雲ノ平などの写真 2

雲ノ平2日目です。
スイス庭園から水晶岳
0201IMG_7007.jpg

右寄り、真ん中にある草地が高天原です。遠いなぁ
0202IMG_7009.jpg

祖父岳のほうへ向かっていきます
0203IMG_7020.jpg

祖父岳の腹には溶岩が流れた跡
0204IMG_7024.jpg

だんだんガスが出てきたので、雷鳥さん親子がおでまし
0205IMG_7028.jpg

北鎌尾根
0206IMG_7031.jpg

三俣蓮華はまだ遠い
0207IMG_7038.jpg

雪田を過ぎて下っていくと黒部の源流域です。
0208IMG_7048.jpg

こんな立派な碑もある
0209IMG_7048.jpg

周囲はほとんどガスに(TT)
雷鳥さんのオス
0210IMG_7048.jpg

双六小屋に到着
0211IMG_7048.jpg

後半は霧と弱い雨にたたられました。
翌日はもっと霧霧モードとなり、雲中をいくがごとしとあいなり><
まあ、台風やら梅雨前線やらがいたので、いたしかたありません。むしろその割にはさほど悲惨な思いをせずにすみ、ラッキーだったかも‥。メインの目的地、雲ノ平の姿を見ることができましたし。

雲ノ平というと秘境みたいに言われるのですが、私のイメージする秘境はもっとおどろおどろしいというか、湿度感がある感じです。雲ノ平は開放的な台地で、山の神々の使いが休む場のような雰囲気。時が止まって忘れられたかのような空間でした。
by itsumohappy  at 21:35 |  旅行・山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

ぎく。

作太郎さん こんにちはー
今回、裏銀座も考えたのですが、雲ノ平、という所にともかく行ってみようと思いまして。

東京から富山まで今2時間ちょっとで行けてしまうので、多少時間がかかるという程度ですね。北アルプス奥の空き地?うーん‥ここかあ。という感想でした。TVや雑誌などでよく紹介されていますから予想通りと言うか、意外性はないと言うか‥。 あまり事前に写真を見たりしないほうがいいですね。(山番組の録画も止めようかと思います)
高山植物は見ごろでした。熊は気が付かなかったです。物音しないところをわいわい歩いていたので、熊のほうが避けたのかもしれません。

赤木沢は有名ですね。濡れている岩岩が苦手なので、沢はたぶんやらないですが、行けたらいいなぁと心の隅に置いておく所のひとつにします。
by hiro 2017/08/08 21:46  URL [ 編集 ]

秘境 or 悲境

雲ノ平にちょっと失望したのではないですか? あそこは誰もが行ける場所になりました。かつては最低でも往復3日は考えなければならなかったのですが、いまではルートによっては一泊で余裕でピストンできます。

しかし、熊の楽園であることが唯一のなぐさめでしょうか。私はこの山域で2度対面しています。雨や霧の日は要注意。クマさんはすぐ近くにいます。
by 作 2017/08/07 19:50  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード
最近のトラックバック