好日

今日は暖かく、さわやかな風が吹いてよい日和でした。先週、ストーブの前で震えていたのが信じられません。

お花もめっきり減りました。
今年買ったツワブキが咲きました。花の大きさがちょっと小さいかな。
1031fuki.jpg

このホトトギスは清楚な感じでよいです。
1031hoto.jpg

水仙の芽がにょきにょき。
1031suisen.jpg


虫干し日和でした。タンスのなかがあふれて収拾つかなくなったので、整理しました。といってもひとつの引き出し開けるだけで疲れてしまった・・本棚でもそうだけど、いれものから物を出すと思っていた以上の量になります。またしまうと何が入っていたか忘れるので、写真で記録。

祖父母のものがどれもよれよれのたとうに入っていた。
1031haori.jpg

この絞りの羽織は着られるかもしれない。
1031shibori.jpg

着物は地味だなぁ。。
1031awase.jpg

羽織袴はしつけがついたままだった。こういうのは一体どうしたら・・。誰も着ることないし。タンスにただしまっておくしかないですねぇ。
1031hakama.jpg
by itsumohappy  at 19:58 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

とうとう買った。

使い方もよくわからないんだけど、足腰の不安が大きくなりとうとうポール買いました。
お店で見るものは1本だと1万円前後の高いものばっかりで、たかが棒なのに・・と思ってなかなか手が出ませんでしたが、たまたま見ていたさかいやの通販で手ごろなのがあったので。2本セットで6千円ちょいでした。今年使う機会はないかもしれませんが・・。

調整する留め具の部分がやたら固くて壊れているのかと思った。ねじを緩めればいいって書いてあったのですが、あまりに締め上げすぎていて、全然ドライバーが動きません・・><

pole.jpg
by itsumohappy  at 23:58 |  その他 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ささやかな楽しみ

毎日の通勤が憂鬱でたまりません。以前は何とも感じなかったのに・・。
晴れている日で、たまたまその日、窓から外をうまく見える位置に立てれば、多摩川を越えるとき丹沢の方向を見ます。富士山が見えればその日は何となくいい日かも!と思うのです。

不思議なもので、快晴でも山が全然見えないことも多い。やはり冬場はよく見えます。今日見えた富士山は、今年の冬以来はじめてといっていいくらい大きな美しい姿でした。真っ白で、くっきりと迫って見えた。あーーお山に行きたいよー。もうどこの葉っぱもみんな落ちちゃうよぉ。

くっきり富士山が見えても今日は特別いいこともなかった。それはわかっていても明日も見えるか窓をのぞくだろうな。
by itsumohappy  at 23:58 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

辺野古の海

写真の整理が苦手で、古いプリントはお菓子の空き箱にばさっと入っています。最近はもっぱらデジカメなので、PCやCDに移して終わりですが。

箱の中に、5年くらい前に沖縄で撮った写真が2枚だけ残っていました。
↓辺野古(普天間飛行場の移設予定地)の海。移設反対!を訴える人たちの舟が浮かんでいました。彼らは、手前の陸側、つまり米軍基地(キャンプシュワブ)に向かって訴えていたのです。
sea.jpg
なんか暗い写真ですが、私の記憶ではとーってもきれいな海で、青というか緑色がきらきらしていました。そのうちここを埋め立てて、1600メートルの滑走路が2つできる・・何だか信じられないね~、などと我々見学者は言っていました。

普天間の街。奥にちょっとだけ緑になっているところが普天間飛行場です。街の中にでーんとあるのが丘の上から見えました。海兵隊のヘリ部隊などが使っているらしい。ヘリを飛ばすなら嘉手納からでもできるだろう、と私なぞ簡単に考えるのですが、それが可能ならとっくにそうなっていたでしょう。そもそも海兵隊が駐留する必要があるのかということもよくわかりません・・。当時、沖縄の海兵隊はイラクにも行っていると報道されていました。
base.jpg
by itsumohappy  at 23:50 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ふらつく。

整形で処方されたのは、ロキソニン・ムコスタ・ミオナールと湿布のモーラステープでした。ロキソニンを1日3錠も飲んだら却って具合がわるくなると思ったので、筋肉の緊張を緩めるというミオナールだけ飲んでいました。そうしたら、副作用でふらつくんですよ(--; 先週、たまたま駅のホームを歩いているとき、くらくらっときたので、慌てました。普段薬を飲んでいないせいかよく効いたのかな。怖いんで今日からは湿布だけ。幸いもうほとんど痛みはありません。

ここ数日異様に寒いので、ストーブ出してフリースにくるまり体を冷やさないようにしています。あと、これ以上太らないよう、食事を控えめにしています。痛みが消えたら、運動、ですが、なかなかどの程度までっていう加減がよくわからないですねぇ>< 

腰を痛めるとどこにも行かれないということが嫌というほどわかりました。ただ、何が直接の原因だったのかは不明です。。知らず、疲労が蓄積されていたのかなぁ。
by itsumohappy  at 22:47 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お買い物。

今日は帰りに、丸善本店にできたという松岡正剛プロデュース「松丸本舗」を見に行きたかったのですが、へたへた歩きで丸の内の雑踏をぬう元気がなかったので、かわりに銀座東芝ビルに今月オープンした好日のお店に行ってみました~。

今、このビルには中途半端な店が多くてあまり期待していなかったのですが、好日はずいぶん広いスペース占めていてびっくり。品ぞろえもよかった。見るだけのつもりが、「特価品」につられてちょっと買ってしまいました・・。

1024.jpg
サバイバル・シートは、表(裏かもしれないが)が金色で裏が銀。なんかクリスマスのラッピング材みたいです。スタッフ・バッグってはじめて買ったけど、何入れるんだろう。服?
今は何でもカラフルなものが多くて見ているだけでも楽しい。「星と嵐」のDVDは今日は我慢しました。

有楽町、東京駅付近には、これまで手頃なお山の店がなかったのでうれしいです。
by itsumohappy  at 23:20 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

診断下る。

整形行きました。写真を見て先生が、「腰椎の前彎がちょっと減ってますねー。椎間板とそれを支える筋肉が炎症を起こしているのでしょう」と診断。痛みの原因は、、、運動不足とか、あと加齢ですかね、、だって(泣

プールは?温泉は?マッサージマシンOK?少し痛くても歩いたほうがいい?それともごろごろしているのがいい?養命酒って効く?体操はどんなのならいい?減ったところはもとに戻る?等々えんえん尋ねる私に先生は「お風呂がいいですよ~」と。骨はね、減っていくって。(泣  まだ、尖った部分が見えないから大丈夫と慰められた。なんでも骨の先が尖ってくるんだそうです。

鎮痛剤とシップをもらって帰りました。早く治して、職質されないようにしたいです♪
by itsumohappy  at 22:54 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

職質。

昼ごろ、大遠征して最高裁判所付近をへたへたと歩いていたら、警官が、「どこ行くんですか?」と聞いてきた。こういうとき、「どこ行こーと私の勝手じゃ」とか答えたら逮捕されちゃうんですかね。別にごく普通の公道なんですよ。他にもいっぱい人歩いていたのに、私よっぽど怪しい動きをしていたのかなぁ><  「職場に帰るところです」と言っただけで、あっさり引き下がったのもなんか納得いかない。どうせならもっといろいろ聞いてよ。と思った午後のひととき。
by itsumohappy  at 22:27 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『女三人のシベリア鉄道』

森まゆみ著。(09年集英社)

シベリア鉄道でパリまで行った経験を持つ三人の女性作家(与謝野晶子、中條百合子、林芙美子)の日記や著作をもとに、彼らの足跡をたどる紀行文です。
ウラジオストク或いは大連より(東清鉄道経由になる)モスクワを経て、ベラルーシ、ポーランド、ドイツを通過しパリに向かうという長い旅です。

晶子はウラジオストクから、百合子・芙美子は釜山から平壌、長春、ハルビンを経由してシベリア鉄道に乗りました。今、朝鮮半島を通過することができないので、著者は長春に出る際は、大連ルートを使っています。

女性作家たちが、それぞれに異なる社会観・価値観で書き残した、当時の欧州やロシア(ソ連)の都市や人々の様子を紹介しつつ、著者自身の印象記もまじえるという、時間軸が前後するやや複雑な構成です。でも違和感なく読めます。

シベリア鉄道、乗ってみたい。モスクワまではちょっと大変そうなので、イルクーツクあたりまででも。シベリアの森、バイカル湖を見たいなぁ。
by itsumohappy  at 23:28 |   |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

病気が怖い

元気がないので悲観モードです。もしかしたら内臓にガンでもあるのでは!!とか妄想全開です。でもくしゃみが響くということは多分ガンとは違うだろう・・と勝手に診断しています。

札幌で13年ぶりに現地に住む従姉妹に会いました。JRタワー上の夜景の素敵なフレンチレストランで食事をしたとき、従姉妹は糖尿病の薬を飲んでいた。一生飲み続けるって言っていました。デザート、どうすんの!!と聞いたらどれも半分だけ食べてあとは残していた。ばくばく猛スピードでデザート盛り合わせを食べている私を見て、従姉妹が、ひろちゃんも気をつけたほうがいいよ。とぽつり。

従姉妹の親(私の叔母)は今、自分でインシュリンを打っています。思えば祖母も晩年糖尿病で苦しんでいました。お菓子の大きな丸い空き缶箱の蓋裏に10種類位の薬をサンプルとして貼り付け、それを見ながら箱内の薬を日々飲んでいました。時々低血糖になって、飴玉とかジュースを摂って持ち直していました。

糖尿病になったらどうしよう(TT) 目が見えなくなったり、足切ったりしたら、、、やっぱり食生活がかなり影響するというので、これからは、コーヒーには砂糖を入れない。食べたことのあるお菓子は基本的に食べない。ロイズのチョコレートは一箱だけ買う。大きなサイズのケーキは買わない。等々の誓いを立てました。 
・・・いつまで続くかな。
by itsumohappy  at 22:36 |  その他 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

曲がらない><

背筋をのばして、滑るように歩いています。だって、体曲げられないんだもの><
顔洗うとき、靴下などをはくとき、低めの椅子に座るときなど、難儀しています>< 階段下りるのもちょっと痛くて。くしゃみも体の芯にびーんと響きます。寝違えたにしては長引いている。やっぱり先週、重い荷物抱えて飛行機乗ったりバス乗ったりするうち、どこか痛めてしまったのかな。別に腰痛もちでもないんだけどな。

なんかね、痛いところがあると何もやる気がしないものですね。あまり体操とかしないでじっと横になっているほうがいいんでしょうか。お風呂であっためるほうがいいのか冷やすほうがいいのかもわからない。医者は土曜じゃないと行けないしな~

紅葉の時期、お山歩きとかバスツアーで遠出とかしたいのに思うように動けない、悲しい><


by itsumohappy  at 22:29 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

赤レンガほか

今回の遠出では、あまり写真を撮れませんでした。バスの中から多少撮ったくらいです。
前回、札幌の街を訪れたときは十代はじめでした。久しぶりの訪問です。

赤レンガ庁舎。旧北海道本庁の建物です。
1014akarenga.jpg

札幌駅。札幌に限らず、地方に行くといつも感じるのは、やはり人が少ないことですね。
1014sapporo.jpg

小樽駅。うーん寂しい。
1015otaru.jpg

小樽の街。運河の手前
1015otaru2.jpg

バスで泊村に行く途中の風景。遠くに低めの山なみ、手前に田畑がえんえん続きました。紅葉がはじまっていました。
1015tomari.jpg

札幌のホテルでは、アジアからの観光客がたくさん泊まっていました。
3日間いるうちに日々冷え込んでいく気がしました。駅前の樹木が、前日よりも紅葉が進んだ?と思うくらいでした。地元の方々は、すぐにコートを着ないと言っていましたがそうなんですかね。でも確かにスーツだけで寒いのを我慢して、首すくめて歩いている人を多く見かけました。

新千歳空港に2機ある政府専用機です。大きくて全体が入らない・・専用機は、万一のときにそなえ、常に2機で運用します。
1016plane.jpg
by itsumohappy  at 23:45 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

腰が・・><

夕べ10時過ぎから10時間弱寝ていたのですが・・腰が痛くて目が覚めた。寝すぎたのか寝違えたのか腰が痛い(TT) 日中は掃除や洗濯していましたが、時間が経つに連れ、どんどん痛くなってきて前に体を曲げられません(TT) ぷちぎっくり腰なんでしょうか(TT) 寝ていてなるなんて・・(号泣
by itsumohappy  at 22:37 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

出かけてきた。

旅行ではないのですが、所用で出かけて今日帰ってきました。
町を見て、
1014machi.jpg

山を見て、
1015yama.jpg

海も見ました。
1015umi.jpg

さ~ ここはどこでしょう(^^)
食べるものがどれもこれもおいしかったです。怖くて体重計っていません。
by itsumohappy  at 22:18 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

丹沢の写真 

11日日曜日に行ったお山の写真です。
行きの電車から、真白き富士の嶺が大きく見えて、展望を期待したのですが、山の天気はわかりませんねぇ。暗い写真がほとんどです。

登山口・大倉へのバスは山歩きの人で満杯。でもほとんど塔ノ岳に向かったのか鍋割への林道では4人位しか見かけなかったです。表丹沢県民の森に車が置けるようで、その辺から急に人が多くなりました。

山はまだまだ緑色
1011yamamidori.jpg

山林はよく手入れされています。
1011hayashi.jpg

ミズヒ沢沿いを10分位上がったところにあるミズヒ大滝。なかなか立派な滝です。
1011taki.jpg

鍋割山(1,272m)にある山荘。あるじの手作りらしいです。ここではやっぱり鍋焼きうどん♪
1011sanso.jpg 1011udon.jpg

鍋割の三角点がどこにあるのかわからなかった。風が冷たくじっとしていると寒かったです。
暗い雲が空を覆うように出てきました>< 富士山は裾野だけが何とかわかる程度です。
1011fujisan2.jpg

鍋割山稜。ブナの林を抜け、塔ノ岳に向かいます。落ち着いた雰囲気の道です。
1011buna2.jpg

塔ノ岳(1,491m)頂上。人いっぱい。 塔太郎(鹿)はいなかった。
1011top2.jpg

遠くにはうっすらと南アルプスの山々。
1011fromtop.jpg

相模湾。大島方面
1011sagami.jpg

三ノ塔方面
1011sannoto.jpg


サラシナショウマとリンドウ
1011sarashina.jpg 1011rindo.jpg

もう少し頂上でゆっくりしたかったのですが、今時期は日がすぐ落ちるので、早めに出発。がんばったけど、さすがばか尾根(大倉尾根)、延々続く階段に次第に疲れて予定より40分位遅れてしまった。最後の3キロくらいがずいぶん長く感じました。 

林でお食事していた鹿の親子を発見。
1011shika2.jpg

5時すぎやっと車道に到達しました。
今回、靴に中敷を入れて、中厚の靴下1枚ではじめて歩きました。行きは順調でしたが、帰りが痛かった>< 結局のところ半サイズ大きい靴のほうがよかったのかなぁ。次回の山では下山時に靴下を少し薄いのに替えてみますかねぇ。先月の北アの時より筋肉痛がきています・・><><
この日は若者をずいぶん見かけました。服装はけっこういろいろで、肩掛けかばんをたすきにして歩いている人もいました。
by itsumohappy  at 22:58 |  旅行・山 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

久しぶりの丹沢

連休の中日は、丹沢の鍋割山+塔ノ岳行ってきました。
予想に反し山では雲が多く、富士山が隠れてしまった(TT) 

1011tan.jpg

標高差1,200mくらいを1日で上り下り。下りは疲れが出るせいかコースタイムよりけっこうかかってしまいました。
足が膨らんで靴がきつくなってしまい痛かった><
by itsumohappy  at 21:52 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

桂花

kinmokusei.jpg
ここ2日くらい、道を歩いていると漂ってくる金木犀の香り。一気に開いたようです。うちのもいつのまにかわんさか咲いていました。

今朝地面を見たら、日本水仙の芽が出ていました。早い~。蚊がまだいるからのばしのばしにしていたけれど、掘り起こした球根を早く植えなくては。
by itsumohappy  at 22:55 |  花・木 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

また遅刻><

今日も遅刻です。台風なので早めに家出たけれど、だめだった><
順調だったのはバスだけで、あとは行く先々でやられまくった。私鉄にのりかえて多摩川を無事越え、雨は止んで光がさしてきたのでいったん安心したのですが、甘かった。品川ではJR全滅状態で、構内大混乱。あらゆる方向で人間が渦巻いて、走り回って、ぶつかりあって、まあ何が何だかわからない状態でした。あまり人を建物の中に入れると危険ですねぇ。転びでもしたら圧死してしまう。

ひとつだけ動いたJRで東京に出て、地下鉄乗りかえたはいいが、ひと駅動いて止まってしまった>< 先の駅でホームに人があふれて危険だとかいって。別の地下鉄に乗ってやっとこさ職場に着いた。今日みたいな日は臨時に国民の休日にしたほうがいいですね。無駄なエネルギー&時間を費やさないですみます。 
by itsumohappy  at 23:46 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

THIS IS IT

sony.jpg
ソニービルに、マイケルの映画の広告が。ロンドンで予定されていた公演のリハーサル映像などを構成した映画が公開されるそうです。この関連イベントで、日本のファン投票1位-7位となった曲のビデオとその映画の予告編を流すというので、さっさと部屋出て観て帰りました。上映のスケジュール

1位から順に、Billie Jean/Man In The Mirror/Smooth Criminal/
Thriller/Beat It/BAD/Black Or White です。

アルバムThrillerは82年の発表。もう20年以上も経っているなんて。Billie Jeanをみながら、音はソニーらしくすごくきれいでしたが、映像は色がくすんでいて200インチで見るのはきついなぁと思った。しかし作成時期を考えるとあんなものかもしれない。Thrillerなんかも久しぶりに見ちゃって懐かしかった。15分位でこれだけの作品ができるんだなぁ。BADもよくできたビデオです。知らなかったけどマーティン・スコセッシが監督していた!

やっぱりマイケルはメッセージソングなんかよりひたすら歌って踊いまくるもののほうがよいです。
今度公開されるという映画の予告編も流れました。最新のクリアな映像にあらわれた顔の崩れたマイケルがとても痛々しくて、、、悲しくなりました。
top_titlelead.jpg

by itsumohappy  at 23:10 |  その他 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

肉弾戦

連日の雨です。遅刻するから早めに出たのに、今朝は人身事故によるJR各路線の混乱で、えらいめに遭った。また遅刻した~><  久しぶりの肉弾戦でした。私なんぞ早々に両脇のおじさんにはじきとばされて一時退却。もうドアの際まで人いっぱいで乗れないのに、わずかな隙間につま先をかけ、手をドア上に突いて、弓なり状にひっつくおじさんたち・・。どうせ遅れるんだから、たいがいのところで諦めればいいのに。ドアが閉まらないので電車が発車できず、さらに遅れ、従ってホームもどんどん人であふれて。もうどうにもならなかった。

台風お出ましの明日も憂鬱です。一体どんな事態になるのやら。多摩川が越えられなかったらやっかいなので、1時間くらいは早めに出ないといけないかなあ。はあ。
by itsumohappy  at 22:16 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『自動車絶望工場』

―仕事をしていて恐ろしく思うことがある。これは労働ではなくて、何かの刑罰なのだ。

鎌田慧著。副題「ある季節工の日記」。(1983年講談社)
倉庫で見かけたのでざっと読んでみました。内容はタイトルから伺えるとおり、楽しい本ではありません。著者(当時34歳)は、1972年9月から半年間、ライターであることを隠して、トヨタ工場で「組付コンベア」の作業する期間工(季節工)として働きました。

苦しい労働の日々を日記形式でつづっています。そして、トヨタのいわゆる「かんばん方式」は、労働者と材料をぎりぎりの極限まで効率化して使うための「鉄の鞭」であって、労働者は非人間的な労務管理のもとで負担だけを押し付けられている、と労働者側からみた高度成長期末期における「トヨタ式合理化」の実態を分析しています。

コンベアでの作業は、「1秒たりとも自由にさせないほどの労働密度」で人間の限界を超えており、映画『モダンタイムス』にあったように日常の感覚がおかしくなって、食堂のテーブルに並べられた食器がのったお盆がお盆ごと流れているように見えたそうです。

経営者は人の身体より生産のことばかり考えていて、労働者を「機械より安くて取替え簡単な部品」として扱っている。72年の1年間で、新卒者、中途採用者、季節労働者あわせ7,000人がトヨタを去った、とあります。著者と同時期に工場の期間工として入った者で、半年の契約を満了できたのは著者だけだったとか。もって1週間、1日で辞める人も少なくなかった。

疲労困憊のなかで労働しているので、事故も多発。ただ、工場での怪我の実態ははっきりせず、労働者が死んで初めて重大災害と発表されました。著者が見聞きしたなかでは、機械に引っ張られたりして、指、腕、足はもとより「顔」を失くすほどの事故もあったらしい。
 
組合は労働者の頼りになるどころか、「企業繁栄のため労働者を駆り立て、若干の見返りを分配する機関となっていた」。1950年の労働争議のとき、2千人強が解雇されたが、闘争を指揮した委員会メンバーは幹部待遇として取り込まれたというエピソードがあります。

トヨタの幹部が、視察したフォードのルージュ工場の標語“Quality&Safety”を参考に自社に導入したのが「創意くふう制度」。「良い品 良い考」の理念のもとに、労働者自らが合理化のために些細な機械改良などを提案する仕組みで、提案には報奨金が出るが、提案件数がノルマとなっている。著者によれば、「労働者が自分の首を絞めるようなことを考えついたときはじめて企業の運動に参加できる制度」。お手本となった標語のSafetyの理念が抜けているのが「いかにもトヨタらしい」、と指摘しているのが印象的でした。
この本が書かれてから30年以上経った現在はどのような状況になっているのか、ちょっと気になるところです。
by itsumohappy  at 22:26 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

中秋

雲の切れ切れにまんまるいお月さまが見えました。
1003moon.jpg
中秋にちゃんと月が見えるときって少ないように思います。
お団子は写真を撮るまもなく全部食べてしまいました。

コムラサキ。夕方日に照らされて色づいているのに気がついた。
1003murasaki2.jpg
by itsumohappy  at 23:51 |  その他 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お買い物。

好日山荘からセールの案内(といっても10%)が来ていたのを思い出し、プールのついでに出かけてみた。フリースを買いました。あと靴下と靴の中敷。けっこう高いのね、中敷って。

今は、お山の靴に靴下は2枚はいたりしないそうで・・。昔、ウールで、薄手で長いの&短くてぼこぼこ厚手の重ねばき、をしていたせいか、2枚ばきでないと不安でしたが、先日の北アルプスで足を腫らした(外反母趾サポーターもしていたし)ので、今後は1枚ばきで歩こうかなぁと・・。思えば、靴を買ったとき1枚しかはかなかったのだからそれ以上はいたら腫れるだろうって。でも普段の靴でも痛い思いをよくしているので、心配だったわけです。

最近、何だかんだとお山のものを買っています。もう登ることはないだろうと3年位前は思っていたのに。山小屋なんて二度と泊まらないだろうと思っていたのに。どうやら自分、お山続けるみたい・・と感じるこの頃です。
by itsumohappy  at 23:46 |  その他 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック