ニオイアヤメ。ものすごく丈夫。あまり風情はないです。
0430iris.jpg

何となくまだ喉が痛いです。もう寝るのも飽きたなぁ。
by itsumohappy  at 16:43 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ふせった。

連日冷えたのがたたったのか数年ぶりに熱を出した。昨日はほとんど動けずしんどかったですが、だいぶ回復してPC触れるくらいにはなった。今日はせっかく休みをとっていたので、都内にお出かけする予定だったのに、断念。人ごみに出るにはまだちょっと不安です。関節の鈍い痛みがまだ残っています。お天気のいい日にふせっているのは本当にしゃくであります><
by itsumohappy  at 16:36 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ランナー苦手。

今日の新聞記事を読んで思い出したけど、皇居のまわり走っているランナーこわい。。向かいから来る場合は気がつくからまだしも、背を向けていると気がつかない。音がしないからすぐ脇を走り抜けていくときにやっとわかる。あれっていきなりなんでこわいのよ。私みたいに歩くようにへたへた走るのではなく、けっこうなスピードできっ!って感じで走っているし。お花見の時期などはそぞろ歩きしている老人も多いしねぇ。追突転倒事件起きてもおかしくない。なんか最近すごくランナーの数増えていますしね。

丹沢とか奥多摩の山中でもみかけます。こないだの高尾でもいた。やっぱり脇を通るときまで気がつかず、すんごくびっくりした。うわぁと叫んだら、あ、ゴメンゴメン・・みたいに手を挙げてにこーと笑い風のように立ち去った(外国人でした)。
まあ、排ガスのなかアスファルトの上をいくより体にずっといいし、気持ちもよいでしょうけどね。なんか、山道でもランナーはちょっと苦手です。。
by itsumohappy  at 22:43 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

青空

今日は気温は低いながらも光がきらめくよいお天気。久しぶりの青空がまぶしかったよ。
紅梅に葉っぱが出てきた。
0425sora.jpg

しばらくぶりで海のほうへ行ってみた。葉山マリーナのちょっと先あたり。空の右下あたりうっすら雲みたいのが富士山。てっぺんのところだけ。晴れたからって見えないのが富士山だなぁ。
0425umi.jpg
by itsumohappy  at 23:35 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『サド侯爵夫人』

三島由紀夫作の戯曲です。最近あまり上演されないような?
今、大西巨人とユゴーと吉川英治の小説を読んでいて、どれもまだ途中なのにまた別のものを読んだりする・・。まあ短いからすぐ終わります。題材の好き嫌いはともかく、読ませます、やはり。悪徳とは、貞淑とは、エゴとは。それらのせめぎあいを描くものです。善は実は偽善ではないか?結局悪には勝てないのか?さらさらと読んでしまったけどけっこう深いお話なんだろうな。

三島みたいのが私にとって「文学者」のイメージです。
久しぶりに鹿鳴館を読んでみようかな。
by itsumohappy  at 23:25 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

やっと止んだ。

なんか雨続き&冷え冷えの日々でした。体調がいまひとつ。今日になってやっと雨はやみ、薄日がちょっとだけさした。でも寒い。ストーブまだしまえないです。

ちょっとだけ近所の公園をお散歩。だいぶ緑が濃くなってきました。
0424yae.jpg

八重桜もまだまだいけます。これは松月?ぽんぽん鈴なりです。
やっぱり風が冷たいので早々に帰宅。
0424yae2.jpg

家の草は1週間経ってもまだこんな感じ。生育が遅いしあまり生き生きとしていません。
0424hochaku.jpg

0424naru.jpg

藤も目覚め始めたところ
0424fuji.jpg

10cmくらいの丈のフリージアがあちこちにあります。
0424sia.jpg

牡丹の花がのぞいています。
0424botan.jpg

日照時間が少なすぎます。いったいどうしちゃったんでしょう。
by itsumohappy  at 18:08 |  花・木 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

多摩森林科学園の桜

ここのサクラ保存林は、各地の著名な桜の遺伝子を保存するためにつくられました。200種・1700本くらいあります。日本の野生種の桜は9種類です。桜は異種と交配して実がつくそうです。現在300~400品種あるらしい。

2時位だったせいか人があまり多くなかった。落ち着いた雰囲気で最高です。人の中に桜があるような、ごったがえしている都内の名所なぞ目じゃありません。時期を違えていろいろ咲きますが、例年4月中旬がきれいとのこと。

木に名札がついています。名前だけで、いわれとか歴史とか何にも書いてなくてちょっとそっけない。聞いたことのない桜いっぱいです。気に入った桜・気になった桜の写真です。写真だとどれも似たような感じに見えますねぇ。私は直立・うすピンク系が好きみたい。

ホタテ。とあると何てかわいそうな名前・・と思いますが、「帆立」なんですね。花びらの形状からつけられたのでしょう。
0419hotate.jpg
  
従二八重桜 ジュウニヤエザクラ なんか従二位みたいですね。
0419juni.jpg

三ヶ日桜 ミツカビザクラ ぼんぼりのように白く光っていて人気を集めていました。
0419mitsuka.jpg

0419mitsuka2.jpg
   
御車返 ミクルマガエシ  これは京都のどっかのお寺にあって有名ですね。いい名前です。
0419mikuruma.jpg

衣笠 キヌガサ
0419kinu.jpg

兼六園熊谷 ケンロクエンクマガイ 山桜系ですね。
0419kenroku.jpg

このひんやり陽気だし、つぼみの木もたくさんあったので、今度の週末もまだ見ごろでしょう。写真の練習とかスケッチにいい場所ですね。JR高尾から歩いて10分くらい。入園は3時半までで、お弁当はいいけれど飲酒は×。樹木の観察林もあります。
by itsumohappy  at 23:21 |  花・木 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ぱっくり。

雪の降った土曜日、あまりに寒くてテンション上がらず、お山の用意も適当で、何か忘れているような気もしたけれど、高尾だからまあいいか~ケーブルあるし。と思い、昨日お出かけしたわけです。どうやらぬかるんでいるようなので、白い運動靴はやめて、むかーし買ったウォーキングシューズにしました。買ったばかりのコンパスも練習するつもりで持った。電車のなかで、2.5万図をみようと思ったら忘れた>< ううせっかく用意していたのに。まあ高尾だし何とかなるだろう・・。

JR高尾に着くとホームはお山スタイルの人たちで占拠状態。大月行きは、登山ツアー電車と化していました。今日はこみそうだ・・と高尾山口に着くとまだ8時過ぎだったせいか比較的落ち着いていました。3号路を使ったため頂上近くまではほとんど人とあわず、のんびり森林浴。その後、頂上から一丁平までの往復は、道がかなりどろどろ状態で時間かかりました。昼過ぎたら人も増え、後ろの人が気になるせいかあわてて?滑る人が多かった。大人だけならともかく、へんにはしゃいだ子どもが下りで走って転んだりするので、まきこまれたらあぶないです・・。

私は十年以上前に景信山から高尾まで歩いたことがありますが、道がそのときの印象となんか違うような。こんなに階段ってあったっけなぁと思いつつ、もと来た泥ぺったんの道を高尾頂上まで戻っていたら、連れの女性が、あ!と後ろで小さく叫ぶので、見ると彼女の右靴のソールがぱっくりと口開けていた\@0@/ おお、話には聞いていたが本当に起きるのだ。。たぶん泥道でとどめをさされたのでしょう。広い場所まで少し移動するうちにどんどんぱっくりしてきて、「もう全部とっちゃおうか~」とベリベリはがしにかかるのをとどめつつも、たしか紐を入れていたハズ・・とザックの中をおたおたと探していると(結局なかった(TT))、下りてきた中高年パーティーのリーダーぽいおじさんが、テープを巻いてくれました。これで何とか歩けました。おじさんに感謝です~♪ というか、たかが高尾とか言っていないでちゃんと準備していけよ>自分 ってとこです(TT)(TT) ぱっくり靴になると、歩けそうでやっぱり歩けないですよ。連れは幸いにも?鷹揚で、治療後の靴でもほとんど違和感ないよ~♪と言っていましたが、左靴も崩壊するかもしれないし、どきどきもんで下山です。登るときにお参りしなかった罰か?ということで、帰りはしっかり薬王院にお参りしました。ケーブル駅まで行けてほっとひと安心。
今日はもうこれで帰ろう・・と連れに言うと、「何とか大丈夫そう、せっかく来たし・・・」ということで、森林科学園におそるおそる遠征。街中なので、またたかをくくります? 入園するとき、受付の女性が気がついて、紐があるからちょっと待って!とビニールの紐をたくさん出して下さいました。ぐりぐり巻いて、パワーアップ。科学園は、予想に反し、けっこうな丘陵地帯だったのですが、歩道はしっかりしていました。予備のひももらったし、ちょっとだけ見学、のつもりが桜につられて保存林を一周してしまいました。

連れの靴は、10年以上前に買ったものでした。自分の靴だってけっこう古いし、危なかったかも。山歩いたあと、靴洗ったり干したりはしますが、行く前に状態を特別チェックしないので、今後は気をつけないと>< 非常時グッズ忘れないようにします・・。紐や針金くくりの練習もします><
by itsumohappy  at 23:03 |  旅行・山 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

高尾山と多摩森林科学園

久しぶりに早起きして高尾に行ってきました。本当は土曜を予定していたのですが荒天で・・。道にはけっこう雪が残っていました。場所によってはぬかるんでいてずるっと滑る人がたっくさんいました。

はじめて3号路を歩いてみた。南斜面の林を行きます。人が少なく静かです。スミレはほとんどなかった・・
0408san.jpg

ケーブル終点から1時間ほどで山頂。遠くはもやもやしていて、富士山は見えなかった><
奥は丹沢です。蛭ガ岳方面
0418yama.jpg

山頂は山桜が満開♪
0408top.jpg

一丁平手前にミツバツツジがきれいに咲いていました。
0418mitsuba.jpg

一丁平の休憩場所にはソメイヨシノが満開♪ このへんの桜は、昔、青年団だかが植えたものです。
0418iccho.jpg

帰りは1号路。楽な舗装道路を下りました。薬王院付近も山桜が満開。
0418yakuo.jpg

今日は第二部があったので、ケーブルでさっさと下山。
高尾駅に移動して多摩森林科学園まで歩きました。

ここは広大な丘陵地帯にいろんな樹木が植えられています。今の時期は「サクラ保存林」が美しい。ここははじめてだったのですが、思っていた以上に広大で、サクラ保存林だけでも1.5時間はかかりました。あらゆる種類の桜があります。
0418tama1.jpg

どこも絵になる風景でした。
0418tama2.jpg

聞いたこともない品種の桜が数多くありました。ゆっくりと自然の中を歩きながら桜を愛でられます。道もきれいに整備してあって歩きやすいです。
0418tama3.jpg
なんか眠いので続きの写真は後ほど・・。
by itsumohappy  at 22:35 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

木蓮

ここ3日ばかりの天気は異常でした・・昨日の都内の気温はいっとき札幌を下回りました。ゆうべうちのほうは霙。窓に粒が叩きつけられてすごい音だった。今日昼過ぎになってやっとうっすら晴れてきましたが、風は冷たく、今も家の中はく息が白い>< 今頃は陽光きらめく時期のはずなのにねぇ。藤で有名な亀戸天神では明日から藤祭りなのに、今日やっとお花が開いたみたいです。

日が少しだけさしてきたので近所の公園へお散歩に出かけた。
木蓮が見ごろ。紫のは白木蓮みたいに上に行くのではなく横に広がる感じがします。
0417mokuren.jpg

花蘇芳。枝にお花のかたまりがぽこぽこつきます。
0417suo.jpg

この八重桜は普賢象かなぁ。
0417yae.jpg

寒いので帰宅。
うちの鳴子百合と紫蘭。発育が遅い。
0417naruko.jpg

鈴蘭がやっとこさ出てきた。
0417suzu.jpg

山椒の花です。出たばかりの葉っぱは柔らかくいい香りがいます。昔は山椒の枝にアゲハの幼虫がよくくっついていた><
0417sansho.jpg

お茶の先生宅からやって来た黄色い宝鐸草。ちょっと足踏み状態。
0417houchaku.jpg

これも先生からもらった。白山吹。去年の実がまだついていました(^^;
0417yama.jpg

明日は都内でお花見の予定ですが、この風雨でお花は飛んでいってしまったのではないかと心配です。。
by itsumohappy  at 16:51 |  花・木 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

一葉

今日はうす曇。気温はまた下がってやや肌寒かった。春の陽気はどこへいったのでしょう。
そうは言っても咲くものはちゃんと咲いている。里桜(八重桜)の時期になりました。今日から大阪の造幣局の通り抜けが始まったそうです。何とか歩けそうな気温だったのでお昼に公園まで遠征。だんだん空が真っ白になってしまった><

一葉。いちよう。この写真じゃあまりよくわかりませんが、お花の中心から1本、細い葉っぱのようになった雌しべが出るのでそう名づけられました。左下のお花にちょっと写っている。
0414ichiyo.jpg

関山。かんざん。これはポピュラーな八重桜です。色も濃くみばえしますね。
0414kan.jpg

鬱金。うこん。うす緑色でめずらしい。
0414ukon.jpg

市原虎の尾。いちはらとらのお。洛北に市原というところがあるそうで、そこの出身。ほとんど白に近い色です。
0414ichikawa.jpg

今週になって銀杏の新芽が吹き出しました。
0414icho.jpg

花水木も咲き出した。
0414hana.jpg

寒いとお花がもっていいのですが、それにしても寒すぎです。
by itsumohappy  at 23:21 |  花・木 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『不幸な国の幸福論』

加賀乙彦著。
自分の価値観に縛られずに柔軟な思考で、社会や自分の状況の変化に対応しつつ世界と関わりながら生きましょう、ただしその場の空気や趨勢に流されてはいけません、ちゃんと自分の頭で考えましょう、と説くエッセー。人間の飽くなき欲望は遺伝子のなせるわざですが、足るを知ることが大事です。禍福がよりあわされているのが人生であり、急いで事を決してはいけません。とも言っておられます。
・・・ううこれ以上内容について書くことがなくなってしまった。特別変わったことは書かれていません。一般論としては誠にそのとおりなのでしょう。

著者は、陸軍幼年学校に通った軍国少年だったそうです。日本の破滅から再生を見てきた人にとっては、今の日本の状況が本当の不幸であるとは見ていないかもしれませんね。自分の未来を自ら閉ざしてしまった人の例として秋葉通り魔事件の犯人を挙げています。そういう、「自分にマイナスのレッテルを貼った挙句、自分を尊重する気持ちを失う」ような人々を精神科医の目から見ると、幸不幸も考え方次第だよって言いたくなるのかも・・。そりゃそうなんですが、閉塞的な気分を抱いている一部の若者は、硬直しているのは思考のありようというより社会のありようだと思っているかも~。

まあ、この本はそもそも気の持ちかたをアドバイスするものです。わかりやすい論ですが、なぜかあまりぴんとこないという矛盾した読後感です。
by itsumohappy  at 23:55 |   |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

石楠花

予報は少し外れて一日よい天気でした。昨日よりさらに気温が上がって日傘がないと長く歩けないくらいでした。
少し遠い公園までお散歩。もう石楠花が満開でした。これは、園芸種ですね。野山にあるのはまだまだだと思います。
0411sha.jpg

3mくらいはありそうな大木です。ちょっと色がきついかな。
0411sha2.jpg

これは桃の一種でしょう。
0411momo.jpg

日本たんぽぽ。あまり見かけないです。この公園にはたくさんありました。
0411tan.jpg

けっこう遅咲きの水仙があるものです。カップがサーモンピンクできれい。
0411suisen.jpg

純白の八重咲き。芯だけ少し赤い。白い花がのっぺらぼーにならないようにするにはどう撮ったらよいのでしょう・・。
0411suisen2.jpg

楓の花が咲いていました。
0411kaede.jpg

明日は今日より10度下がるらしい。今頃は着るものに困りますねぇ。
by itsumohappy  at 22:25 |  花・木 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

葛餅

本葛があったので黒蜜も作って葛餅~♪
あまり透明にならなかった><
0411mochi.jpg
こういう餅餅した菓子が好きです。葛は、寒天と違ってけっこうカロリーあるそうです。
by itsumohappy  at 22:11 |  菓子 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

今日は気温が上がってぽっかぽかの一日でした。
菫が一気に開いてあちらでもこちらでもお花が揺れています。
0410sumi.jpg

去年咲かなかった黄色い片栗が咲きました。
0410kata.jpg

いつのまにかシャガも開いていた。
0410shaga.jpg

パンジーの寄せ植えも3倍くらいの大きさになっていた。
0410pan.jpg

どんどん芽吹いてきます。緑の色がつややか。
鳴子百合
0410naruko.jpg

桔梗
0410kikyo.jpg

擬宝珠
0410giboshi.jpg

牡丹の小さな蕾
0410botan.jpg

鉢の整理をしました。枯れてしまったのもけっこうあった>< 
by itsumohappy  at 23:03 |  花・木 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

京都の写真 その2

4日の写真です。この日も晴天。お日さまの具合を考えるとやっぱり西でしょう、ってことで、早起きして嵐山へ。私はJR使うことが多いのですが、今回は嵐電で向かいました。地下鉄の太秦天神川駅から出るとすぐ前に嵐電の乗り場があります。ちょうど天龍寺の開く8時半頃着きました。もうお客さんがわらわらと入口に向かっていました。

天龍寺のお庭はバックにお山があるから雄大さは格別。
0404ten-ike.jpg

何本もある枝垂桜が満開。白いのが主体です。ああもう別天地。
0404ten-shidare.jpg

0404ten-shidare3.jpg

築山あがったところからの眺めが美しかったです。写真におさまりきれないです。
0404ten-shidare2.jpg

ミツバツツジはお庭に良く映える木です。
0404ten-mitsuba.jpg

あたりの空気がすがすがしい。嵐山大好き。お山に霞がかかるように桜が咲いていた。渡月橋を渡って中ノ島へ。
大悲閣のあたりでしょうか、遠目に桜が帯のようになっているのを見て、連れが、あそこは土砂崩れかねぇ・・って><
0404togetsu.jpg
 
中ノ島公園の桜もだいばくはつ。
0404arashi2.jpg

時間があればもっとゆっくりあちこち見たかったのですが、阪急で四条に戻りました。着いた電車からはものすごい数の人が。この日の嵐山は人で埋まったことでしょう。
0404arashi.jpg

知恩院前のお店で仏具を購入したあと、総本山へ。この辺りは人が多い。大型バスもいっぱい。
山門付近の桜
0404chion.jpg

0404chion-taho.jpg

門の下に置かれた法然さまのはりぼて。うーむ・・。造形大の生徒作。バナナみたいのは月ですね、たぶん。来年の法然上人800年忌の準備が進んでいるようです。
0404honen.jpg

門を横から見るのもいい感じ。
0404chion-mon.jpg

お参りのあとは祇園へ。新橋付近。
0404gion.jpg

四条に出るあたりまで桜いっぱいで大賑わい。
0404gion2.jpg

地下鉄で北上しました。
植物園。こんでいました。広いから歩けないほどではなかったですが。噂の桜林を見て納得。ここも満開だったのです。
0404shoku.jpg

お花がこんもりとなるよう剪定されていますね。これで上半分くらい。時々街中で見かける、大きくなってぶつぶつと切られてしまっている桜と違い、伸び伸びと枝をのばしてこれでもかというくらい咲いていました。ここの桜は幸せです。
0404shoku-somei.jpg

植物園だけあって染井吉野以外の桜もちゃんと植えられていました。
山桜。葉っぱもきれい。
0404shoku-yama.jpg

温室のわきに桜林があるのです。チューリップが整列していました。
shoku-on.jpg

半木の道の紅枝垂はこれからですね。
0404naka2.jpg

0404naka.jpg

山と川の景色も見せようと連れて行ったのだけど、老人、ずっとぼんやりしていた。疲れてしまったみたい。感受性が鈍ったようで何見てもあまり感じなくなった・・。などと言うし。おいおい。
0404naka3.jpg

では退散することにして、伊勢丹でお買い物。いやーここの混雑はすごかったです。通路狭いし。一番疲れた。和菓子屋さんではこれ!という菓子がなくてね。駅も人いっぱい。構内、座るところが以前より少なくなって、乗客はみな荷物抱えて右往左往。旅行もなかなか大変です。

1泊でもそれなりにまわれますけど、めいっぱい動いてしまって落ち着けないですね。日常から離れて旅するのだから少しのんびりしたらいいと思うのですが。
百万遍(知恩寺)に行けなくてちょっと残念でした。以上、京都の桜でした。
by itsumohappy  at 18:54 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

久しぶりの青空

今日の都心の写真です。青い空なんて久しぶり。またまた公園へ遠征することに決定。晴れていても案外気温は低く、歩き回っているうちに手が冷たくなってきたよ。

八重桜シーズンに突入です。
八重桜「松月」。品のある色です。
0408shogetsu.jpg

桜田濠。ランナーたちが走っていました。桜田門の後ろにマ元帥のおった第一生命ビルがちょっとうつっています。
0408sakurada.jpg

紅枝垂と枝垂山桜。
0408shidareyama.jpg

枝垂山桜はお花のボールみたい。
0408shidareyama2.jpg

コナラの若芽と花。
0408konara.jpg

八重桜「白雪」。たぶん。
0408shirayuki.jpg

今日の一番はこれかな。海棠ね。
0408kaido.jpg

春はいいな~♪
by itsumohappy  at 22:45 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

京都の写真 その1

なんか似たようなのばっかりですが、3日の写真です。
がんばって早起きし、9時半くらいに京都に着きました。蹴上に移動して、インクラインの上から岡崎公園のほうへ歩きました。

インクラインは地元の方多し。ここはゆったりした雰囲気でよいです。
0403ink.jpg

0403ink2.jpg

船には乗れないだろうなぁと思いつつも一応乗り場に行ってみると、もう5時過ぎの乗船券しかないとのこと。船は2艘みたいです。あまり乗れないねぇ。
東山をバックにしたたたずまいは街中とは思えない。というか、京都は田舎と都会が同時にあるところですね。
0403okazaki.jpg

0403okazaki2.jpg

美術館の前からバスで移動。 
真如堂。ここは桜の本数がそれほど多くないせいか人が少なかった。
0403shinnyo2.jpg

0403shinnyo.jpg

金戒光明寺。今回は本山めぐりも予定していたもので。真如堂から入るほうが下りで楽なので、お墓の間をぬって山門から出ました。さすが本山、立派です。山門前の桜もきれいでした。広大な境内は人が少なく落ち着けました。
0403konkai.jpg

0403konkai2.jpg

門前でお店を見つけられず、平安神宮の脇で昼食。となりにあったスフレの店は人気なんでしょうか、ものすごい人が並んでいたよ。
またさっきのあたりからバスに乗った。昼過ぎたらものすごい人出になっていて、バスもこみこみ。苦しくなって3つくらい先で降り、鹿ケ谷のあたりから哲学の道へ入りました。花いっぱいだが人もいっぱい。黒谷があまりに落ち着いていたので、ここの喧騒にびっくり。朝早く歩くのがいいんでしょうね。
0403tetsugaku.jpg

南禅寺。ここは広々としているので好きです。観光バスがひしめき、賑やかでした。
0403nanzen.jpg

蹴上から四条方面に移動。鴨川沿いもきれい。
四条大橋付近。
0403shijo.jpg

川端通り宮川筋付近。午後から光がさし、花がきらめいていました。
0403kawabata2.jpg

宮川町の京おどりを鑑賞。若柳流です。この日は初日でした。以前観たのは都おどり(井上流)。都おどりに比べると規模は小さいかな。おどりの差は、・・・わからない>< まあ、あんなものでしょう・・という感想なんですが(^^; 最近マイケルの踊りばっかりみていたので、日本舞踊だとどこの技に注目してみたらいいのか不明です。舞妓芸妓ばかりでなく地方を見ているのも面白かったです。
0403kyo2.jpg

0403miya1.jpg

三つ輪が宮川町の紋です。
0403miya2.jpg

京都には花街は5つ?ですか。やっていけるのかなぁと余計な心配をしたりして。
踊りが終わっても外は結構明るい。さすがに関西。歌舞練場から歩いてすぐのところにあったフレンチレストランで夕食とったよ。なんかね、最近粗食のせいか、スープ出るまでにお腹いっぱいになってきてしまいました。食事に2時間かかった。そういう配分でサービスしていました。普段10分位で食事しているがさつな私なので、時間持て余した・・。まあ、一緒にいる相手にもよるかもねぇ>< 歩き疲れて、話もうまくできずに呆然としている老人とでしたから・・。
じりじりとしながらも?食事を終え、鴨川を渡って河原町の方へ。

帰り道、かなり寒くてふるえました。セーター持っていてよかった。
木屋町通りのライトアップ。四条付近。どこまでも桜並木が続いていました。
0403kiya.jpg

宿泊した新都ホテルは、八条口側でした。駅前といっても何だか遠く感じました。
(続く)
by itsumohappy  at 23:38 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

たちあがれるのか日本

なんかねぇ。ぱっとしない。離党するのはいいけれど、どの人もどの人も清新さがない。命名したとかいう石原なんてもう過去の人。発想は「がんばれ日本」の延長だったりして。料亭ではなくガラス張りのレストランで決起談義?したところが目新しいかな。

今の政権、思っていた以上にもうひとつ。場当たり的というかふらふらしていて頼りない。あまり考えているように見えない。主張の違うところと連立すればどうなるか前々から予測できたはず。金の問題もうやむやのうちに終わるんでしょう。小沢氏は当然として、焦点が定まらないような目つきの総理を見るのもうんざりしてきた。

それにしてもあのお祭りのような郵政解散は一体何だったのかな。
銀行から国債買いませんか~とたまに言ってくるけど買わない。もう何だか恐ろしくて。
by itsumohappy  at 23:25 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

桜吹雪

今日の都心の写真です。お天気だったのでがんばって遠征。はや桜吹雪です。昨日の雨でだいぶお花が落ちてしまって。やはりここを歩かないと落ち着かない(^^;

国立劇場前の神代曙。もう終わりで色があせていました。ところどころピンクが濃くなっているところがなんともかわゆい。
0406jindai.jpg

千鳥が淵公園の桜。お弁当を広げる人たちの上に花びらがはらりはらり。
0406park.jpg

木の下の池には何千何百のおたまじゃくし。こんなの久しぶりに見た。
0406otama.jpg

半蔵濠。ハナダイコンが斜面にたくさん。
0406hanzo.jpg

右側は半蔵門
0406hanzo2.jpg

英国大使館
0406emba.jpg

ユリノキの新芽です。
0406yuri.jpg


明日は雨って言っているので、都心のお花見はぎりぎり今日までですねぇ>< 今夜の千鳥が淵はこみそうです。3日程度しか楽しめない満開の桜。また来年。
by itsumohappy  at 22:32 |  花・木 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ゆったりできない

桜にひたっていたせいか今日はぬけがら状態でした・・。私は旅行行ってものんびりゆったり過ごすことがどうもできなくて、めいっぱいかけまわってしまいがちです。それでも今回は老人を連れていたので、フル稼働ではなかったですが。地図や路線図とにらめっこしながら、これくらいの時間があれば、こことそこと、もしかしたらあそこにも行けるかもしれない!などと思い、気がつけば走っていたりする(--; 時間配分して、仕事?みたい。なんか忙しいんですけど(--; 桜を見ても見てもまだ見たい~。あそこにはもっともっとあるのでは?などと、とどまるところがありません(--; 困ったものだ。それでいて、街中だと行ったことがないところでも、何となく雰囲気の予想がつくんですよねぇ。つまり植栽にだんだん目が慣れてきて、感動する場所がなくなってしまったって感じ。うまく説明できないなぁ。
写真は、整理して後ほど載せます~。
by itsumohappy  at 23:56 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

帰ってきた。

土日は京都でお花見。お天気に恵まれ、しかもどこもかしこも桜大ばくはつ。染井吉野と枝垂桜(白いの)が見ごろでした。

とりあえずの一枚。
天龍寺のお庭。ここは何度も来ていますが、枝垂桜の時ははじめてでした。ミツバツツジもきれいでした。

0404ten.jpg

あまりにたくさん桜を見てしまって、おなかいっぱいです(^^;
by itsumohappy  at 22:58 |  旅行・山 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『人間の土地』

サン=テグジュペリ著(1939年)。

倉庫の片づけが一段落し、整理中に目に付いた図書を読んでいます。薄いからいいか、って思ってまずはこれ。昭和30年の新潮文庫。ぶーぶー紙のカバーがついているだけで、岩波文庫と変わらないような装丁です。古い漢字使っていて、これが読みにくいんだよねぇ>< 小説だと思ったら随筆でした。わりと高尚な文・内容で意外に時間がかかった。堀口大學訳だからかな。

サン=テグジュペリが、郵便輸送の会社でパイロットしていた頃などの思い出を通じて、人間の使命や本質を洞察する内容です。昔の飛行機ですからよく不時着したり事故に遭ったりしています。今と違って、自然と一体となって飛びながら、人間と人間の住む大地をじっくり観察できた。その、昔の飛行気乗りならではの感覚が、風・砂漠・星々・海の描写などから伝わってきます。

人間らしい生き方に関しては、こんな風に語っています。
・・・人間であるということは、とりもなおさず責任をもつことだ。人間であるということは、自分には関係がないと思われるような不幸な出来事に対して忸怩たることだ。人間であるということは、自分の僚友が捷ち得た勝利を誇りとすることだ。

アフリカの「不帰順民」との交流、アルゼンチンでお呼ばれした家庭、「あらゆる財宝を与えられているフランス人」を見て、アラーの神が信じられなくなっているモール人(ムーア人のことかな?)たち、リビア砂漠に墜落して砂漠を彷徨する体験などのお話が印象的でした。

「精神」の風が、粘土の上を吹いてこそ、初めて「人間」は創られる。
最後はこんな文で終わっています。

この作家は有名ですが、星の王子様しか読んだことがなかった。もう一冊、著書があったので、そのうち読んでみましょう。
by itsumohappy  at 00:27 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

いつのまにか

なまぬるい風が吹くなか、とぼとぼと帰り道歩いていると何かあたりがいつもより白い・・。近所の染井吉野が満開状態でした。街灯に反射してぼんやりと光を放っていた。いつのまに!全く油断ならない。昨日は半分も咲いてなかったぞ。明日は電車の中からもお花を楽しまないと。お昼休みは遠征できるかなぁ。なんか雨だっていってるんだよね>< お堀に行かなければ気分が落ち着かないです。でも雨で散ってしまう!?
週末、お花見に出かけるので、そちらの咲き具合を楽しみにすることにします。
by itsumohappy  at 23:43 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック