『巨匠ピカソ 魂のポートレート』展

六本木の2会場でやっている展示会のうちサントリー美術館のほうに行きました。
1119pi.jpg
「ピカソの自我の表れを示す」展示と銘うっていますが、新国立のほうと印象はさほど変わりません。ピカソっぽい、ああいう絵がいろいろ。です。観たことがないもので心に残ったのは、10センチ四方の、ピエロの青年を描いた水彩&グワッシュ作品かな。綿密な描写でした。巨匠らしさって、線ですかねぇ。
何度観てもいいなぁと感じる絵は、ピカソの作品については私はあまりないです。

招待券もらったので両方行きましたけど、もし自分で行くなら新国立だけで十分かな。
サントリー美術館では、ガラスの壁面内展示スペースに絵を入れていたので、絵の額の反射に壁面ガラスの反射が加わってみづらかった。

東京ミッドタウン入り口のライトアップ。オワンクラゲのコンセプトですね。きっと。赤青黄色とグラデーションで色が変化してきれいでした。
1119owan.jpg


by itsumohappy  at 22:40 |  絵画 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

模写

ターナーの模写です。タイトル・・何だったかな。ターナーは風景画をたくさん描いてますね。日本人になじみやすい作風だと思うんですけど、あまり展覧会でとりあげてくれない気がします。

もしかしたら模写には向かないかも。まねると、ささーと筆が動かなくて闊達な線にならないです。
mosha.jpg
テーマ: 絵画 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by itsumohappy  at 18:35 |  絵画 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

模写

机周りの整理がつかないです。本やノートのほか茶、絵の具関係グッズがごちゃごちゃまじる・・。大中小のスケッチブックを開くと、未完成のまま放置状態のものがいっぱい。今年はこれらの完成を目指します。(かも。) しばらくやっていないから模写からでも始めますかねぇ

これは小さいからとりあえず完成していたみたい。スキャナーがないので、デジカメで。紙はもっと白いです。水張りをさぼるので、紙がゆがんでいます。
nashi.jpg

バルテュス「マルメロと梨」
ワットマン中目。絵の具は何だろう。バンゴッホかホルベイン。
テーマ: 画像 -  ジャンル: その他
by itsumohappy  at 18:14 |  絵画 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック