ユリと千両

黄色い千両は赤より合わせやすいかな。これは家のなので葉やけしています。残りの水仙もついでに入れました。あと若松2,3本か中心に大王松1本くらい置きたいところ。

hana2.jpg

それと、昨日のやり直し。写真だとあまり変わらないなぁ。これでも3割がたかさが減りました。
hana.jpg


by itsumohappy  at 17:24 |  花・木 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

神尾さんの「カルメン幻想曲」

夜、BSで今年6月のチャイコフスキーコンクールを取材した番組をやっていました(多分再放送)。エキセントリックな天才肌のピアノ青年(3位)が面白かったです。名前なんていったかな。ピアノは1位なしだったけど、バイオリンで優勝した神尾真由子さんの演奏ももちろん紹介していました。

で、バイオリンの2次予選で神尾さんが「カルメン幻想曲」を演奏しているのをみた。なんだかすごかったよ。作曲したワックスマンという人、知らなかったけど映画音楽をいっぱい作っている。なんと、『サンセット大通り』と『陽のあたる場所』でアカデミー賞とってました。
by itsumohappy  at 23:57 |  音楽 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

活けました

お正月花。最近は、全くと言っていいくらい剣山使って活けておらず、感覚が鈍っているので、やたら時間かかってしまいました。 えー、混みすぎ&高すぎです(^^; お正月だからと思って高めにしたけど、水盤とのバランスがとれなくなってしまったー。直径40センチはあるわりと大きい水盤なのですが、花で埋もれてしまいました。60点。

本来は、右水面に空間ができなければなりません。あと、松の整理が足りない。枝を落とすのがもったいなくて、枯れ枝位しか整理しなかったら森になってしまったよ。錆びた剣山に押し込むのもけっこう力要るねぇ やり直す気力は失せてとりあえずこれで終わり。

ユリを入れる余裕は全然なく、壺に投げ入れで活けました。若松も買っておけばよかったなぁ。

shogatsu3.jpg

五葉松、菊、水仙、千両です。
by itsumohappy  at 18:01 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お正月の花

いつも買っている露店でお正月用のお花を買いました。今日は雨まじりのお天気だったせいかまだ人がそれほど出ておらず、花の種類もそろっていました。店舗で買うより3,4割安いです。これ全部で4,000円くらい。

shougatsuhana.jpg

だいたいいつも若松(松飾りに使う安い松)にするのですが、今回は五葉松にしてみました。丸水盤で活けようと思います。
by itsumohappy  at 21:18 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

やっと仕事納め・・

やっとやっとやっと終わりました。最後の最後まですっきりしない終わりよう・・。こんなに気分わるく終わるのははじめてかもしれない。腹を立てても無駄だなーと思っても体は正直で、節々がまた痛くなってきたよ。でももう全て忘れる。いつもならデパートでもくるっと回って何か買い物でもするのだけど、そんな気持ちにもなれず、さっさと帰りました。

帰宅して、よたよた起き上がった犬をナデナデしているうち、気持ちが少し和らぎました。
by itsumohappy  at 22:16 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

とりつかれた・・(><)

先日、夜寝ていたら冷たいゾクゾクするものがやってきたので、来ないで~と必死に抵抗したのですが、力及ばず、とりつかれてしまいました(TT)。 これが背中の辺りから入って来ると、あっというまに節々が痛くなって、38度線などかる~く突破しちゃいます。連休の最終日、薬もなく、頭痛や関節痛が苦しいのでとりあえずバファリンで1度くらい下げてみたりして。あ、1度でも全然違いますよ。
会社でフロモックスとPLをもらいましたが、PLって異様にだるくなるんですよねー。なので、もう飲むの止めました。あとは気合で治します。。みなさまもゾクゾクには御用心下さい。
by itsumohappy  at 21:55 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新聞大好き

この寒いのに何故か小屋に入らない!一体何が気に入らないんだか・・。小屋の敷き毛布もちゃんと陽に当てたりしているのに。最近のお気に入りは新聞。騒いでも新聞かぶせれば静かになります。
inu_20071223230215.jpg

あったかいのかしら。肌触りがいいとか?
by itsumohappy  at 23:05 |   |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

テルミン

品切れで追加生産された「大人の科学」テルミン号が来ました。来年1月頃になるって言ってたけど、ちょっと早く来た。しばし工作して弾いて?みました。チューニングとやらがけっこう難しい。この微妙な操作、昔の短波ラジオの局合わせみたいな。。これ毎度やらないとだめらしい。うぃぃぃーんという何ともいえない音がします。短い距離でメロディーつくるのはかなり技がいりそう。

ter.jpg  ter3.jpgter2.jpg

学研のロゴをひさしぶりに見ました。学研の学習と科学は今でもあるんでしょうか。
by itsumohappy  at 22:51 |  その他 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『作家の犬』

作家とその飼い犬写真を集めたうすい本です。(平凡社) 犬と写っている作家たちの、でれでれの笑顔写真が多いです。志賀直哉の動物屋敷には犬たちのほか、ありとあらゆる鳥やツキノワグマの子などもいたって。
けっこう戦前でも洋犬て飼われていたのですね。意外でした。グレーハウンド(菊池寛、川端康成)、ゴードンセッター(徳川夢声)、ポインター(林芙美子)・・・名前だけだったらどんな犬なんだかよくわからないです。人気作家は、いろんな種類のを何匹か飼ったりしてます。

やっぱり柴犬など日本犬がかわいく、またりりしくてよいです。柴犬飼いで登場する作家は、遠藤周作、近藤啓太郎、池田満寿夫、そしてそうです、中野孝次。中野孝次のハラスほか3匹のしばわんこのかわいいことったら。。中野重治と北海道犬チャイ чай の写真もよかった。作家の子息など縁者等が短文を寄せているのですが、主人である作家と犬は気持ちを通わせていたというコメントが多かったです。
by itsumohappy  at 22:42 |   |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「チャップリンの日本 高野虎市遺品展」

お昼休みに京橋のフィルムセンターまで行ってきました。
チャップリンの秘書を1916年から34年まで務めた高野虎市(こうのとらいち)(1885―1971)氏が所蔵していた写真や遺品の展示を見ました。去年の春、京都で行われた同展示会の東京でのおひろめです。
cha.jpg

私の好きな「街の灯」(1934年日本公開)のプログラム(といっても紙を折った程度のもの)がありました。日比谷映画劇場。夢声がお話(弁士)。 「独裁者」(1940)は60年日本公開だったのですねぇ
写真で見るチャップリンは瞳がきれいです。日本が好きで京都で柊家に泊まったり正座してお茶飲んだりしてます。

この展示は、常設展の終わりのほうにあります。常設展示品も昔のカメラなどあって面白いですよ。今日は時間がなかったのでとばしましたが。
フィルムセンターは御園京平氏が収集した映画のポスターなどを所蔵しています。たまにそれらポスターの展示をします。戦前のなどびっくりするほど大きくて立派です。
by itsumohappy  at 23:50 |  その他 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

万両

こちらはまあまあの実つきでした。何本かありますが、全部鳥が運んできました。千両より実が大きくつやがあります。
manryo2.jpg

これは株立ちではないので、房の部分をちぎって花瓶に入れるしかありません。
manryo_20071218002331.jpg
by itsumohappy  at 23:55 |  花・木 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

千両

今年は赤い千両の出来がよくないです。実が少ない。。黄色いほうはまあまあかな。どちらも実が色づいたら早く切っておかないと鳥に食べられて1日でなくなってしまいます。葉っぱに陽があたりすぎて少し葉やけしてしまいました。赤いほうは少し買わないと活けるのには足りないなー
senryo.jpg
 
窓下にある病気がちの四季咲きバラ。今年最後の花かな。
bara_20071215233826.jpg
by itsumohappy  at 23:39 |  花・木 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

休みの間の出来事など

2日間静養したので、明日は会社でも行ってみようかと思いマス。
休みの間の出来事など。

●窓拭きなど普段やらないお掃除を少々。
●ドラマ 24をみた。
●ロバート・プラントは一生あのヘアスタイルなのかと思った。
●はじめて回転寿司に行った。
●はじめてオーケストラのシーズン券を買った。10回で2万円くらい。
●ロシア大使館御用達のパン屋で黒パン買った。ついでにアエロフロートの機内誌をゲット。これ写真がきれいなんですよ。
●昔の書類を捨てながらカーペンターズを聴いていたら悲しくなった。
なので、
●久しぶりに「Tommy」を聴いた。はじめてアメリカに行った時最初にみた思い出のミュージカル。そのCDもあるけれど、私が気に入っているのはウェンブリーかどっかでやった昔のライブ盤。
●レントゲンその他の検査で4,000円位かかった。大動脈がきれいだとほめられた。あとは血液検査の結果待ち。
●清水寺の「偽」の字は上手いのかわからなかった。
●珍しく昼寝しなかった。
●犬が騒ぐのでお仕置き。
そして、
●全然会社のことが気にならなかった。

こんな感じでした。
by itsumohappy  at 23:58 |  その他 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

狂熱のライヴ

昨日今日とお休みしてのんびりしています。休みでも普段の時間に目が覚めるので、いつもどおりラジオをつけながら、お布団の中でぬくぬく♪大好きな二度寝をしていたら、ラジオから流れる「ロックン・ロール」で目が覚めたぁ 先日のツェッペリンのライブについてNHKの特派員がレポートしていました。相手のアナウンサーも興奮して2人で盛り上がっていました。 

私は、同時代じゃないのであまり知らないけれど、「ロックン・ロール」はよいですね。この曲でコンサート始まったそうで、2時間ほとんど休憩なしでやったって。バイオリン奏法もやって、ファンは大喜び!のレポートでした。
食事のあと、お掃除しながらDVDにたまたま入っていた「狂熱のライヴ」みちゃいました。
ろんりろんりろんりーたあいむ♪
by itsumohappy  at 17:32 |  その他 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

京都歩き ~宇治~

朝6時にお東さんの鐘がやや遠慮がちに1回だけぐぉーん・・・と鳴って目が覚めました。支度をして7時にチェックアウト。といっても帳場は誰もいなくて暗くひっそり。鍵を机に置いておくだけです。この日も快晴♪♪ まず通天橋行って、あとはどこ行こう。。としばし思案。清水も考えたけど人の多そうなところはやはり止めようと思い、東福寺から宇治に行くことにしました。最近平等院が修理されて、博物館もできたと聞いていたので。

【東福寺】
東福寺には仕事などついでのときに2度ほど来たことがあります。でもいずれも冬で、がらーんとしていました。でもベストシーズンのこの時期は活気が違います。8時位に到着。東福寺の小さい駅は、こんだら大変なことになりそう。まだ朝早かったので、それほどでもなかったですが。駅にロッカーもないし(商店街の靴屋さんに預ける)、券売機も2つくらい。
tsutenasa.jpg

拝観開始は8時半ですが、すでに大行列。一番乗りは7時だったそうです。ここもほんとは午後のほうがよいでしょうね。8時半でも下まで陽が十分にささないです。でもこみすぎるとかなり待たされそうなところなので、やはり早め到着が無難かもしれません。

見学開始の時間となり、ゆるゆると移動。案外スムーズに橋に入れました。立ち止まったり戻ったりして意外にもゆっくり見られました。もう混雑で全然身動きとれないと思っていたのでよかったです。周りからは、今年も発色良くないわとかこないだは1万人(1日で!?)入ったらしいでとかいろいろ聞こえてきました。
通天橋からの眺め。
tsutenkara.jpg

通天橋の脇道は黄金色で埋まっていました。(写真大きくなります)
tsutenwaki.jpg

紅葉は若干ピークを過ぎていましたが、よく写真にあるような景色を見ることができました。
tsutenodo.jpg

前夜の雨で、葉がかなり落ちたようです。(写真大きくなります)
tsutenochiba.jpg

かなりゆっくりできて大満足。
通天橋だけ見て京阪で宇治まで移動。宇治川を眺めながらのんびり歩きました。

【興聖寺】 
ここは道元の開山です。参道の坂のカエデもきれいでした。
koushoji.jpg

関西電力宇治発電所入口の眺めもなかなか。
kansaidenryoku.jpg

さわらびの道。宇治神社付近
sawarabi.jpg

宇治上神社。国宝の本殿
ujigami.jpg

宇治川と中ノ島
ujigawa.jpg

ぼーっと歩いていたらまた反対方向に行っていました。中ノ島まで戻って平等院へ。
【平等院】
byoudouiriguchi.jpg byoudou.jpg
修学旅行その他で何度か来ているせいもあって特に感激はしませんでした。庭は確かにきれいになった感じで、お堂の印象もどこか以前と違う。。玉石で州浜が出来ているせいでしょうか。なんだか整いすぎて、やや違和感がありました。

昔と違って鳳凰堂の見学は人数を限って時間制になっていました。鳳凰堂の中には入らず、約千年前の庶民と同じく、外からお顔だけを仰いでお参りしました。
byoudoutaiko.jpg

平等院ミュージアム鳳翔館
hoshokan.jpg

この博物館で創建当時のCGを見ました。ぴかぴかのぎらぎらで、当時は相当な威容だったことでしょう。鳳凰堂内部にあった飛天は全てここに収蔵され、一部が展示されています。阿弥陀様の周りの飛天がみな消えて、けっこう堂内がらーんとなってしまったでしょうね。シンボルの鳳凰もここに置かれています。

見学後、JRで京都駅へ。京都駅の大混雑で一気に疲れました。
のぞみに乗って3時間後には帰宅していました。早すぎてちょっとつまんない。

今回の旅は、12月にかかっていたのでツアー観光客の訪問ピークから外れ、さほど混雑に悩まされることなく巡ることができたようです。
私のガイドブック(93年)には、「嵐山の紅葉は例年11月10日前後」なんて書いてあります。紅葉の時期もずいぶん遅くなったものです。
この度、紅葉を飽きるくらいみました。でもまだまだ訪れていない場所も多い京都、次はいつ行こうかな。というか、京都に住みたいな!

(12月2日(日))
(旅行記 おわり)
by itsumohappy  at 22:15 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

京都歩き ~三尾・東山~

初日の晩は興奮したせいか、動きすぎたせいかなかなか眠れませんでした。寒いのがこわくて布団を重ねた結果、暑くて目を覚ましたり(--;
宿で私のいた2階は隣に1組しかおらず、静か。でも壁は薄く、切れ切れに英語が聞こえてきました。旅館内の注意書きも全部英語でした。
こんな感じ。8畳でした。2泊で素泊まり8400円(1人の場合)。
heya.jpg

2日目はまず高雄へ。夜中に雨が降りましたが、朝は快晴♪
混雑恐怖のあまり6:50発のバスに乗りました。でもその必要はなかったも。。京都駅から山城高雄まで1時間弱。竜安寺を過ぎたあたりから山肌に朝の光が当たるのが見えてきてきれいでした。
takaohashi.jpg

神護寺まで山を上がり下りして行きます。山間なのでまだ陽は山の上に当たる程度。あたりを歩いているのはこの辺の泊り客くらいでした。気温は5度、でも風がなかったのでそれほど寒く感じませんでした。 
【神護寺】
ひんやりとした空気の中、紅葉の下を歩いていると自分が洗われていくような気持ちになりました。やはり神域というか聖域です。人はほとんどいませんでした。階段を息きらせながら上がっていく途中、紅葉があちこちにあり目を楽しませてくれました。
takaosaka.jpg

ご本尊は薬師如来さま。この日は朝早かったせいなのか扉しまっていました。 
takaoodo.jpg

地蔵堂に至る道。真っ赤な紅葉の下では空気も赤くなる感じです。(写真大きくなります)
takaojizo.jpg

かわらけ投げをするところは展望が開けています。でも左側の山はほとんど北山杉でした。
takaokawarake.jpg

神護寺を後にした9時ごろでも、まだ付近の山の下3分の1くらいは陽が当たりません。
西明寺に向かいました。ここは初めてです。静かなたたずまいでした。
【西明寺】
saimyou.jpg

【高山寺】
最後に高山寺にお参り。前回に建物を見学したので境内だけ巡りました。ここは杉木立の中にカエデが混じっていました。山の空気を吸って、清浄な、何ともいえない心地よい気分になりました。
kouzan.jpg

次は清滝までハイキングしたいなぁ。三尾は静かで(たまたまこの日がそうだったのか?)空気もよいのでおすすめです。

帰りの道路は全く空いていて拍子抜けしました。このあと、どこへ行くか迷いました。京都駅まで出ることもないし、とりあえずわら天神でバス下りて昼食。この辻にはファミレスなどが多くあります。

バスで東側に行くことにし、銀閣寺道で下車。循環バスの反対周りに乗ってしまったせいか多少時間かかりました。哲学の道を歩きました。東山に陽があたってきれいでした。

【哲学の道】
ここは京都で好きなところのひとつです。
tetsugakumizu.jpg tetsugakuaka.jpg

水に映えます。一本の木の葉っぱの変化がきれいでした。(写真大きくなります)
tetsugakudai.jpg tetsugakuhenge.jpg

【法然院】 
哲学の道からちょっと入った脇にあります。ここは拝観料がなかったです。
hounen.jpg hounentou.jpg

【南禅寺】 
広々とした境内にたくさんのカエデがあります。ここは秋もきれいなんですねぇ 門にあがりたかったけど500円なので止めました。
nanzenmon.jpg

南禅寺水路閣です。琵琶湖からの水が流れています。
nanzensuiro.jpg

水路閣の上。幅狭いし、柵がないので注意!
nanzensuiroue.jpg

【永観堂】 
今回は外から眺めました。混雑はそれほどでもない感じでした。境内のどこもかしこもまっかっか。
eikan.jpg 
eikan2.jpg 
eikan3.jpg
裏門前で人気を呼んでいたカエデ。
eikanura.jpg

【知恩院】
ぶらぶら歩いて知恩院へ。うちは浄土宗でもあるし、またここで、最近有名な仏師の仏像が発見されたように聞いていたので訪ねてみました。前に一度来た時の記憶はほとんどなく、こんなとこだったかなぁとぼんやり思っていたら、足が全然動かなくなってしまってひと休み。お寺の人に仏像のことを聞こうと思い、運慶?快慶?あれ誰だったっけ?と考えていたらいきなり4時で閉めますコール。追い出されてしまいました。(後日、発見された快慶作の仏像は、知恩院ならぬ知恩寺の所蔵であることがわかりました。。)
ここは門が立派。鴬張りで有名なお堂です。
chionmon.jpg chionodo.jpg

祇園を抜け四条から宿に帰りました。足の筋肉が変に痛いので、足を見たらマメができていている! 知らず知らず変な歩き方をしていたようです。そもそも靴が、底まっ平らのタウンシューズで、これが間違いでした。体調がもうひとつだったため、あまり歩かないつもりが紅葉にうかれるうちけっこう歩いていたのです。
針を持っていなかったので、帳場で安全ピン(^^; を恵んでもらい、マメ治療。今回は油断していました。靴は大事ですね~~ 

(12月1日(土))
(続く)
by itsumohappy  at 23:01 |  旅行・山 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

京都歩き ~嵐山~

先週、京都に行きました。遅くなりましたが、写真です。
もう何度となく上洛していますが、今回はじめて紅葉を楽しむことができました!
5,6年前11月半ばにツアーで行ったときはほとんど紅葉しておらず、(しかし不思議なことに天龍寺だけ美しかったのを覚えている)それでも道は大混雑、バスは全く動かない。清水、永観堂周辺も同様に驚異・脅威の大混雑でえらい目に遭いまして。こんでいても紅葉していればあきらめもついたのですけどねぇ いつかリベンジ果たしたいと思い続けていたのです。

秋の京都、宿はぜーんぜん空いていません。会社のJTBでは9月には扱っている箇所は全て売り切れたと言われました。ネットですぐみつかるような市内ホテルにあたっても全滅。しかし、まーなんとかなるだろう思っていたら本当になんとかなって1週間前に駅近くの木賃宿がとれました。キャンセルがあったのでしょうね。
前回の混雑トラウマがあって、バスは極力避けてがんばって歩く旅となりました。

紅葉見物は何といってもお天気に左右されますね。太陽の光が大事。ライトアップもよいけれど、やはり日中みるのが一番!2泊3日の滞在中、昼間は全て好天に恵まれました!(自慢)
京都の紅葉見物では、午前は西、午後は東がよいとは聞いていましたが、全くそのとおりでした。光が山肌に当たるときれいですよ~

【清凉寺】 
JRで嵐山に着き、まず向かったのがここ。春秋に公開される霊宝館が見学できる最後の日だったのです。ですが、地図見ながらせっせと歩いても三門は見えず、住宅街のT字路に入り込み、周囲には誰もいなくなってしまいました。最初にしてつまづいた。。(私は超方向音痴) 道端で草むしりしているおじいさんに道を聞くと、首をかしげてしばし沈黙。・・・と、「ああ、釈迦堂やね。」と教えて下さいました。だけど、京都で道を尋ねると左右でなく東西とか方角で教えてくれるんですよね(^^;
一回曲がったらわかんなくなっちゃうんです、私は。。。

三門と庭。境内の多宝塔。山号は五台山。あたりは人少なし。みんなどこ行った~
seiryosanmon.jpg seiryoniwa.jpg
seiryotahou.jpg

国宝のご本尊釈迦如来にお参り後、霊宝館へ。靴脱ぎ場でスリッパはきかえ、ふと脇をみると堂々たる阿弥陀三尊様が。こちらも国宝。お姿の美しさ気高さに圧倒されました。

森嘉。お豆腐やさんです。行列が出来ていました。
a-morika.jpg

歩いているうち暑くなってきました。寒いのが苦手で、着膨れしてたので。
【宝筐院】
清凉寺のはすむかいです。長方形の庭にカエデがまとまって植えられています。
houkyou.jpg

青空の下で光を浴びている入り口の大木を仰ぎ見ました。(写真大きくなります)
houkyou2.jpg


【厭離庵】
えんりあん。定家の山荘跡で、小倉百人一首を編纂した場所だそうです。普段は非公開らしい。500円。ちょっと高い。狭いところだし特に入らなくてもよかったかな。
enrian.jpg 
拝観料ってばかにならないので、もし見学するか迷ったら、出てきた人に感想聞くと良いですね。
enrian2.jpg 

【二尊院】
その昔修学旅行でも来た。広々としていてなかなかよいたたずまいです。このあたりに来ると人がだんだん増えてきました。

入り口付近
nisoniniriguchi.jpg 
門に椿の紋がついています。
nisontsubaki.jpg 
人が途絶えたときに門をフレームに周囲の紅葉を撮ろうと待ち構えている人たちが多かったです。
nisonin.jpg

【小倉池】
oguraike.jpg

【落柿舎】
柿がなっていました。
rakushi.jpg

【大河内山荘】
広大なお庭です。大河内伝次郎が30年かけて造ったそう。1000円。茶菓付き。(まぁあまりよいお茶ではなかったです)
ookouchiniwa.jpg ookouchikashi.jpg

ookouchimichi.jpg

【竹林の小径】
8日から始まる花灯路の準備をしていました。
chikurin.jpg

【渡月橋】
3時位でしたが、ちょっとのんびりしすぎて着いたころには太陽が山のうしろに入ってしまいました。ここは山に陽がさす午前中がいいですね。
togetsukyou.jpg togetsukyo2.jpg

【法輪寺】
渡月橋を渡った先にあります。ここもとてもきれい。おすすめです。人がほとんどいなかったのは、金曜日だったからでしょうか。山の中腹にあり、嵐山の街を一望できます。やはり午前中がいいでしょうね。
hourinjisanmon.jpg 
本堂。
hourinjiodo.jpg
参道の両脇がきれいでした。
hourinjisando.jpg

今回は訪ねませんでしたが、天龍寺、常寂光寺、大覚寺もおすすめです。嵐山はほんといいところだな~

(11月30日(金))
(続く)

by itsumohappy  at 01:06 |  旅行・山 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

久しぶりに上洛

11月30日から2泊3日で京都に行ってきました。どこ行っても紅葉を楽しめて満足♪ あいもかわらぬ方向おんちぶりで、やや歩き疲れた感もありますが、ずっとみたかった京都の紅葉を満喫できました、よかった~ 後日(といってもいつになるかな(^^;) 写真をいくつかご紹介して自慢しちゃいます。(*^^*) お天気もずっとよかったし、人出も思ったほどひどくなかったです。
各地でお世話になった方々に感謝いたします。ありがとうございました。
by itsumohappy  at 22:31 |  旅行・山 |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック